*

笑いとがんの関係

公開日: : 最終更新日:2016/06/29 がん


笑うことはがんを防ぐことに効果的。
このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いのか理由を知りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

笑いががん予防に良いとされているワケですが、笑うという行為にはNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させる効果があります。
NK細胞はがん細胞を撃退し、免疫力を高めてくれる細胞です。
なお、笑いは面白いことがあって大笑いするようなものでなくてもかまいません。
実験の結果、作り笑顔を続けるだけでもNK細胞のはたらきが活発になることがわかっているためです。
面白いことがなくても、毎日笑顔で過ごすことを習慣化するだけでも、がんの効果的な対策にはなります。
もちろん、面白いことがあって笑うのも、NK細胞の活性化という効果は得られます。
過去に行なわれた実験で、漫才や落語などを見たあと検査を受けた人の多くにNK細胞の活性値に良い変化が起こったという結果が出ています。

笑うことで自律神経の交感神経&副交感神経のバランスが整うほか、楽しいことがあって笑うとストレス解消になる、ぐっすり眠れるようになる、便秘が改善するといった健康効果が得られるといわれています。
ストレスは睡眠不足によって免疫力の低下を招いたり、交感神経の過度な緊張による活性酸素増加を招いたりします。
そして、活性酸素が増加すると細胞のコピーミスを招いてがん細胞を増やすことにつながってしまいます。
また、睡眠不足により免疫力が低下してしまうと、がん細胞に対する攻撃力が低下してしまいます。
結果、がん細胞を駆逐することができずにがんを発症してしまうということになりかねません。
そのほか、いまは関係ないという研究結果も出ていますが、便秘は便中に含まれている発がん性物質が長く体内にとどまることになり、大腸がんを発症するリスクを上昇させるといわれています。
以上のような問題で起こるがんを防ぐことに、笑いは貢献してくれます。

関連記事

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

発がん性物質って・発がん性物質のがんへの影響は?

発がん性というのは正常な細胞をがんに変えてしまう性質のことであり、発がん性を示す化学物質のことを

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

環境ホルモンって・環境ホルモンのがんへの影響は?

環境ホルモンの正式名称は外因性内分泌かく乱化学物質です。 環境中に存在しており、ホルモンと似た

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは(概要) 多発性骨髄腫とは、骨髄中に存在する形質細胞ががん化する病気です。

記事を読む

がんの進行状況による分類

上皮内がん 上皮内がんは上皮内新生物や上皮内腫瘍ともいいます。 このがんがいったいどういうも

記事を読む

喉頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

喉頭(こうとう)は咽頭(いんとう)と同じく、一般的にノドといわれているところです。 喉頭と

記事を読む

咽頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

私たち人間が声を出したり、ものを飲み込んだりすることを司っている器官には「喉頭(こうとう)」

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

ウイルスが原因のがん

主ながんを引き起こす原因としては、生活習慣や遺伝といった具合にさまざまなものがありますが、細菌や

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑