*

ホルムアルデヒドって・ホルムアルデヒドのがんへの影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/07/24 がん


ホルムアルデヒドとは強力な毒性のある物質であり、有機化合物の一種です。
有害な物質でありながら私たちの生活では身近な存在であり、塗料、接着剤、防腐剤、建材、壁紙、家具、プラスチック製品、自動車の排気ガス、自動車用ワックス、食品、化粧品、化粧雑貨、衣類、寝具、おむつ、水道水、大気などに含まれています。
シックハウス症候群や水質汚染問題を引き起こす物質であるほか、がんにも影響があることが専門的な研究機関によって明らかになっています。

結論を先に述べると、ホルムアルデヒドは発がん性物質です。
WHO(世界保健期間)の下部組織であるIARC(国際がん研究機関)には発がん性分類というものがあります。
IARCの人間に対する発がん分類にはグループ1、グループ2A、グループ2B、グループ3、グループ4の5種類があります。
グループ1は人に対する発がん性がある、グループ2Aは人に対しおそらく発がん性がある、グループ2Bは人に対する発がん性が疑われる、グループ3は人に対する発がん性が確認できない、グループ4は人に対する発がん性はおそらくないものが指定されています。
ホルムアルデヒドはこの5種類の発がん性分類のうち、以前はグループ2Aの化学物質として指定されていましたが、2009年にはグループ1の化学物質として格上げされています。
また、ホルムアルデヒドはIARCによって、骨髄性白血病の原因物質として特定されてもいます。
そのほか、50ppmの濃度のホルムアルデヒドは急性中毒になって肺炎を引き起こし、命を落としてしまうことにもなりかねません。

また、ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因物質でもあります。
ホルムアルデヒドが含まれている主なものとしては、合板や壁紙といった接着剤を挙げることができます。
シックハウス症候群を引き起こすと、目がチカチカする、のどが痛みを感じるなどの刺激症状や、頭痛、めまい、全身倦怠感などの不定愁訴が症状として起こるとされています。

関連記事

ウイルスが原因のがん

主ながんを引き起こす原因としては、生活習慣や遺伝といった具合にさまざまなものがありますが、細菌や

記事を読む

遺伝子突然変異とは?

がんの遺伝子突然変異とは、いったいどのような現象のことをいうのでしょうか? 自分なりに調べては

記事を読む

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

早期がんと進行がん

早期がんと進行がんのことを知るためには、がんのステージのことを知るとわかりやすいです。 ここで

記事を読む

びまん性汎細気管支炎(DPB)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

びまん性汎細気管支炎(DPB)とは びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきか

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

→もっと見る

PAGE TOP ↑