*

インプラント治療は何歳から?

公開日: : 歯・口・のどの病気, インプラント


インプラントの治療を受けられる年齢は決まっているのでしょうか。
答えから言うと、20歳から70歳程度と言われてはいますが明確な基準はありません。

子供の時は骨が成長していくことが考えられるので行われない事が多いですが、年齢に制限はありません。
これはインプラント治療が入れ歯に変わる治療法であったからと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

ですから高齢になってからの治療も特に注意は必要ありません。
一般的にインプラントが必要な年齢と言うのは高齢になってからのことの方が多いです。

ただしインプラント治療を行う場合、気を付けて置かなくてはならないポイントはいくつかあります。
例えば、高齢になってくると服用している薬が増えるものです。

インプラント治療では手術を行いますから、薬の飲み合わせを間違ってしまうと大変危険です。
インプラントを行う場合は現在どのような理由でどのような薬を飲んでいるのかしっかり医師に伝えましょう。

またインプラント治療を行うためには骨も健康でなくては困ります。
特に女性は年齢が進むにつれて骨が弱くなってきますから、事前に確認して置くことが好まれます。

インプラント治療を行うのには年齢を気にする必要はありません。
大切なのは年齢では無く健康状態です。

インプラントの手術は短い時間で終わりますし、局部麻酔ですから安心して行うことが可能です。
大きな手術とは異なり、インプラントの手術は例え高齢であっても日帰りで行うことが出来ます。

関連記事

no image

「パールホワイトPROEX」の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

パールホワイトPROEXとは パールホワイトPROEXとは、本格的な歯のホワイトニングを自宅で手軽

記事を読む

no image

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)とは 流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)とは、一般におたふ

記事を読む

インプラントのメリットって何だろう

インプラント治療も最大のメリットは何処にあるのでしょうか。 実際にインプラント治療を行った人た

記事を読む

インプラント治療の歯科選びのポイントは?

インプラント治療は1960年代から日本でも行われてきた治療法です。 技術の進歩によって近年では

記事を読む

溶連菌性咽頭炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

溶連菌性咽頭炎とは 溶連菌性咽頭炎(ようれんきんせいいんとうえん)とは、溶血性連鎖球菌(ようけ

記事を読む

吃音症(どもり)の原因

吃音症(どもり)の原因・症状・治療法をまとめてました

話すときにどもってしまう吃音症は、きちんと治療すれば克服できます。 どもることを恐れて会話を避

記事を読む

インプラントと入れ歯の違いって何

インプラント治療という言葉も浸透しつつありますが、インプラントと入れ歯はどのように違うのでしょう

記事を読む

医療費控除と保険適用外の意味が解らない?

インプラントは保険が適用外ですが、贅沢品ではありませんから医療費の控除を求めることが出来ます。

記事を読む

インプラントは治療に時間が掛かるって聞いたけど?

インプラントは入れ歯などに比べて長い治療期間だと言われていますが、実際の治療期間はどの程度なので

記事を読む

インプラント治療のオールオン4とは?

オールオン4とはインプラント治療のひとつの方法の事です。 オールオン4は欧米で普及してきている

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑