*

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

公開日: : 最終更新日:2016/10/30 がん


腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。
しかしながら、実際には腫瘍イコール全部ががんというのは間違っています。
以下に腫瘍に関しわかりやすくまとめていますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

はじめに、腫瘍は異常増殖した細胞のかたまりで、良性のものと悪性のものがあります。
この2種類の腫瘍のうち、がんといっていいのは悪性腫瘍のほうです。
良性腫瘍のことはがんとはいいません。
次はもう少しくわしく良性腫瘍と悪性腫瘍のことを学んでいきましょう。

良性腫瘍は成長が遅く、膨張するように大きくなり、基本的に転移を起こすことはありません。
そのため、良性腫瘍の発生部位を手術ですべて切除してしまえば、転移を起こすことも、再発してしまうこともないです。
また、基本的に死亡するようなことにはなりません。
ただし、あくまでも基本的にであり、脳腫瘍のように発生部位が命に関わるようなところの場合はあてはまりません。
良性腫瘍はがんではないため安全、安心と決め付けることはできませんので、場合によって生命の危機におちいる可能性があることは頭に入れておいたほうがよいでしょう。

一方、悪性腫瘍は成長速度が早く、まわりの細胞にまでしみ込むように拡大していって、転移を起こします。
広がりかたの特徴から大きく切除する必要があり、切除したとしても体内に取り残してしまう場合があります。
そして取り残した腫瘍が再発を起こしてしまう恐れがあります。
また、最初に発生した部位とは異なる、離れた場所に転移を起こすことがあり、悪性腫瘍が最初に発生した部位だけ切除したとしても、転移したところで悪性腫瘍が増殖し、さらには全身に転移してしまった結果、命を落としてしまうことになります。
そのほか、良性腫瘍は切除が基本的な治療ですが、悪性腫瘍の場合は切除以外に抗がん剤治療や放射線治療、緩和ケアといった具合に、患者の状態に応じて適切な治療方法が選択される形になります。

関連記事

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは血液のがんの一種で、リンパ球か

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

アスベストって・アスベストのがんへの影響は?

アスベストは石綿(せきめん、いしわた)ともいい、天然鉱石の一種です。 現代人には天然という文字

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

がんの種類 上皮がん・肉腫・血液のがん・小児がん

ひとくちにがんといっても、多くの種類があることはご存知の方が多いでしょう。 このがんの種類に関

記事を読む

がん治療の詳細についてのまとめ

標準治療と先進医療の違い がんの治療において「標準治療」と「先進医療」というものがあります。

記事を読む

甲状腺がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

甲状腺がんとは 甲状腺がん(こうじょうせんがん)とは、甲状腺ホルモンを分泌する器官である甲状腺

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

転移と再発の違い

がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。 転移と再発は似たような

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑