*

多段階発がんとは?

公開日: : 最終更新日:2016/09/23 がん


がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。
多段階発がんは、イニシエーション、プロモーション、プログレッションの順にだんだんと進行していきます。
このように説明されても、イニシエーション、プロモーション、プログレッションがいったい何なのか、さっぱりわからないという人は多いのではないでしょうか。
ここでは、イニシエーション、プロモーション、プログレッションが何なのか解説することで、多段階発がんが具体的にどういうものなのかを、わかりやすく紹介します。

まずはイニシエーションですが、これは遺伝子に傷がつくことで変異を起こす段階のことをいいます。
イニシエーションを起こすもののことを発ガン・イニシエーターといい、たばこ、ダイオキシンといった発がん性物質、放射線、ウイルス、活性酸素などが発ガン・イニシエーターに該当します。
次にプロモーションですが、これはがん化する細胞の増殖が促進されてしまう段階のことをいいます。
プロモーションを進行させるもののことを発ガン・プロモーターと呼び、これに当てはまるものとしては発がん性物質、食塩、脂肪、ホルモンといったものを挙げることが可能です。
プログレッションは悪性のがんと化す段階のことをいい、遺伝子の変異が積み重なることによって進行します。

以上のような段階を経て悪性腫瘍=がんを引き起こすことになりますが、どのぐらいの時間をかけて発症すると思いますか?
1日や2日と思っている人もいるでしょうが、実際にはもっと長い期間がかかります。
検査で発見されるのは1〜10グラム程度、1億〜10億個のがん細胞になったときですが、この状態になるまでには早くても数年がかかりますし、遅い場合には30年以上の年数がかかっています。
20歳を過ぎるころには、健康にとくに問題を抱えていない人の体のなかにも、がんを引き起こす細胞は生み出されます。
ただ、すべてが悪性のがんになるわけではなく、つくり出されては撃退されて、つくり出されては撃退されてということが絶えず続いた結果、駆逐されなかったものががんになります。

関連記事

上皮内新生物と悪性新生物とは

がんに関する情報をチェックしていて、上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)と悪性新生物(あくせ

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

がんの成長速度とダブリングタイム

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

アスベストって・アスベストのがんへの影響は?

アスベストは石綿(せきめん、いしわた)ともいい、天然鉱石の一種です。 現代人には天然という文字

記事を読む

活性酸素のがんへの影響は?

活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。 私たち人間の体の

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

PM2.5って・PM2.5のがんへの影響は?

PM2.5は微小粒子状物質とも呼び、PM2.5のPMはParticulateのPとMatterの

記事を読む

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑