*

がん細胞と正常細胞の違い

公開日: : 最終更新日:2016/10/21 がん


日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。
この病気はがん細胞が増殖することにより発症します。
私たち人間には60兆個や100兆個などといわれるほど膨大な数の細胞がありますが、がん細胞は正常な細胞とどのような違いがあるのでしょうか。

最初に正常な細胞の特徴を解説しますが、異常ながん細胞と大きく異なるのは何をきっかけに増殖するか、どのように増殖するか、何回分裂することが可能なのかという点です。
まず、正常細胞が増殖するきっかけですが、細胞の老化、細胞の傷といった具合に、必要性に応じて細胞分裂が行なわれます。
次に正常細胞の増殖のしかたですが、細胞増殖因子と細胞抑制因子によってコントロールされており、各臓器や器官で細胞が一定数に保たれています。
たとえば皮膚の細胞は、負傷した際に増殖して傷口を塞いでくれますが、傷が治ってしまえば増殖をやめます。
そして分裂回数に関してですが、正常細胞は無限に分裂することが可能なわけではありません。
限界の回数に達すると分裂することが不可能であり、自然消滅してしまいます。
なお、分裂可能な回数は細胞1個あたり約50〜60回といわれています。

これに対しがん細胞の特徴ですが、正常細胞のように必要性があるかどうかに関係なく勝手に増殖します。
また、増殖をコントロールしている細胞増殖因子と細胞抑制因子が変異しているため、一定数に維持されるはずの細胞が、がん細胞の場合は異常なまでに増殖してしまうのです。
そのほか、正常細胞では回数に限界があった細胞分裂が、がん細胞の場合は限界がなく無限に分裂することが可能です。
その結果、がんが発生した部位に巨大な腫瘍が形成されたり、最初に発生した部位から血液やリンパに乗ってがん細胞が移動し、移動先で増殖して発症したりします。
正常な細胞の場合、たとえば胃の細胞が胃とは別の場所に移動してまで増殖するようなことはありません。

関連記事

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

環境ホルモンって・環境ホルモンのがんへの影響は?

環境ホルモンの正式名称は外因性内分泌かく乱化学物質です。 環境中に存在しており、ホルモンと似た

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは血液のがんの一種で、リンパ球か

記事を読む

がん対策の基本は早期発見・早期治療

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれ

記事を読む

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

がん抑制遺伝子とは?

がんは私たち人間の体に巨大な腫瘍をつくり出したり、別の部位に転移したりして、最悪の場合は生命を奪

記事を読む

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。 しかしながら

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

肺寄生虫症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肺寄生虫症とは 肺寄生虫症(はいきせいちゅうしょう)とは、肺に寄生虫が侵入することに

尿路結石を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

尿路結石とは 尿は腎臓で生成されており、腎臓のなかにある腎盂(じんう)と呼ばれる

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは 赤ちゃんが着けているおむつに覆われた

ロタウイルス下痢症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

★ロタウイルス下痢症とは ロタウイルス下痢症(ろたういるすげりしょう)とは、ロタ

肘内障を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肘内障とは 日常生活の中で、こどもが急に肘を痛がって曲げなくなる病気のことを、肘内障

→もっと見る

PAGE TOP ↑