*

発がん性物質って・発がん性物質のがんへの影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/07/07 がん


発がん性というのは正常な細胞をがんに変えてしまう性質のことであり、発がん性を示す化学物質のことを発がん性物質といいます。
発がん性物質にはWHO(世界保健期間)の下部組織であるIARC(国際がん研究機関)によるリスクの分類があり、グループ1、グループ2A、グループ2B、グループ3、グループ4の5種類があります。
グループ1は人間への発がん性を示す十分な証拠が存在するものが分類されており、グループ2Aは人間への発がん性を示す限定的な証拠が存在し、実験動物への発がん性の証拠が十分に存在するものが、グループ2Bは人間への発がん性を示す限定的な証拠が存在し、実験動物での発がん性の証拠が十分より少ないものが、グループ3は人間への発がん性を示す証拠が不十分で、実験動物での発がん性の証拠が十分ではないものが、グループ4は人間および実験動物で発がん性がないものを示唆する証拠が存在するものが分類されています。

グループ1にはたばこ、アルコール飲料、アスベスト、ダイオキシン、カドミウム、ディーゼル車排出ガス、加工肉、太陽光、経口避妊薬などが、グループ2Aは熱いマテ茶などが、グループ2Bはコーヒー、アジア式野菜の漬物などが分類されています。
なお、グループ3は人間への発がん性を示す証拠が不適切なものしかなく、グループ4は発がん性がないことを示唆する証拠があるということで、どういうものが分類されているかは割愛させていただきます。

意外と身近なものに発がん性があることにビックリした人もいるでしょうが、各発がん性物質ががんにどのように影響するのかには違いがあります。
たとえばたばこは口唇・口腔・咽頭、食道、胃、肝・肝内胆管、膵臓、喉頭、肺、子宮頸部、腎盂を除く腎臓、尿路(膀胱・腎盂・尿管)、骨髄性白血病のリスクは非喫煙者より高くなりますし、ディーゼル車の排出ガスは肺がんや膀胱がんのリスクが、経口避妊薬は子宮頸がん、肝臓がんのリスクが、太陽光は皮膚がんのリスクが、アルコール飲料は口腔、咽頭、喉頭、上部消化管、下部消化管、肝、肺、食道などのリスクが、熱いマテ茶は口腔、食道のがんのリスクがあるといった具合にです。
がんを未然に防ぎたいと強く思っている人は、自分が普段摂取しているものに発がん性がないかどうかチェックし、リスク分類で発がん性があると認められていたり、発がん性を示す可能性があったりするものは避けるようにするとよい対策になることでしょう。

関連記事

遺伝子突然変異とは?

がんの遺伝子突然変異とは、いったいどのような現象のことをいうのでしょうか? 自分なりに調べては

記事を読む

皮膚がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

人体の表面を覆う皮膚は、物理的に体の内部を外部刺激から保護する外皮としての役割のほかに、体温

記事を読む

喫煙のがんへの影響は?

「たばこを吸うとがんになる」というのは非常に有名な話ですが、はたして本当なのかどうか気になってい

記事を読む

転移と再発の違い

がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。 転移と再発は似たような

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

がんの成長速度とダブリングタイム

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。

記事を読む

環境ホルモンって・環境ホルモンのがんへの影響は?

環境ホルモンの正式名称は外因性内分泌かく乱化学物質です。 環境中に存在しており、ホルモンと似た

記事を読む

ウイルスが原因のがん

主ながんを引き起こす原因としては、生活習慣や遺伝といった具合にさまざまなものがありますが、細菌や

記事を読む

活性酸素のがんへの影響は?

活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。 私たち人間の体の

記事を読む

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)とは がん性ニューロパチー(がんせい

サルコペニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

サルコペニアとは サルコペニア(さるこぺにあ)のサルコは日本語で筋肉を意味しており、

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる

神経因性膀胱を詳しく:原因・症状・検査・治療など

神経因性膀胱とは 神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)とは、脳や脊髄といった膀胱

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)とは 大動脈弁(だいどうみゃくべん)は、心臓の左

→もっと見る

PAGE TOP ↑