*

睡眠とがんの関係

公開日: : 最終更新日:2016/07/18 がん


眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細胞が活性化します。
免疫細胞はがんの原因になるコピーミスの細胞を見逃すことなく駆逐してくれます。
がんを防ぐうえで睡眠は非常に重要な行為であり、適切な睡眠の質と量を維持していきたいところです。

眠りの質や量が不十分な状態では、交感神経が過度に緊張した状態が続いてしまいます。
そしてこのような状態では、老化や遺伝子の損傷を引き起こす活性酸素を生み出されやすくなっており、細胞のコピーミスを招きやすくなっているのです。
質の悪い睡眠が続いていること、睡眠時間が不足していることは、がんになりやすいということができます。

極力がんになりやすい状態におちいるのは避けたいところですが、良質な睡眠とはいったいどういう眠りのことをいうのでしょうか。
また、どの程度の睡眠時間を確保すればよいのでしょうか。
この疑問に対する答えですが、良質な睡眠というのは簡単にいうと寝つきがよく、途中で目が覚めてしまわず朝までぐっすり寝ていられることです。
睡眠時間に関しては、成人の場合は毎晩7〜8時間が理想的といえるでしょう。

また、何時までに寝たほうがいいのか、この点が気になっている人もいるのではないでしょうか。
難しいという人もいるでしょうが、午前(夜中)0時までには眠ったほうがいいです。
なぜ0時までに寝たほうがいいのか、このことにも理由はしっかりとあり、がん細胞が一番生み出されやすい時間帯が午前0〜5時までとされているためです。

なお、睡眠不足はがんになりやすいということを前述しましたが、できる限り長く眠ったほうがいいということではありません。
海外で行なわれた研究では、1日の睡眠時間が9時間以上の人は、7時間前後の人と比較すると、大腸がんを引き起こすリスクが1.4〜2倍にまでふくれあがるということが調査によりわかりました。
したがって睡眠時間は短すぎてもよくありませんし、長すぎてもよくありません。
毎晩7〜8時間の確保にとどめておけるように、寝すぎてしまう人は目覚まし時計を使用するなどの対策を行ないましょう。

関連記事

胆のう・胆管がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

肝臓で分泌された消化酵素の胆汁が十二指腸まで流れる経路のことを胆道といい、胆道には袋状の形をした

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

no image

膀胱がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膀胱がんとは 膀胱がん(ぼうこうがん)とは、膀胱の粘膜に発生するがん、いわゆる悪性腫瘍(あくせいし

記事を読む

喉頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

喉頭(こうとう)は咽頭(いんとう)と同じく、一般的にノドといわれているところです。 喉頭と

記事を読む

環境ホルモンって・環境ホルモンのがんへの影響は?

環境ホルモンの正式名称は外因性内分泌かく乱化学物質です。 環境中に存在しており、ホルモンと似た

記事を読む

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは血液のがんの一種で、リンパ球か

記事を読む

発がん性物質って・発がん性物質のがんへの影響は?

発がん性というのは正常な細胞をがんに変えてしまう性質のことであり、発がん性を示す化学物質のことを

記事を読む

歌とがんの関係

がんに良いといわれていること、悪いといわれていることはさまざまですが、歌を歌うことはがんに良いの

記事を読む

虚血性心疾患を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

虚血性心疾患とは 心臓は1日に約10万回の収縮・拡張を繰り返しており、体全体へと

脂漏性角化症(老人性疣贅)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

脂漏性角化症(老人性疣贅)とは まず、脂漏性角化症は「しろうせいかくかしょう」と読み

放射線肺臓炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

放射線肺臓炎とは 放射線肺臓炎(ほうしゃせんはいぞうえん)とは、肺・食道・乳房などの

眼球突出を詳しく:原因・症状・検査・治療など

眼球突出とは 眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)とは、眼球が前方に飛び出ているように見

白板症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

白板症とは 白板症(はくばんしょう)とは、口内の粘膜表面が白色に厚く変化する病気です

→もっと見る

PAGE TOP ↑