*

がん細胞と正常細胞の違い

公開日: : 最終更新日:2016/10/21 がん


日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。
この病気はがん細胞が増殖することにより発症します。
私たち人間には60兆個や100兆個などといわれるほど膨大な数の細胞がありますが、がん細胞は正常な細胞とどのような違いがあるのでしょうか。

最初に正常な細胞の特徴を解説しますが、異常ながん細胞と大きく異なるのは何をきっかけに増殖するか、どのように増殖するか、何回分裂することが可能なのかという点です。
まず、正常細胞が増殖するきっかけですが、細胞の老化、細胞の傷といった具合に、必要性に応じて細胞分裂が行なわれます。
次に正常細胞の増殖のしかたですが、細胞増殖因子と細胞抑制因子によってコントロールされており、各臓器や器官で細胞が一定数に保たれています。
たとえば皮膚の細胞は、負傷した際に増殖して傷口を塞いでくれますが、傷が治ってしまえば増殖をやめます。
そして分裂回数に関してですが、正常細胞は無限に分裂することが可能なわけではありません。
限界の回数に達すると分裂することが不可能であり、自然消滅してしまいます。
なお、分裂可能な回数は細胞1個あたり約50〜60回といわれています。

これに対しがん細胞の特徴ですが、正常細胞のように必要性があるかどうかに関係なく勝手に増殖します。
また、増殖をコントロールしている細胞増殖因子と細胞抑制因子が変異しているため、一定数に維持されるはずの細胞が、がん細胞の場合は異常なまでに増殖してしまうのです。
そのほか、正常細胞では回数に限界があった細胞分裂が、がん細胞の場合は限界がなく無限に分裂することが可能です。
その結果、がんが発生した部位に巨大な腫瘍が形成されたり、最初に発生した部位から血液やリンパに乗ってがん細胞が移動し、移動先で増殖して発症したりします。
正常な細胞の場合、たとえば胃の細胞が胃とは別の場所に移動してまで増殖するようなことはありません。

関連記事

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

ウイルスが原因のがん

主ながんを引き起こす原因としては、生活習慣や遺伝といった具合にさまざまなものがありますが、細菌や

記事を読む

活性酸素のがんへの影響は?

活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。 私たち人間の体の

記事を読む

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

がん対策の基本は早期発見・早期治療

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれ

記事を読む

皮膚がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

人体の表面を覆う皮膚は、物理的に体の内部を外部刺激から保護する外皮としての役割のほかに、体温

記事を読む

アスベストって・アスベストのがんへの影響は?

アスベストは石綿(せきめん、いしわた)ともいい、天然鉱石の一種です。 現代人には天然という文字

記事を読む

喫煙のがんへの影響は?

「たばこを吸うとがんになる」というのは非常に有名な話ですが、はたして本当なのかどうか気になってい

記事を読む

no image

子宮頸がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

子宮頸がんとは 子宮頸がん(しきゅうけいがん)とは、子宮の入り口部分である子宮頸部(しきゅうけいぶ

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑