*

ウイルスが原因のがん

公開日: : 最終更新日:2016/09/03 がん


主ながんを引き起こす原因としては、生活習慣や遺伝といった具合にさまざまなものがありますが、細菌やウイルスが原因となって引き起こされることもあります。
ここではウイルスが原因となって引き起こされるがんの解説をしますので、興味のある方は以下の内容をご一読ください。

ウイルスが原因で引き起こされるがんといっても、肝臓がん、子宮頸がん、成人T細胞白血病、悪性リンパ腫、エイズに伴うカポジ肉腫といった具合に複数の種類があります。
がんを引き起こすことがわかっているウイルスもまた複数の種類が存在しており、HBV(B型肝炎ウイルス)、HCV(C型肝炎ウイルス)、HPV(ヒトパピローマウイルス)、HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)、EB(エプスタイン・バー)ウイルス、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)などを挙げることが可能です。
肝臓がんはHBVやHCVによって、子宮頸がんはHPVによって、成人T細胞白血病はHTLV-1によって、悪性リンパ腫はEBウイルスによって、エイズに伴うカポジ肉腫はHIVによって発症するといわれています。
ほかにもウイルスと関わりの深いがんはありますが、代表的なものは上記のがんです。
なお、ウイルスにより引き起こされるがんは、ウイルスに感染することがなければ、引き起こされてしまう確率は非常に低いといわれています。
また、もしウイルスに感染した場合でも、適切な検査を行ない経過観察をするなどして、がんが引き起こされてしまったことに気付かないという問題を回避するような対策を行なうことはできます。

ウイルスが原因となってがんを発症することがわかっていることはすでに述べたとおりですが、どうしてウイルスががんを引き起こすのか、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。
このことに関してですが、私たち人間の細胞内にはがんの増殖を阻止するがん抑制遺伝子があります。
この遺伝子がウイルス由来のたんぱく質と結合することで正常に機能しなくなり、がん化を招きやすくなるといわれています。

関連記事

アスベストって・アスベストのがんへの影響は?

アスベストは石綿(せきめん、いしわた)ともいい、天然鉱石の一種です。 現代人には天然という文字

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

環境ホルモンって・環境ホルモンのがんへの影響は?

環境ホルモンの正式名称は外因性内分泌かく乱化学物質です。 環境中に存在しており、ホルモンと似た

記事を読む

排気ガスのがんへの影響は?

排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応

記事を読む

喉頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

喉頭(こうとう)は咽頭(いんとう)と同じく、一般的にノドといわれているところです。 喉頭と

記事を読む

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。

記事を読む

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

活性酸素のがんへの影響は?

活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。 私たち人間の体の

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

カンジダ性食道炎(食道モリニア症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

カンジダ性食道炎(食道モリニア症)とは カンジダ性食道炎(かんじだせいしょくどうえん

→もっと見る

PAGE TOP ↑