*

糖尿病とインプラント治療の関係は?

公開日: : 歯・口・のどの病気, インプラント


インプラントと糖尿病は一見何の関係性もない言葉に見えますが、実は深い繋がりがあります。
インプラント治療は糖尿病である場合、行うことが出来ない場合もあるのです。

最終的には糖尿病の度合いや、病院の先生との話し合いの中で決まっていきます。
ですから、糖尿病の持病がある場合は、事前に糖尿病である主旨をしっかり医師に相談しておいてください。

では、なぜインプラント治療は糖尿病患者の場合、受けることが出来ない可能性があるのでしょうか。
糖尿病である場合、感染症が通常の場合より起こりやすくなっています。

これは糖尿病患者は資金に対し抵抗力が弱くなり、傷が治りにくくなることから、手術を行うのが難しいと言うことが挙げられます。
糖尿病患者は抵抗力が弱くなっていますから、通常より治りが遅いのに加え、そこから最近の侵入が考えられるのです。

ですから、糖尿病患者はインプラントの様な治療を行うよりも、入れ歯を用いる人が多いです。
抗生物質などによりしっかりコントロールしつつ行うことでリスクは回避できますので、しっかり医師と相談して決めていくことが望ましいでしょう。

また、インプラントを断られてしまう糖尿病患者の多くは自己インスリン注射を行っている場合が多いです。
これは手術日にインスリンを打つ場合など、低血糖値になる可能性が考えられます。

こういった危険が強く感じられる場合、重度の糖尿病の症状が出ている場合はインプラントを断られることがあります。
しかし、正しい報告を行わないと危険ですので、適切に糖尿病であることを医師に告げる必要があります。

医師によっては数値が安全の範囲内になれば実施すると言って、具体的な数値を出している場合もあります。
まずはしっかりと話し合いを重ね、インプラント治療を行うか考えてください。

関連記事

通院の頻度はどれくらい?

インプラント治療と通院頻度について考えてみましょう。 インプラント治療は長期的な治療になることは知

記事を読む

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる急性の炎症

記事を読む

手術や術後の痛みは無いの?

インプラント治療で気になるのはやはり、なんと言っても痛みではないでしょうか。 インプラント

記事を読む

インプラントのメリットって何だろう

インプラント治療も最大のメリットは何処にあるのでしょうか。 実際にインプラント治療を行った人た

記事を読む

インプラント治療は何歳から?

インプラントの治療を受けられる年齢は決まっているのでしょうか。 答えから言うと、20歳から70

記事を読む

歯周病とインプラント治療の関係は?

インプラント治療と歯周病には何か関係性があるのでしょうか。 インプラント治療が歯周病の場合には

記事を読む

口・のど・舌の病気の症状

口・のど・舌の病気の症状・原因・治療・予防など

ここでは、口・のど・舌の病気の症状・原因・治療・予防などについて詳しくご説明しています。 呼吸

記事を読む

溶連菌性咽頭炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

溶連菌性咽頭炎とは 溶連菌性咽頭炎(ようれんきんせいいんとうえん)とは、溶血性連鎖球菌(ようけ

記事を読む

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌などが感染し

記事を読む

インプラントと入れ歯の違いって何

インプラント治療という言葉も浸透しつつありますが、インプラントと入れ歯はどのように違うのでしょう

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑