*

インプラントに用いられる仮歯

公開日: : 歯・口・のどの病気, インプラント


インプラントとは人工の歯の根のことを指しています。
しかしインプラントは人工の歯の根だけをさすのではなく、3つの部位で構成されているもののことをインプラントと呼んでいるのです。

まずは歯茎の中で隠れてしまう歯の根の部分、そして歯茎と人工の歯をつなぐ部分、そして人工の歯です。
これらを総称してインプラント治療を呼んでいるのです。

インプラント治療では人工の歯と歯をつなぐ部分に被せて利用する事になりますが、その前に仮の歯を用いて状態をチェックします。

最初から人工の歯をいれてしまうと、口の中でサイズが合わなかったり、口内が傷ついたりしてしまっても交換するのが大変ですね。

ですからサイズが適正なのか同化、形は適正なのかどうか判断するために仮歯と呼ばれるもので1週間から2週間過ごすことになります。

この生活の中で、サイズや形が適正であるのか判断され、削られたり大きいものに交換されたりします。
仮歯を利用することによって、適切な歯の形を手に入れることが出来るようになるのですね。

見た目だけの問題では無く、噛み合わせなど様々な要因が調整することを目的としていますので、大切な役割を果たしていると言えるでしょう。

なかには面倒に漢字、仮歯のまま治療を終えてしまう人がいます。
仮歯はあくまで仮の歯ですので長期的に利用されることを計画されていませんから、痛んでしまいます。

仮歯の目的はサイズや形のチェックを行うことですが、いたんでしまうまで利用すると適正な形が分からなくなり、結果的に再度仮歯を利用する事になります。

これでは、治療期間が長くなってしまいますから、しっかり適切な機関の利用に留め、正式な人工の歯を利用するようにしましょう。

関連記事

医療費控除と保険適用外の意味が解らない?

インプラントは保険が適用外ですが、贅沢品ではありませんから医療費の控除を求めることが出来ます。

記事を読む

妊娠中のインプラント治療はOK?

妊娠中にインプラント治療は行えるのでしょうか。 インプラント治療では麻酔や抗生物質など多く薬を

記事を読む

喫煙とインプラント治療の関係は?

インプラント治療と喫煙には何か関係があるのでしょうか。 喫煙は健康被害を与えることで近年注目を

記事を読む

インプラント治療は何歳から?

インプラントの治療を受けられる年齢は決まっているのでしょうか。 答えから言うと、20歳から70

記事を読む

口腔乾燥症(ドライマウス)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

口腔乾燥症とは(概要) 口腔乾燥症は「こうくうかんそうしょう」と読み、またの名をドライマウ

記事を読む

反回神経麻痺を詳しく:原因・症状・検査・治療など

反回神経麻痺とは 反回神経麻痺(はんかいしんけいまひ)とは、声を発するための器官の声帯を動かす

記事を読む

治療後の食事が心配!?

インプラントの手術が終わった後は、日帰りでの治療ですから食事も行うことが出来ます。 当日から食

記事を読む

インプラントのメリットって何だろう

インプラント治療も最大のメリットは何処にあるのでしょうか。 実際にインプラント治療を行った人た

記事を読む

術後のメンテナンスって必要ですか?

イ ンプラント治療を行った場合、どのようなメンテナンスを行う必要があるのでしょうか。 インプラン

記事を読む

歯周病の原因

歯周病の原因になるものをまとめてみました

歯垢(プラーク) ここからは、歯周病の原因となるものを紹介していきたいと思います。歯周病菌とい

記事を読む

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑