*

インプラント治療は何歳から?

公開日: : 歯・口・のどの病気, インプラント


インプラントの治療を受けられる年齢は決まっているのでしょうか。
答えから言うと、20歳から70歳程度と言われてはいますが明確な基準はありません。

子供の時は骨が成長していくことが考えられるので行われない事が多いですが、年齢に制限はありません。
これはインプラント治療が入れ歯に変わる治療法であったからと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

ですから高齢になってからの治療も特に注意は必要ありません。
一般的にインプラントが必要な年齢と言うのは高齢になってからのことの方が多いです。

ただしインプラント治療を行う場合、気を付けて置かなくてはならないポイントはいくつかあります。
例えば、高齢になってくると服用している薬が増えるものです。

インプラント治療では手術を行いますから、薬の飲み合わせを間違ってしまうと大変危険です。
インプラントを行う場合は現在どのような理由でどのような薬を飲んでいるのかしっかり医師に伝えましょう。

またインプラント治療を行うためには骨も健康でなくては困ります。
特に女性は年齢が進むにつれて骨が弱くなってきますから、事前に確認して置くことが好まれます。

インプラント治療を行うのには年齢を気にする必要はありません。
大切なのは年齢では無く健康状態です。

インプラントの手術は短い時間で終わりますし、局部麻酔ですから安心して行うことが可能です。
大きな手術とは異なり、インプラントの手術は例え高齢であっても日帰りで行うことが出来ます。

関連記事

インプラント治療のオールオン4とは?

オールオン4とはインプラント治療のひとつの方法の事です。 オールオン4は欧米で普及してきている

記事を読む

医療費控除と保険適用外の意味が解らない?

インプラントは保険が適用外ですが、贅沢品ではありませんから医療費の控除を求めることが出来ます。

記事を読む

通院の頻度はどれくらい?

インプラント治療と通院頻度について考えてみましょう。 インプラント治療は長期的な治療になることは知

記事を読む

溶連菌性咽頭炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

溶連菌性咽頭炎とは 溶連菌性咽頭炎(ようれんきんせいいんとうえん)とは、溶血性連鎖球菌(ようけ

記事を読む

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌などが感染し

記事を読む

口・のど・舌の病気の症状

口・のど・舌の病気の症状・原因・治療・予防など

ここでは、口・のど・舌の病気の症状・原因・治療・予防などについて詳しくご説明しています。 呼吸

記事を読む

正しい歯磨きで歯周病

正しい歯磨きで歯周病を予防しましょう

正しい歯磨きの仕方 歯周病を予防するための基本中の基本は、正しい歯磨きを毎日行うことです。歯磨

記事を読む

手術や術後の痛みは無いの?

インプラント治療で気になるのはやはり、なんと言っても痛みではないでしょうか。 インプラント

記事を読む

インプラントは治療に時間が掛かるって聞いたけど?

インプラントは入れ歯などに比べて長い治療期間だと言われていますが、実際の治療期間はどの程度なので

記事を読む

インプラントと入れ歯の違いって何

インプラント治療という言葉も浸透しつつありますが、インプラントと入れ歯はどのように違うのでしょう

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑