*

がん抑制遺伝子とは?

公開日: : 最終更新日:2016/08/16 がん


がんは私たち人間の体に巨大な腫瘍をつくり出したり、別の部位に転移したりして、最悪の場合は生命を奪う恐ろしい病気です。
そしてこうした腫瘍の形成や転移を起こしてしまうのは、がん細胞が際限なく増殖してしまう性質にあります。
がん細胞が増殖してしまうのは、たんぱく質の細胞増殖因子を生み出させている遺伝子が、なんらかの原因で傷つくことによりがん遺伝子に変化してしまうことが理由のひとつですが、もうひとつの遺伝子もがん細胞の増殖と深い関わりがあります。
それががん抑制遺伝子なのですが、この遺伝子はいったい、どのようなものなのでしょうか?

がん抑制遺伝子は、名前のとおりがんの増殖を抑えてくれるという重要な役割を担っている遺伝子です。
私たち人間の全細胞中に存在しており、細胞の異常増殖を食い止めるための細胞分裂抑制因子というたんぱく質を生み出しています。
本来、がんを防ぐために活躍してくれるはずのがん抑制遺伝子ですが、傷がつくと話が変わってきます。
がん抑制遺伝子が傷ついている場合には、がん細胞の増殖を食い止めることができなくなってしまうのです。
なお、がん抑制遺伝子といっても複数の種類があり、とくに強い力を発揮してくれているのがTP53遺伝子です。
がん化しそうな細胞を自滅させる作用がありますが、この遺伝子が突然変異を起こしてしまった場合、がんを引き起こすリスクがはねあがってしまうといわれています。

がん遺伝子はもとは正常だった遺伝子が突然変異したものですが、がん抑制遺伝子はもともと遺伝子が傷ついた状態になっている人もいます。
遺伝子は父親から1個、母親から1個受け継ぐことになり、がん抑制遺伝子が2個ある状態で子どもは誕生します。
受け継いだ遺伝子に傷が入っている場合、がん細胞の増殖をブロックすることができないという問題が起こります。
よって、両親の傷ついたがん抑制遺伝子を受け継いだ子どもは、がんになってしまう確率が2個とも遺伝子に異常がない人と比較して高くなってしまうのです。

関連記事

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。 しかしながら

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは(概要) 多発性骨髄腫とは、骨髄中に存在する形質細胞ががん化する病気です。

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

子宮がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

子宮がんとは(概要) 子宮は袋状の臓器であり、赤ちゃんを宿して保護し、育てる役割を担ってい

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

がんの成長速度とダブリングタイム

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

咽頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

私たち人間が声を出したり、ものを飲み込んだりすることを司っている器官には「喉頭(こうとう)」

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑