*

がん遺伝子とは?

公開日: : 最終更新日:2016/10/08 がん


がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます。
なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?
この問いに対する答えですが、大きい腫瘍がつくり出されたり、別の部位に転移を起こしたりして命がおびやかされてしまうのは、がん細胞が無限に増殖してしまうという性質があるせいです。

正常な細胞は無限に増殖することはなく、必要に応じてたんぱく質の細胞増殖因子が細胞表面に存在する増殖因子受容体と結合し、分裂を促進します。
また、人間の体には異常細胞の増殖を防止する細胞増殖抑制因子があり、正常な細胞を一定数に維持したり、異常細胞が増殖してしまうことを防いだりしています。
なお、細胞増殖抑制因子も細胞増殖因子と同じくたんぱく質です。

がん遺伝子は、上記の細胞増殖因子を生み出させる遺伝子がもとになります。
本来、細胞増殖因子は正常な細胞分裂を促すことと関わっていますが、遺伝子がなんらかの原因で傷ついてしまうことにより、がん遺伝子と化してしまいます。
細胞増殖因子を生み出させる遺伝子ががん遺伝子に変わってしまうと、異常なたんぱく質を生み出すようになります。
そしてこの異常なたんぱく質により、がん細胞の分裂や増殖を招くことになってしまうのです。

がん遺伝子は「遺伝子」という言葉が含まれているため、もともとあるもののように思った人もいるのではないでしょうか。
しかしながら、前述したことを別の表現にすると、もとは正常だった遺伝子が突然変異を起こしたものががん遺伝子なのです。

なお、がんと関わりの深い遺伝子には、がん抑制遺伝子というものがあります。
ここではくわしくは述べませんが、このがん抑制遺伝子に傷が入っていることによっても、がん細胞は増殖してしまいます。
がん細胞がどのようにして増殖してしまうのか、よりくわしく知りたいという人は、がん遺伝子以外にがん抑制遺伝子のこともチェックしたおいたほうがよいでしょう。

関連記事

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

上皮内新生物と悪性新生物とは

がんに関する情報をチェックしていて、上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)と悪性新生物(あくせ

記事を読む

PM2.5って・PM2.5のがんへの影響は?

PM2.5は微小粒子状物質とも呼び、PM2.5のPMはParticulateのPとMatterの

記事を読む

遺伝子突然変異とは?

がんの遺伝子突然変異とは、いったいどのような現象のことをいうのでしょうか? 自分なりに調べては

記事を読む

喉頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

喉頭(こうとう)は咽頭(いんとう)と同じく、一般的にノドといわれているところです。 喉頭と

記事を読む

皮膚がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

人体の表面を覆う皮膚は、物理的に体の内部を外部刺激から保護する外皮としての役割のほかに、体温

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

活性酸素のがんへの影響は?

活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。 私たち人間の体の

記事を読む

がんの種類 上皮がん・肉腫・血液のがん・小児がん

ひとくちにがんといっても、多くの種類があることはご存知の方が多いでしょう。 このがんの種類に関

記事を読む

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。

記事を読む

膵胆管合流異常を詳しく:原因・症状・検査・治療など

膵胆管合流異常とは 膵臓(すいぞう)で分泌される弱アルカリ性の消化液のことを膵液(す

無気肺を詳しく:原因・症状・検査・治療など

無気肺とは 無気肺(むきはい)とは、肺内の空気が極端に減少したり、肺内に空気が入って

手根管症候群を詳しく:原因・症状・検査・治療など

手根管症候群とは 手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とは、手根管という手首の

空気嚥下症(呑気症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

空気嚥下症(呑気症)とは 空気嚥下症(くうきえんげしょう)とは、主に精神面の問題によ

眼窩蜂窩織炎(眼窩蜂巣炎)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

眼窩蜂窩織炎(眼窩蜂巣炎)とは まず、眼窩蜂窩織炎は「がんがほうかしきえん」と読み、

→もっと見る

PAGE TOP ↑