*

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

公開日: : 最終更新日:2016/07/21 がん


がん細胞は日々、生み出されています。
1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数の説はありますが、毎日たくさんのがん細胞が発生していることに変わりはありません。
なお、がんになる人の体内でのみがん細胞が生み出されているわけではなく、誰の体内であってもがん細胞は日々、発生しています。
誰の体内であってもがん細胞が生み出されているといわれると、全員ががんを発症しないのはいったいなぜなのか、疑問に感じる人もいることでしょう。

がん細胞が日々、発生しているにもかかわらずがんを発症しないで済んでいる理由は複数あります。
まず理由のひとつとしては、免疫器官が仕事をしているということです。
白血球の一種であるリンパ球が発生したがん細胞を撃退してくれているため、がん細胞ががん化せずに済んでいるというわけです。
次にもうひとつの理由ですが、私たち人間の体にある細胞というのは、一定数を維持するようになっています。
なくなる細胞の数に比べて生み出される細胞の数が多いと、バランスが悪くならないようにするためにがん細胞が自滅するのです。
このことをアポトーシスといいますが、これによってがん細胞ががん化する前に消滅しています。

がんを発症しない理由を把握したうえで、今度は免疫力やアポトーシスがあるのにどうしてがんになってしまうのかということではないでしょうか。
がん細胞は正常な細胞が細胞分裂する際の複製ミスにより発生するといわれていますが、免疫力が低下してしまうことによって、がん細胞を撃退しきることができずにがんを発症してしまうことになりかねません。
発生するがん細胞が多くなると余計に生き残ってしまう数を増やしてしまうことになるでしょう。

いまは日本人の2人に1人ががん患者といわれていますが、免疫力は40代や50代で不摂生をしていると低下していってしまいます。
がんは検査で発見されるサイズになるまで10年程度の期間を要するため、放っておくと60代にはがんを発症してしまうことになりかねません。
また、がんは中高年だけに起こるわけではありません。
若いうちに不摂生をせず、免疫力の低下を防ぐこと、定期的にがん検診を受けることが予防や早期発見・治療のためには大切といえるでしょう。

関連記事

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは血液のがんの一種で、リンパ球か

記事を読む

no image

膵臓がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膵臓がんとは 膵臓がん(すいぞうがん)とは、膵液(すいえき)という消化液を作り出す臓器である膵臓に

記事を読む

がんの進行状況による分類

上皮内がん 上皮内がんは上皮内新生物や上皮内腫瘍ともいいます。 このがんがいったいどういうも

記事を読む

がん対策の基本は早期発見・早期治療

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれ

記事を読む

排気ガスのがんへの影響は?

排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応

記事を読む

発がん性物質って・発がん性物質のがんへの影響は?

発がん性というのは正常な細胞をがんに変えてしまう性質のことであり、発がん性を示す化学物質のことを

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

環境ホルモンって・環境ホルモンのがんへの影響は?

環境ホルモンの正式名称は外因性内分泌かく乱化学物質です。 環境中に存在しており、ホルモンと似た

記事を読む

転移と再発の違い

がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。 転移と再発は似たような

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

虚血性心疾患を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

虚血性心疾患とは 心臓は1日に約10万回の収縮・拡張を繰り返しており、体全体へと

脂漏性角化症(老人性疣贅)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

脂漏性角化症(老人性疣贅)とは まず、脂漏性角化症は「しろうせいかくかしょう」と読み

放射線肺臓炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

放射線肺臓炎とは 放射線肺臓炎(ほうしゃせんはいぞうえん)とは、肺・食道・乳房などの

眼球突出を詳しく:原因・症状・検査・治療など

眼球突出とは 眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)とは、眼球が前方に飛び出ているように見

白板症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

白板症とは 白板症(はくばんしょう)とは、口内の粘膜表面が白色に厚く変化する病気です

→もっと見る

PAGE TOP ↑