*

がん遺伝子とは?

公開日: : 最終更新日:2016/10/08 がん


がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます。
なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?
この問いに対する答えですが、大きい腫瘍がつくり出されたり、別の部位に転移を起こしたりして命がおびやかされてしまうのは、がん細胞が無限に増殖してしまうという性質があるせいです。

正常な細胞は無限に増殖することはなく、必要に応じてたんぱく質の細胞増殖因子が細胞表面に存在する増殖因子受容体と結合し、分裂を促進します。
また、人間の体には異常細胞の増殖を防止する細胞増殖抑制因子があり、正常な細胞を一定数に維持したり、異常細胞が増殖してしまうことを防いだりしています。
なお、細胞増殖抑制因子も細胞増殖因子と同じくたんぱく質です。

がん遺伝子は、上記の細胞増殖因子を生み出させる遺伝子がもとになります。
本来、細胞増殖因子は正常な細胞分裂を促すことと関わっていますが、遺伝子がなんらかの原因で傷ついてしまうことにより、がん遺伝子と化してしまいます。
細胞増殖因子を生み出させる遺伝子ががん遺伝子に変わってしまうと、異常なたんぱく質を生み出すようになります。
そしてこの異常なたんぱく質により、がん細胞の分裂や増殖を招くことになってしまうのです。

がん遺伝子は「遺伝子」という言葉が含まれているため、もともとあるもののように思った人もいるのではないでしょうか。
しかしながら、前述したことを別の表現にすると、もとは正常だった遺伝子が突然変異を起こしたものががん遺伝子なのです。

なお、がんと関わりの深い遺伝子には、がん抑制遺伝子というものがあります。
ここではくわしくは述べませんが、このがん抑制遺伝子に傷が入っていることによっても、がん細胞は増殖してしまいます。
がん細胞がどのようにして増殖してしまうのか、よりくわしく知りたいという人は、がん遺伝子以外にがん抑制遺伝子のこともチェックしたおいたほうがよいでしょう。

関連記事

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

転移と再発の違い

がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。 転移と再発は似たような

記事を読む

排気ガスのがんへの影響は?

排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応

記事を読む

がんの種類 上皮がん・肉腫・血液のがん・小児がん

ひとくちにがんといっても、多くの種類があることはご存知の方が多いでしょう。 このがんの種類に関

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

早期がんと進行がん

早期がんと進行がんのことを知るためには、がんのステージのことを知るとわかりやすいです。 ここで

記事を読む

歌とがんの関係

がんに良いといわれていること、悪いといわれていることはさまざまですが、歌を歌うことはがんに良いの

記事を読む

喉頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

喉頭(こうとう)は咽頭(いんとう)と同じく、一般的にノドといわれているところです。 喉頭と

記事を読む

がん治療の詳細についてのまとめ

標準治療と先進医療の違い がんの治療において「標準治療」と「先進医療」というものがあります。

記事を読む

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

精巣炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

精巣炎とは 精巣(せいそう)とは、精子を形成し男性ホルモンを分泌する役割を担

甲状腺ホルモン不応症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺ホルモン不応症(こうじょうせんほるもんふおうしょう)とは、先天性(生まれつき

網膜剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

網膜剥離(もうまくはくり)とは、目のなかの網膜という組織が剥がれ落ちる病気のことで

腸チフス、パラチフスを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

腸チフス(ちょうちふす)、パラチフス(ぱらちふす)とは、サルモネラという細菌の一種

→もっと見る

PAGE TOP ↑