*

笑いとがんの関係

公開日: : 最終更新日:2016/06/29 がん


笑うことはがんを防ぐことに効果的。
このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いのか理由を知りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

笑いががん予防に良いとされているワケですが、笑うという行為にはNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させる効果があります。
NK細胞はがん細胞を撃退し、免疫力を高めてくれる細胞です。
なお、笑いは面白いことがあって大笑いするようなものでなくてもかまいません。
実験の結果、作り笑顔を続けるだけでもNK細胞のはたらきが活発になることがわかっているためです。
面白いことがなくても、毎日笑顔で過ごすことを習慣化するだけでも、がんの効果的な対策にはなります。
もちろん、面白いことがあって笑うのも、NK細胞の活性化という効果は得られます。
過去に行なわれた実験で、漫才や落語などを見たあと検査を受けた人の多くにNK細胞の活性値に良い変化が起こったという結果が出ています。

笑うことで自律神経の交感神経&副交感神経のバランスが整うほか、楽しいことがあって笑うとストレス解消になる、ぐっすり眠れるようになる、便秘が改善するといった健康効果が得られるといわれています。
ストレスは睡眠不足によって免疫力の低下を招いたり、交感神経の過度な緊張による活性酸素増加を招いたりします。
そして、活性酸素が増加すると細胞のコピーミスを招いてがん細胞を増やすことにつながってしまいます。
また、睡眠不足により免疫力が低下してしまうと、がん細胞に対する攻撃力が低下してしまいます。
結果、がん細胞を駆逐することができずにがんを発症してしまうということになりかねません。
そのほか、いまは関係ないという研究結果も出ていますが、便秘は便中に含まれている発がん性物質が長く体内にとどまることになり、大腸がんを発症するリスクを上昇させるといわれています。
以上のような問題で起こるがんを防ぐことに、笑いは貢献してくれます。

関連記事

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

腎臓がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

腎臓は腰の高さ、背骨の近くの深さにあり、左右に1個ずつある、ソラマメに似た形をしたにぎりこぶし大

記事を読む

がん治療の詳細についてのまとめ

標準治療と先進医療の違い がんの治療において「標準治療」と「先進医療」というものがあります。

記事を読む

がん抑制遺伝子とは?

がんは私たち人間の体に巨大な腫瘍をつくり出したり、別の部位に転移したりして、最悪の場合は生命を奪

記事を読む

がん細胞と正常細胞の違い

日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。 この病気はがん細胞が増殖する

記事を読む

多段階発がんとは?

がんはある日突然発症する病気ではなく段階的に起こるものですが、このことを多段階発がんといいます。

記事を読む

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは血液のがんの一種で、リンパ球か

記事を読む

皮膚がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

人体の表面を覆う皮膚は、物理的に体の内部を外部刺激から保護する外皮としての役割のほかに、体温

記事を読む

甲状腺髄様がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺髄様がん(こうじょうせんずいようがん)とは、甲状腺がんの一種であり、この部位のがん全体

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑