*

活性酸素のがんへの影響は?

公開日: : 最終更新日:2016/08/09 がん


活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。
私たち人間の体のなかで生み出されており、強力な酸化作用があります。

活性酸素には良い面と悪い面がありますが、まずは良い面をご紹介しましょう。
細菌が私たち人間の体内に侵入してきた際には、血液中にある白血球が戦ってくれます。
細菌と白血球が戦闘する際、活性酸素は細菌を駆逐するために使用されます。

上記のような良い面があるため、活性酸素は増加するほどいいと思う人もいるでしょうが、実は違います。
活性酸素には悪い面もあると述べましたが、過剰な活性酸素は体に害になるのです。
たとえば、活性酸素には前述したように強力な酸化作用がありますが、体のなかに存在しているたんぱく質を酸化させてしまい、このことが老化の進行を助長します。
また、活性酸素は血管の老化の原因にもなり、動脈硬化や心筋梗塞といった病気を引き起こすリスクを上昇させてしまうともいわれています。
ほかにも活性酸素の悪い面にあてはまるようなことがあり、活性酸素はがんとも関係があります。
がんは細胞のコピーミスが原因で引き起こされるわけですが、活性酸素によってこの問題が誘発されてしまいます。

以上のような特徴が活性酸素にはあるわけですが、40代になると増加しやすくなるといわれています。
人間には活性酸素を取り除くSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)やカタラーゼといった抗酸化酵素があるのですが、40歳以降になると生み出される量が減少していき、活性酸素による影響を受けやすくなってしまいます。
すでに述べたように活性酸素によって細胞のコピーミスが誘発されるため、抗酸化酵素が少なく活性酸素が優位な状態になっていると、がんを発症しやすくなってしまうと考えることが可能です。

加齢で増加しやすくなる活性酸素でがんを招いてしまうのを防止するには、複数の効果的とされている方法があります。
抗酸化作用のある成分が含まれている抗酸化食品を摂る、たばこをやめる、適正飲酒にする、適度な有酸素運動を行なう、ストレスをためない・解消する、過度に紫外線や放射線を浴びないといったものがあげられます。

関連記事

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

発がん性物質って・発がん性物質のがんへの影響は?

発がん性というのは正常な細胞をがんに変えてしまう性質のことであり、発がん性を示す化学物質のことを

記事を読む

咽頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

私たち人間が声を出したり、ものを飲み込んだりすることを司っている器官には「喉頭(こうとう)」

記事を読む

排気ガスのがんへの影響は?

排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

がん対策の基本は早期発見・早期治療

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれ

記事を読む

ホルムアルデヒドって・ホルムアルデヒドのがんへの影響は?

ホルムアルデヒドとは強力な毒性のある物質であり、有機化合物の一種です。 有害な物質でありながら

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

アスベストって・アスベストのがんへの影響は?

アスベストは石綿(せきめん、いしわた)ともいい、天然鉱石の一種です。 現代人には天然という文字

記事を読む

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑