*

喉頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

公開日: : 最終更新日:2017/05/10 がん

喉頭(こうとう)は咽頭(いんとう)と同じく、一般的にノドといわれているところです。
喉頭と咽頭では名前だけでなく存在する場所が異なり、役割の違いもあります。
喉頭はわかりやすくいうと、わたしたち人間の「喉仏(のどぼとけ)」に該当するところです。
喉頭の上は咽頭に通じており、下は気管へと繋がっています。

次に喉頭の役割ですが「呼吸」「発声」「嚥下(えんげ)」の3種類の役割があります。
呼吸は息を吸ったり吐いたりすること、発生は声を出すことというのは説明するまでもないという人が多いでしょうが、嚥下が何なのか疑問に感じた人もいるのではないでしょうか。

この嚥下というのは、取り込んだ食べ物や飲み物を食道を経て胃へと送り込むことをいいます。
もっとわかりやすくいうと、嚥下は飲み込むことということができます。

喉頭がんとは(概要)

喉頭がんは、喉仏のあたりに生じる悪性腫瘍のことをいいます。
日本人のがんの中では患者が少ない種類に入り、喉頭がんになる人は1年あたり多くて4,000人程度といわれています。

亡くなってしまう人の数もがんの中では少なく、1年あたり約1,000人ほどとされており、生存率はステージⅠで約95%、ステージⅡで約90%、ステージⅢで約70%、ステージⅣで約60%と高い数値を示しており、予後も比較的良好です。

がんは初期の段階での自覚症状に乏しいことが大きな特徴ですが、喉頭がんは初期段階で症状が引き起こされやすいため、早期発見・治療をしやすいのも特徴です。

年齢層としては50~80代の人に起こりやすく、男性と女性では男性のほうが多くなっており、女性の10倍ともいわれています。

ただし、いまは女性の喫煙者が増加しているため、女性で喉頭がんになる人の数もまた多くなってきている状況です。

喉頭がんの原因

喫煙、アルコールの過剰摂取、石綿(アスベスト)、辛い食べ物など刺激物の摂取、声帯の酷使、胃食道逆流症、HPV(ヒトパピローマウイルス)などが喉頭がんの原因になります。
このなかで最大の原因といえるものは喫煙であり、患者の95%以上がタバコを吸っている人であることがわかっています。

喉頭がんの症状

声がかすれる嗄声(させい)、たんに血が混ざる血痰(けったん)、ノドの痛み・異物感・違和感、頸部リンパ節の腫れ、耳に広がる痛み、嚥下障害、呼吸困難が主な症状として挙げられます。
喉頭がんの症状で声が枯れてしまうものは、患者が100人いればほぼ100人の人に認められます。

喉頭がんの治療法

放射線治療、レーザー治療、手術(喉頭部分切除、喉頭全摘出)、頸部郭清術、化学療法(抗がん剤治療)+放射線治療が喉頭がんの治療法として挙げられます。

喉頭がんの予防法

原因に当てはまるものをなくすことが、喉頭がんを未然に防ぐためには大切です。
喉頭がんを発症する原因でとくに多いのはタバコを吸うことですので、喉頭がんになりたくなければ喫煙をやめる必要があります。

また、アルコールの過剰摂取も喉頭がんの原因になるため、適正飲酒量を守ること、声帯を酷使しないこと、刺激物を避けること、不特定多数の人との性交渉をしないことなども、予防に効果的といえるでしょう。

喉頭がん手術の主な後遺症

喉頭部分切除は声がかすれる障害が残り、飲食物を飲み込む機能の障害を起こすこともあります。
また、喉頭全摘出は声を失ってしまいますし、呼吸のために首にあけた穴のことを永久気管孔といいますが、一度穴をあけるとあいたままになりますし、気管孔から水が入ると肺に直接いってしまい、たくさんの水が入るとおぼれてしまった状態と一緒になる、鼻や口呼吸が不可能で嗅覚がほぼ失われてしまう、熱いものに息を吹きかけて冷ませなくなる、鼻をかむことも不可能になるなどの後遺症が残ります。

手術以外の治療でも問題が起こることがあり、放射線治療を受けることにより、副作用として発声しにくい、唾液が減る、粘膜円を起こす、味覚障害になる、嚥下障害を招くといった問題が起こり得ます。
そのほか、化学放射線療法により嚥下機能が低下し、誤嚥性肺炎を招いてしまうリスクが高まるといわれています。

関連記事

甲状腺髄様がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺髄様がん(こうじょうせんずいようがん)とは、甲状腺がんの一種であり、この部位のがん全体

記事を読む

上皮内新生物と悪性新生物とは

がんに関する情報をチェックしていて、上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)と悪性新生物(あくせ

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

皮膚がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

人体の表面を覆う皮膚は、物理的に体の内部を外部刺激から保護する外皮としての役割のほかに、体温

記事を読む

甲状腺がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

甲状腺がんとは 甲状腺がん(こうじょうせんがん)とは、甲状腺ホルモンを分泌する器官である甲状腺

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

がんの種類と主な転移先

すでにご存知の方は多いでしょうが、ひとくちにがんといっても数多くの種類が存在します。 がんを発

記事を読む

発がん性物質って・発がん性物質のがんへの影響は?

発がん性というのは正常な細胞をがんに変えてしまう性質のことであり、発がん性を示す化学物質のことを

記事を読む

子宮がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

子宮がんとは(概要) 子宮は袋状の臓器であり、赤ちゃんを宿して保護し、育てる役割を担ってい

記事を読む

排気ガスのがんへの影響は?

排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑