*

環境ホルモンって・環境ホルモンのがんへの影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/08/22 がん


環境ホルモンの正式名称は外因性内分泌かく乱化学物質です。
環境中に存在しており、ホルモンと似た働きをするため、環境ホルモンと呼称が使用されるようになっています。
この環境ホルモンが食べ物などにより体内に取り込まれると、体内のホルモンの働きを阻害します。
また、環境ホルモンは大量に体内に取り込まれてしまうと体内のホルモンに影響をおよぼすというのではなく、微量の環境ホルモンが体内に取り込まれただけでも大きな影響をおよぼすといわれています。

体内にある本物のホルモンの働きを邪魔することで、人体にはどのような影響があるのか、気になるのはこの点ではないでしょうか。
また、がんに関する情報を扱っているため、環境ホルモンとがんに関係があるのか知りたいと思っている人もいることでしょう。

ひとくちにがんといっても数多くの種類があり、何が原因で引き起こされるのかにも違いがあります。
がんの中にはホルモンバランスが悪くなることによって引き起こされるものが存在し、このような特徴を持っているがんと環境ホルモンにはなんらかの関わりがあるのではないかと考えられています。
なお、ホルモンと深い関わりがあるがんとしては、前立腺がん、精巣がん、卵巣がん、子宮がん、乳がんといったものが挙げられます。
環境ホルモンの影響により、こうしたがんの発生率が上昇してしまうのではないかといわれているのです。

がんの発生率が高くなること以外にも、環境ホルモンは人体に悪影響をおよぼしてしまう恐れがあるといわれているものがあります。
たとえば、男性の精子の数が少なくなってしまうのではないかということで研究が行なわれていますし、女児の発育が早まったという話もあります。
また、環境ホルモンによって免疫力がダウンしてしまうといわれているほか、キレやすい若者が多くなっていることも環境ホルモンが影響しているかもしれないという話もありますし、体は男性で女性の脳を持っている人や、反対に体は女性で男性の脳を持っている人がいることも、環境ホルモンが関係しているのではないかという情報まで出ています。

関連記事

皮膚がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

人体の表面を覆う皮膚は、物理的に体の内部を外部刺激から保護する外皮としての役割のほかに、体温

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

転移と再発の違い

がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。 転移と再発は似たような

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは血液のがんの一種で、リンパ球か

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

no image

子宮頸がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

子宮頸がんとは 子宮頸がん(しきゅうけいがん)とは、子宮の入り口部分である子宮頸部(しきゅうけいぶ

記事を読む

がん細胞と正常細胞の違い

日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。 この病気はがん細胞が増殖する

記事を読む

ウイルスが原因のがん

主ながんを引き起こす原因としては、生活習慣や遺伝といった具合にさまざまなものがありますが、細菌や

記事を読む

遺伝子突然変異とは?

がんの遺伝子突然変異とは、いったいどのような現象のことをいうのでしょうか? 自分なりに調べては

記事を読む

サルコペニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

サルコペニアとは サルコペニア(さるこぺにあ)のサルコは日本語で筋肉を意味しており、

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる

神経因性膀胱を詳しく:原因・症状・検査・治療など

神経因性膀胱とは 神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)とは、脳や脊髄といった膀胱

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)とは 大動脈弁(だいどうみゃくべん)は、心臓の左

反回神経麻痺を詳しく:原因・症状・検査・治療など

反回神経麻痺とは 反回神経麻痺(はんかいしんけいまひ)とは、声を発するための器官の声

→もっと見る

PAGE TOP ↑