*

がん細胞と正常細胞の違い

公開日: : 最終更新日:2016/10/21 がん


日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。
この病気はがん細胞が増殖することにより発症します。
私たち人間には60兆個や100兆個などといわれるほど膨大な数の細胞がありますが、がん細胞は正常な細胞とどのような違いがあるのでしょうか。

最初に正常な細胞の特徴を解説しますが、異常ながん細胞と大きく異なるのは何をきっかけに増殖するか、どのように増殖するか、何回分裂することが可能なのかという点です。
まず、正常細胞が増殖するきっかけですが、細胞の老化、細胞の傷といった具合に、必要性に応じて細胞分裂が行なわれます。
次に正常細胞の増殖のしかたですが、細胞増殖因子と細胞抑制因子によってコントロールされており、各臓器や器官で細胞が一定数に保たれています。
たとえば皮膚の細胞は、負傷した際に増殖して傷口を塞いでくれますが、傷が治ってしまえば増殖をやめます。
そして分裂回数に関してですが、正常細胞は無限に分裂することが可能なわけではありません。
限界の回数に達すると分裂することが不可能であり、自然消滅してしまいます。
なお、分裂可能な回数は細胞1個あたり約50〜60回といわれています。

これに対しがん細胞の特徴ですが、正常細胞のように必要性があるかどうかに関係なく勝手に増殖します。
また、増殖をコントロールしている細胞増殖因子と細胞抑制因子が変異しているため、一定数に維持されるはずの細胞が、がん細胞の場合は異常なまでに増殖してしまうのです。
そのほか、正常細胞では回数に限界があった細胞分裂が、がん細胞の場合は限界がなく無限に分裂することが可能です。
その結果、がんが発生した部位に巨大な腫瘍が形成されたり、最初に発生した部位から血液やリンパに乗ってがん細胞が移動し、移動先で増殖して発症したりします。
正常な細胞の場合、たとえば胃の細胞が胃とは別の場所に移動してまで増殖するようなことはありません。

関連記事

環境ホルモンって・環境ホルモンのがんへの影響は?

環境ホルモンの正式名称は外因性内分泌かく乱化学物質です。 環境中に存在しており、ホルモンと似た

記事を読む

ウイルスが原因のがん

主ながんを引き起こす原因としては、生活習慣や遺伝といった具合にさまざまなものがありますが、細菌や

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。

記事を読む

歌とがんの関係

がんに良いといわれていること、悪いといわれていることはさまざまですが、歌を歌うことはがんに良いの

記事を読む

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

ホルムアルデヒドって・ホルムアルデヒドのがんへの影響は?

ホルムアルデヒドとは強力な毒性のある物質であり、有機化合物の一種です。 有害な物質でありながら

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

がんの成長速度とダブリングタイム

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。

記事を読む

転移と再発の違い

がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。 転移と再発は似たような

記事を読む

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

精巣炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

精巣炎とは 精巣(せいそう)とは、精子を形成し男性ホルモンを分泌する役割を担

甲状腺ホルモン不応症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺ホルモン不応症(こうじょうせんほるもんふおうしょう)とは、先天性(生まれつき

網膜剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

網膜剥離(もうまくはくり)とは、目のなかの網膜という組織が剥がれ落ちる病気のことで

腸チフス、パラチフスを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

腸チフス(ちょうちふす)、パラチフス(ぱらちふす)とは、サルモネラという細菌の一種

→もっと見る

PAGE TOP ↑