*

アスベストって・アスベストのがんへの影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/07/27 がん


アスベストは石綿(せきめん、いしわた)ともいい、天然鉱石の一種です。
現代人には天然という文字を見るだけで、また天然という言葉を聞くだけで安全なものと思う人が少なくありませんが、アスベストは健康被害を起こすたいへん危険な鉱物です。
WHO(世界保健期間)の傘下であるIARC(国際がん研究機関)による発がん性リスクでは、人間に対する発がん性が認められるものが分類されているグループ1のなかに入っています。
なお、アスベストばく露によって引き起こされる健康被害には、肺がんや悪性中皮腫(ちゅうひしゅ)などがあります。

肺がんはほとんどの人がご存じでしょうが肺に起こるがんです。
一方の悪性中皮腫は胸膜、腹膜、心膜などに引き起こされる悪性腫瘍のことをいいます。
肺がんと悪性中皮腫で共通しているのは、ばく露後の潜伏期間が非常に長いことです。
肺がんは15〜40年間、悪性中皮腫は20〜50年間の潜伏期間を経て発症するといわれています。
また、アスベストにより引き起こされる病気は発病したあと、症状がある程度進行するまでこれといった症状がない場合が多いのもやっかいなところです。
肺がんはばく露が多量になるほど発生が多く、悪性中皮腫は若い年齢でアスベストを吸い込んだ人が引き起こしやすいとされています。
治療方法は肺がんも悪性中皮腫も、外科治療、抗がん剤治療、放射線治療といった方法が選択されます。

アスベストのことが心配な人のなかには、どこに相談すればいいのかを知りたいという人もいるのではないでしょうか。
この問いに対する回答ですが、労災病院などの専門医療期間に行くとよいでしょう。
また、アスベストを吸い込んだかどうか、どういう検査を受けることではっきりとするのかが疑問という人もいるでしょう。
アスベストを吸い込んでしまったかどうかは、胸部X線写真でわかる場合があります。
胸膜プラークという部分的に肺の胸膜が硬くなるものが検査で認められると、アスベストを吸い込んだことがはっきりとします。

関連記事

がん細胞と正常細胞の違い

日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。 この病気はがん細胞が増殖する

記事を読む

発がん性物質って・発がん性物質のがんへの影響は?

発がん性というのは正常な細胞をがんに変えてしまう性質のことであり、発がん性を示す化学物質のことを

記事を読む

子宮がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

子宮がんとは(概要) 子宮は袋状の臓器であり、赤ちゃんを宿して保護し、育てる役割を担ってい

記事を読む

甲状腺がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

甲状腺がんとは 甲状腺がん(こうじょうせんがん)とは、甲状腺ホルモンを分泌する器官である甲状腺

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは血液のがんの一種で、リンパ球か

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

no image

膵臓がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膵臓がんとは 膵臓がん(すいぞうがん)とは、膵液(すいえき)という消化液を作り出す臓器である膵臓に

記事を読む

がんの種類 上皮がん・肉腫・血液のがん・小児がん

ひとくちにがんといっても、多くの種類があることはご存知の方が多いでしょう。 このがんの種類に関

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑