*

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

公開日: : 最終更新日:2016/07/21 がん


がん細胞は日々、生み出されています。
1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数の説はありますが、毎日たくさんのがん細胞が発生していることに変わりはありません。
なお、がんになる人の体内でのみがん細胞が生み出されているわけではなく、誰の体内であってもがん細胞は日々、発生しています。
誰の体内であってもがん細胞が生み出されているといわれると、全員ががんを発症しないのはいったいなぜなのか、疑問に感じる人もいることでしょう。

がん細胞が日々、発生しているにもかかわらずがんを発症しないで済んでいる理由は複数あります。
まず理由のひとつとしては、免疫器官が仕事をしているということです。
白血球の一種であるリンパ球が発生したがん細胞を撃退してくれているため、がん細胞ががん化せずに済んでいるというわけです。
次にもうひとつの理由ですが、私たち人間の体にある細胞というのは、一定数を維持するようになっています。
なくなる細胞の数に比べて生み出される細胞の数が多いと、バランスが悪くならないようにするためにがん細胞が自滅するのです。
このことをアポトーシスといいますが、これによってがん細胞ががん化する前に消滅しています。

がんを発症しない理由を把握したうえで、今度は免疫力やアポトーシスがあるのにどうしてがんになってしまうのかということではないでしょうか。
がん細胞は正常な細胞が細胞分裂する際の複製ミスにより発生するといわれていますが、免疫力が低下してしまうことによって、がん細胞を撃退しきることができずにがんを発症してしまうことになりかねません。
発生するがん細胞が多くなると余計に生き残ってしまう数を増やしてしまうことになるでしょう。

いまは日本人の2人に1人ががん患者といわれていますが、免疫力は40代や50代で不摂生をしていると低下していってしまいます。
がんは検査で発見されるサイズになるまで10年程度の期間を要するため、放っておくと60代にはがんを発症してしまうことになりかねません。
また、がんは中高年だけに起こるわけではありません。
若いうちに不摂生をせず、免疫力の低下を防ぐこと、定期的にがん検診を受けることが予防や早期発見・治療のためには大切といえるでしょう。

関連記事

上皮内新生物と悪性新生物とは

がんに関する情報をチェックしていて、上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)と悪性新生物(あくせ

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

no image

子宮頸がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

子宮頸がんとは 子宮頸がん(しきゅうけいがん)とは、子宮の入り口部分である子宮頸部(しきゅうけいぶ

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

活性酸素のがんへの影響は?

活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。 私たち人間の体の

記事を読む

排気ガスのがんへの影響は?

排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応

記事を読む

no image

膵臓がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膵臓がんとは 膵臓がん(すいぞうがん)とは、膵液(すいえき)という消化液を作り出す臓器である膵臓に

記事を読む

歌とがんの関係

がんに良いといわれていること、悪いといわれていることはさまざまですが、歌を歌うことはがんに良いの

記事を読む

早期がんと進行がん

早期がんと進行がんのことを知るためには、がんのステージのことを知るとわかりやすいです。 ここで

記事を読む

びまん性汎細気管支炎(DPB)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

びまん性汎細気管支炎(DPB)とは びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきか

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

→もっと見る

PAGE TOP ↑