*

笑いとがんの関係

公開日: : 最終更新日:2016/06/29 がん


笑うことはがんを防ぐことに効果的。
このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いのか理由を知りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

笑いががん予防に良いとされているワケですが、笑うという行為にはNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させる効果があります。
NK細胞はがん細胞を撃退し、免疫力を高めてくれる細胞です。
なお、笑いは面白いことがあって大笑いするようなものでなくてもかまいません。
実験の結果、作り笑顔を続けるだけでもNK細胞のはたらきが活発になることがわかっているためです。
面白いことがなくても、毎日笑顔で過ごすことを習慣化するだけでも、がんの効果的な対策にはなります。
もちろん、面白いことがあって笑うのも、NK細胞の活性化という効果は得られます。
過去に行なわれた実験で、漫才や落語などを見たあと検査を受けた人の多くにNK細胞の活性値に良い変化が起こったという結果が出ています。

笑うことで自律神経の交感神経&副交感神経のバランスが整うほか、楽しいことがあって笑うとストレス解消になる、ぐっすり眠れるようになる、便秘が改善するといった健康効果が得られるといわれています。
ストレスは睡眠不足によって免疫力の低下を招いたり、交感神経の過度な緊張による活性酸素増加を招いたりします。
そして、活性酸素が増加すると細胞のコピーミスを招いてがん細胞を増やすことにつながってしまいます。
また、睡眠不足により免疫力が低下してしまうと、がん細胞に対する攻撃力が低下してしまいます。
結果、がん細胞を駆逐することができずにがんを発症してしまうということになりかねません。
そのほか、いまは関係ないという研究結果も出ていますが、便秘は便中に含まれている発がん性物質が長く体内にとどまることになり、大腸がんを発症するリスクを上昇させるといわれています。
以上のような問題で起こるがんを防ぐことに、笑いは貢献してくれます。

関連記事

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

皮膚がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

人体の表面を覆う皮膚は、物理的に体の内部を外部刺激から保護する外皮としての役割のほかに、体温

記事を読む

咽頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

私たち人間が声を出したり、ものを飲み込んだりすることを司っている器官には「喉頭(こうとう)」

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

甲状腺髄様がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺髄様がん(こうじょうせんずいようがん)とは、甲状腺がんの一種であり、この部位のがん全体

記事を読む

甲状腺がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

甲状腺がんとは 甲状腺がん(こうじょうせんがん)とは、甲状腺ホルモンを分泌する器官である甲状腺

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは血液のがんの一種で、リンパ球か

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

がん対策の基本は早期発見・早期治療

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれ

記事を読む

早期がんと進行がん

早期がんと進行がんのことを知るためには、がんのステージのことを知るとわかりやすいです。 ここで

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑