*

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

公開日: : 最終更新日:2016/08/11 がん


どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。
まず、がんは人間の体に存在する正常な細胞から生み出された、異常な細胞のかたまりです。

異常な細胞は、正常な細胞の遺伝子に複数個の傷がつくことで生み出されます。
傷は一度に誘発されるわけではなく、長期間をかけて少しずつ誘発されることが明確になっています。
また、傷が入る遺伝子には細胞分裂を促進し、細胞数を一定に維持することに関わる遺伝子、がん細胞の増殖を抑制する遺伝子があります。
遺伝子が傷ついてしまうことにより異常な細胞の増殖が暴走し、また増殖を阻止する力がなくなってしまうのです。

異常細胞の増殖は上記のとおり、遺伝子の傷が原因になっています。
なお、傷とひとくちにいっても複数の種類があり、そのひとつとしては、DNAに記録されている遺伝子の暗号に間違いが起こる遺伝子突然変異を挙げることが可能です。
遺伝子突然変異はたばこ、紫外線、食品の焦げといった具合に、私たちの身のまわりに存在するものが原因となって起こることが明確になっています。
また、前述したように傷の種類は複数あり、遺伝子突然変異以外の種類としては、暗号自体には変化のないものがあります。
この類の傷が遺伝子のエピジェネティックな変異であり、暗号そのものには変化がないものの、使われ方が変化してしまうことが特徴です。

問題のない細胞に決まった問題が発生すると、問題が起こった細胞は増殖します。
そこに次なる問題が起こるとより増殖が早くなります。
そしてこうした問題が蓄積されていくことによって、がん細胞ができあがるといわれています。

遺伝子突然変異や遺伝子のエピジェネティックな変異は、問題のない普通の状態の細胞をがん細胞に変えてしまう、決して歓迎することのできないトラブルです。
おさらいとして遺伝子のエピジェネティックな変異は、遺伝子につく傷の種類のひとつであり、遺伝子の暗号そのものには変化がなくても、使われ方が変化してしまうというものであるということを頭に入れておくと良いでしょう。

関連記事

遺伝子突然変異とは?

がんの遺伝子突然変異とは、いったいどのような現象のことをいうのでしょうか? 自分なりに調べては

記事を読む

がん細胞と正常細胞の違い

日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。 この病気はがん細胞が増殖する

記事を読む

no image

膀胱がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膀胱がんとは 膀胱がん(ぼうこうがん)とは、膀胱の粘膜に発生するがん、いわゆる悪性腫瘍(あくせいし

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは血液のがんの一種で、リンパ球か

記事を読む

皮膚がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

人体の表面を覆う皮膚は、物理的に体の内部を外部刺激から保護する外皮としての役割のほかに、体温

記事を読む

活性酸素のがんへの影響は?

活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。 私たち人間の体の

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

子宮がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

子宮がんとは(概要) 子宮は袋状の臓器であり、赤ちゃんを宿して保護し、育てる役割を担ってい

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

虚血性心疾患を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

虚血性心疾患とは 心臓は1日に約10万回の収縮・拡張を繰り返しており、体全体へと

脂漏性角化症(老人性疣贅)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

脂漏性角化症(老人性疣贅)とは まず、脂漏性角化症は「しろうせいかくかしょう」と読み

放射線肺臓炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

放射線肺臓炎とは 放射線肺臓炎(ほうしゃせんはいぞうえん)とは、肺・食道・乳房などの

眼球突出を詳しく:原因・症状・検査・治療など

眼球突出とは 眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)とは、眼球が前方に飛び出ているように見

白板症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

白板症とは 白板症(はくばんしょう)とは、口内の粘膜表面が白色に厚く変化する病気です

→もっと見る

PAGE TOP ↑