*

妊娠中のインプラント治療はOK?

公開日: : 歯・口・のどの病気, インプラント


妊娠中にインプラント治療は行えるのでしょうか。
インプラント治療では麻酔や抗生物質など多く薬を利用しますから、妊娠中は行わない方が良いでしょう。

もし、インプラント治療が進んでいたとしても、妊娠が分かった時点で治療を進めないという方法を選択しましょう。
出産後に再度インプラントの治療を行えばいいのです。

10ヶ月間治療を中断すると聞くと歯の状態も不安になるものですが、手術後であれば初期固定の期間が長くなったと考えれば良いですし、手術前であれば、それこそ問題ではありません。

もともとインプラント治療は長い期間が掛かるものなので、多少その期間が延びても問題ないのです。
しかし手術前の場合、再度一から検査する事になる可能性もあります。

これはベストな情報を入手して置く必要があるからなので、しっかり行うのが良いでしょう。
しかし妊娠している器官に何らかの原因で歯を失ってしまうこともあるでしょう。

このような場合は、病院に行けないと考えずに医師に相談の上、診察して貰うことが必要です。
妊娠していることをしっかりと伝えていれば、診察方法も工夫してくれます。

不安な方は産婦人科の先生にも相談して見るのが良いでしょう。
妊娠中はインプラント治療は行えませんが、痛みはしっかりと伝えるようにしてください。

妊娠中は不安が大きくなるものですから、痛みで歯医者に行くのは躊躇われることが多いですが、しっかりした対応を求められます。

感染症から高熱が出たというケースの方がお腹の中のお子さんにとってよくない状態になってしまうためです。
しっかり相談し治療を中断したのち、痛みのある場合は再度相談して見ましょう。

関連記事

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる急性の炎症

記事を読む

口内炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

口内炎とは(概要) 口のなかは呼吸、食事、会話などをするために外部と常に接しており、ウイル

記事を読む

医療費控除と保険適用外の意味が解らない?

インプラントは保険が適用外ですが、贅沢品ではありませんから医療費の控除を求めることが出来ます。

記事を読む

糖尿病とインプラント治療の関係は?

インプラントと糖尿病は一見何の関係性もない言葉に見えますが、実は深い繋がりがあります。 インプ

記事を読む

正しい歯磨きで歯周病

正しい歯磨きで歯周病を予防しましょう

正しい歯磨きの仕方 歯周病を予防するための基本中の基本は、正しい歯磨きを毎日行うことです。歯磨

記事を読む

インプラントの手術って痛くないの?

インプラントを行う場合は、手術をする必要があります。 インプラントの手術方法は数種類あり、本数

記事を読む

インプラント治療は何歳から?

インプラントの治療を受けられる年齢は決まっているのでしょうか。 答えから言うと、20歳から70

記事を読む

口腔乾燥症(ドライマウス)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

口腔乾燥症とは(概要) 口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウ

記事を読む

術後のメンテナンスって必要ですか?

イ ンプラント治療を行った場合、どのようなメンテナンスを行う必要があるのでしょうか。 インプラン

記事を読む

ミニインプラントとは?

インプラントの中にはミニインプラントというものがります。 ミニインプラントは入れ歯の不快な症状

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑