*

PM2.5って・PM2.5のがんへの影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/09/20 がん


PM2.5は微小粒子状物質とも呼び、PM2.5のPMはParticulateのPとMatterのMを取ったものです。
Particulateは微粒子という意味が、Matterには物質という意味があります。
PM2.5の2.5ですが、これは直径2.5マイクロメートル以下のことです。
まとめると、PM2.5は直径2.5マイクロメートル以下の粒子が非常に小さい物質となります。

2.5マイクロメートルがどのぐらいの大きさなのか、いまいちイメージがわかないという人もいるのではないでしょうか。
この点に関してですが、2.5マイクロメートルは髪の太さの30分の1程度の大きさです。
また、花粉というとスギ花粉を思い浮かべる人は多いでしょうが、大きさは30〜40マイクロメートルあります。
PM2.5はスギ花粉よりさらに粒子が小さく、花粉症のマスクを装着していても簡単に通過してしまうことになります。
なお、PM2.5はこの粒子の小ささにより、肺の奥深くまで侵入しやすいのが特徴です。

テレビなどのメディアでPM2.5が人体に害のある危険なものということは知っているという人は多いでしょうが、具体的にどういう問題を引き起こす恐れがあるものなのかまでは把握していないという人もいるのではないでしょうか。
PM2.5は非常に多くの病気を引き起こすものであり、呼吸器の病気である慢性閉塞性肺疾患、慢性気管支炎、肺気腫や、循環器の病気の高血圧、虚血性疾患、不整脈、心不全(動脈硬化・血栓)、消化器の病気である腸閉塞、眼の病気である角膜障害やドライアイ、アレルギー疾患の悪化、各種臓器のがんを挙げることが可能です。
がんをはじめ、最悪の場合は命を落とすことにもなりかねない病気を引き起こす恐れがあることが、PM2.5のやっかいなところです。

中でもがんに関してですが、PM2.5はIARC(国際がん研究機関)による発がん性の分類評価でグループ1に指定されています。
発がん性の分類評価にはグループ4、グループ3、グループ2B、グループ2A、グループ1の5グループが存在し、グループ4は人に対する発がん性はおそらくないものが、グループ3は人に対する発がん性が確認できないものが、グループ2Bは人に対する発がん性が疑われるものが、グループ2Aは人に対しおそらく発がん性があるものが、グループ1は人に対する発がん性があるものが指定されています。

関連記事

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

活性酸素のがんへの影響は?

活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。 私たち人間の体の

記事を読む

転移と再発の違い

がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。 転移と再発は似たような

記事を読む

がんの成長速度とダブリングタイム

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。

記事を読む

no image

膵臓がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膵臓がんとは 膵臓がん(すいぞうがん)とは、膵液(すいえき)という消化液を作り出す臓器である膵臓に

記事を読む

がん対策の基本は早期発見・早期治療

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれ

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

no image

膀胱がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膀胱がんとは 膀胱がん(ぼうこうがん)とは、膀胱の粘膜に発生するがん、いわゆる悪性腫瘍(あくせいし

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑