*

内臓脂肪とがんの関係

公開日: : 最終更新日:2016/08/05 がん


内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。
この内臓脂肪が多くなると、生活習慣病である高血圧や脂質異常症(高脂血症)になるリスクが高まるとされています。
また、高血圧や脂質異常症だけでなく、内臓脂肪はがんとの関わりも指摘されていますが、このことをご存じでしょうか?
ひとくちにがんといっても多くの種類がありますが、肝臓のがん=肝がんと内臓脂肪との関わりがわかる事例がありますのでご紹介しましょう。

多くの人が抱いている肝がんのイメージは、お酒の飲み過ぎではないでしょうか。
アルコールの摂取でアルコール性肝炎になり、肝硬変、肝がんと悪化していくのはよく知られている話です。
また、お酒の飲み過ぎほど多くの人が把握しているわけではないかもしれませんが、C型肝炎が肝硬変になり、さらには肝がんになることもあります。
こうした一般的なイメージにはない肝がんになるケースがあり、それに内臓脂肪が関係しているのです。
肝がんになる人でアルコールを摂らない人、C型肝炎の患者でもない人がいて、このようなケースでは肝臓に脂肪がたまった状態の脂肪肝から肝がんになっているということがはっきりしつつあります。

肝がん以外にも、内臓脂肪が大量にあることが発症リスクを上昇させてしまうという報告があります。
具体的に何がんかといいますと、乳がん、子宮体がん、大腸がんをあげることが可能です。
ただし、内臓脂肪の蓄積がどうして上記のがんを引き起こすリスクを高めてしまうのか、その原因は完全にはっきりしてはいないというのが現状です。

内臓脂肪のやっかいなところはいわゆる隠れ肥満といって、見た目はやせているのに蓄積してしまっていることがある点です。
標準以下の体重であったり、BMIの数値が低めを示していたりする人でも、体脂肪率の数値が高い人の場合には、隠れ肥満になっている可能性があります。
とくに別のところは太っているわけではないのに、おなかだけがぽっこりと出ているという人は要注意です。

関連記事

がんの成長速度とダブリングタイム

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

上皮内新生物と悪性新生物とは

がんに関する情報をチェックしていて、上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)と悪性新生物(あくせ

記事を読む

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

甲状腺がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

甲状腺がんとは 甲状腺がん(こうじょうせんがん)とは、甲状腺ホルモンを分泌する器官である甲状腺

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

排気ガスのがんへの影響は?

排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応

記事を読む

早期がんと進行がん

早期がんと進行がんのことを知るためには、がんのステージのことを知るとわかりやすいです。 ここで

記事を読む

がんの種類 上皮がん・肉腫・血液のがん・小児がん

ひとくちにがんといっても、多くの種類があることはご存知の方が多いでしょう。 このがんの種類に関

記事を読む

肝のう胞を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肝臓は、右の肋骨(ろっこつ)の下に位置する人間の臓器では最大の臓器であり、体重の約

習慣流産を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

習慣流産とは(概要) 妊娠中に何らかの原因によって胎児が死亡し、妊娠が継続できな

ギランバレー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ギランバレー症候群(ぎらんばれーしょうこうぐん)とは、進行性の筋力低下や感覚異常が

ジアノッティ症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ジアノッティ症候群とは ジアノッティ症候群(じあのってぃしょうこうぐん)とは

食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

→もっと見る

PAGE TOP ↑