*

妊娠中のインプラント治療はOK?

公開日: : 歯・口・のどの病気, インプラント


妊娠中にインプラント治療は行えるのでしょうか。
インプラント治療では麻酔や抗生物質など多く薬を利用しますから、妊娠中は行わない方が良いでしょう。

もし、インプラント治療が進んでいたとしても、妊娠が分かった時点で治療を進めないという方法を選択しましょう。
出産後に再度インプラントの治療を行えばいいのです。

10ヶ月間治療を中断すると聞くと歯の状態も不安になるものですが、手術後であれば初期固定の期間が長くなったと考えれば良いですし、手術前であれば、それこそ問題ではありません。

もともとインプラント治療は長い期間が掛かるものなので、多少その期間が延びても問題ないのです。
しかし手術前の場合、再度一から検査する事になる可能性もあります。

これはベストな情報を入手して置く必要があるからなので、しっかり行うのが良いでしょう。
しかし妊娠している器官に何らかの原因で歯を失ってしまうこともあるでしょう。

このような場合は、病院に行けないと考えずに医師に相談の上、診察して貰うことが必要です。
妊娠していることをしっかりと伝えていれば、診察方法も工夫してくれます。

不安な方は産婦人科の先生にも相談して見るのが良いでしょう。
妊娠中はインプラント治療は行えませんが、痛みはしっかりと伝えるようにしてください。

妊娠中は不安が大きくなるものですから、痛みで歯医者に行くのは躊躇われることが多いですが、しっかりした対応を求められます。

感染症から高熱が出たというケースの方がお腹の中のお子さんにとってよくない状態になってしまうためです。
しっかり相談し治療を中断したのち、痛みのある場合は再度相談して見ましょう。

関連記事

歯周病の基礎知識

歯周病の基礎知識

歯周病ってご存知でしょうか? 実は歯周病は、虫歯以上に日本人が歯を失う原因となっている病気で、

記事を読む

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる急性の炎症

記事を読む

インプラント治療は何歳から?

インプラントの治療を受けられる年齢は決まっているのでしょうか。 答えから言うと、20歳から70

記事を読む

no image

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)とは 流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)とは、一般におたふ

記事を読む

no image

「パールホワイトPROEX」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

パールホワイトPROEXとは パールホワイトPROEXとは、本格的な歯のホワイトニングを自宅で手軽

記事を読む

糖尿病とインプラント治療の関係は?

インプラントと糖尿病は一見何の関係性もない言葉に見えますが、実は深い繋がりがあります。 インプ

記事を読む

手術や術後の痛みは無いの?

インプラント治療で気になるのはやはり、なんと言っても痛みではないでしょうか。 インプラント

記事を読む

インプラントは治療に時間が掛かるって聞いたけど?

インプラントは入れ歯などに比べて長い治療期間だと言われていますが、実際の治療期間はどの程度なので

記事を読む

口・のど・舌の病気の症状

口・のど・舌の病気の症状・原因・治療・予防など

ここでは、口・のど・舌の病気の症状・原因・治療・予防などについて詳しくご説明しています。 呼吸

記事を読む

ミニインプラントとは?

インプラントの中にはミニインプラントというものがります。 ミニインプラントは入れ歯の不快な症状

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑