*

多段階発がんとは?

公開日: : 最終更新日:2016/09/23 がん


がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。
多段階発がんは、イニシエーション、プロモーション、プログレッションの順にだんだんと進行していきます。
このように説明されても、イニシエーション、プロモーション、プログレッションがいったい何なのか、さっぱりわからないという人は多いのではないでしょうか。
ここでは、イニシエーション、プロモーション、プログレッションが何なのか解説することで、多段階発がんが具体的にどういうものなのかを、わかりやすく紹介します。

まずはイニシエーションですが、これは遺伝子に傷がつくことで変異を起こす段階のことをいいます。
イニシエーションを起こすもののことを発ガン・イニシエーターといい、たばこ、ダイオキシンといった発がん性物質、放射線、ウイルス、活性酸素などが発ガン・イニシエーターに該当します。
次にプロモーションですが、これはがん化する細胞の増殖が促進されてしまう段階のことをいいます。
プロモーションを進行させるもののことを発ガン・プロモーターと呼び、これに当てはまるものとしては発がん性物質、食塩、脂肪、ホルモンといったものを挙げることが可能です。
プログレッションは悪性のがんと化す段階のことをいい、遺伝子の変異が積み重なることによって進行します。

以上のような段階を経て悪性腫瘍=がんを引き起こすことになりますが、どのぐらいの時間をかけて発症すると思いますか?
1日や2日と思っている人もいるでしょうが、実際にはもっと長い期間がかかります。
検査で発見されるのは1〜10グラム程度、1億〜10億個のがん細胞になったときですが、この状態になるまでには早くても数年がかかりますし、遅い場合には30年以上の年数がかかっています。
20歳を過ぎるころには、健康にとくに問題を抱えていない人の体のなかにも、がんを引き起こす細胞は生み出されます。
ただ、すべてが悪性のがんになるわけではなく、つくり出されては撃退されて、つくり出されては撃退されてということが絶えず続いた結果、駆逐されなかったものががんになります。

関連記事

活性酸素のがんへの影響は?

活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。 私たち人間の体の

記事を読む

歌とがんの関係

がんに良いといわれていること、悪いといわれていることはさまざまですが、歌を歌うことはがんに良いの

記事を読む

排気ガスのがんへの影響は?

排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応

記事を読む

がん対策の基本は早期発見・早期治療

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれ

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

喫煙のがんへの影響は?

「たばこを吸うとがんになる」というのは非常に有名な話ですが、はたして本当なのかどうか気になってい

記事を読む

がんの種類と主な転移先

すでにご存知の方は多いでしょうが、ひとくちにがんといっても数多くの種類が存在します。 がんを発

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑