*

癌細胞は常に生まれているらしい

公開日: : 最終更新日:2016/08/19 がん


がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。
このように思っている人は少なくありません。
しかしながら、この認識は誤りです。
がん細胞というのは、がんを引き起こす人の体内でのみ発生するわけではありません。

がん細胞が発生する原因は細胞のコピーミスであり、この問題は誰の体内でも日々起こっているのです。
人間には60兆個や100兆個の細胞があるといわれています。
そしてこの細胞は日々生まれ変わっているわけですが、新たに細胞が生み出される過程でコピーミスが起こってしまいます。
さらにコピーミスが起こるのは決してまれな話ではなく、細胞のミスコピーによって生み出されてしまうがん細胞の数は、1日あたり数千個にもなるといわれています。

しかしながら、毎日生み出されているがん細胞の除去・処理を行ってくれるものがあります。
それはなにかといいますと、高いと病気をしにくくなるということで有名な免疫力です。
免疫力が十分にあるとがん細胞が増殖する速度よりがん細胞を除去・処理する速度のほうが勝っているため、がん細胞はなくなりがんが引き起こされずに済みます。

ただし、免疫力は加齢やストレスなどにより低下します。
免疫力が落ちるとがん細胞の除去・処理能力が低下することを意味しています。
つまり、免疫力が低下することは、発がん率が上昇することを意味しているというわけです。

自分の家はがん家系ではないため大丈夫と思っている人もいるでしょうが、実際には上記のように誰の体内でもがん細胞は生み出されています。
自分だけはがんにならないと思っている人もまた多いでしょうが、現在は日本人の2人に1人ががん患者になっている時代です。
免疫力は生活習慣との関わりが深く、食事、運動、睡眠、ストレスなどの見直しを行なうことにより、能力の低下を防いだり、高めたりすることが可能です。
逆に生活習慣が乱れていると、若くても免疫力は低くなってしまいます。
不摂生をしていたせいで2人に1人のがん患者になりたくないという人は、生活習慣の見直しを行ないましょう。

関連記事

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。 しかしながら

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

がん細胞と正常細胞の違い

日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。 この病気はがん細胞が増殖する

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

がん治療の詳細についてのまとめ

標準治療と先進医療の違い がんの治療において「標準治療」と「先進医療」というものがあります。

記事を読む

歌とがんの関係

がんに良いといわれていること、悪いといわれていることはさまざまですが、歌を歌うことはがんに良いの

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑