*

がんの症状が出るまでの期間とは

公開日: : 最終更新日:2016/09/11 がん


がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか?
このことに関してですが、がんはがん細胞発生後すぐに症状が起こるわけではありません。

がん細胞は発生、育成期、増殖期という具合に時期をわけることが可能です。
発生〜育成期までは10〜20年間、育成期〜増殖期までは1〜5年間あります。
がんの発生部位によって症状が起こるまでの期間は異なり、また個人差もありますが、約2〜3cmのサイズになると症状が出てくることが多いです。
前述した時期でいうと、育成期のあたりには2〜3cmほどの大きさに成長しています。
なお、5cm以上のサイズに成長しても、これといった症状が引き起こされない場合もあります。
いずれにしても、がんが発生し症状が出てくるまでには10年以上の期間が過ぎているのです。

上記のように、症状が出てくるのは多くの場合、2〜3cmのサイズになったあたりですが、がんは症状が出てからでは遅い恐ろしい病気です。
早期発見といえるのは、まだまったく自覚症状が出ていない1cmほどのサイズです。
がんとしてもかなりの初期であり、この時期までにがんを発見して早期治療を受けることで、大多数のがんの5年生存率は90%超など非常に高くなります。

自覚症状がない状態でがんを発見するには、専門家に頼る以外にありません。
定期的にがん検診を受けることが、症状が出る前にがんを治すためには欠かせないといえるでしょう。
定期的にといわれてもどのぐらいのサイクルで検診を受けたほうがいいのか、悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。
このことに関してですが、国では40歳以降は毎年がん検診を受けることが望ましいいう情報が発表されています。
なお、がんは中高年がなるというイメージがある人もいるでしょうが、実際には年齢に関係なく起こるため、若い人も検診を受けたほうがいいです。
一般的な検査では1cmほどになっていればがんを発見することが可能ですが、最新の検査技術では5mmほどの小さいがんを発見することも可能になってきています。

関連記事

環境ホルモンって・環境ホルモンのがんへの影響は?

環境ホルモンの正式名称は外因性内分泌かく乱化学物質です。 環境中に存在しており、ホルモンと似た

記事を読む

がん対策の基本は早期発見・早期治療

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれ

記事を読む

上皮内新生物と悪性新生物とは

がんに関する情報をチェックしていて、上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)と悪性新生物(あくせ

記事を読む

睡眠とがんの関係

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細

記事を読む

咽頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

私たち人間が声を出したり、ものを飲み込んだりすることを司っている器官には「喉頭(こうとう)」

記事を読む

がんの種類と主な転移先

すでにご存知の方は多いでしょうが、ひとくちにがんといっても数多くの種類が存在します。 がんを発

記事を読む

がんの種類 上皮がん・肉腫・血液のがん・小児がん

ひとくちにがんといっても、多くの種類があることはご存知の方が多いでしょう。 このがんの種類に関

記事を読む

子宮がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

子宮がんとは(概要) 子宮は袋状の臓器であり、赤ちゃんを宿して保護し、育てる役割を担ってい

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

甲状腺がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

甲状腺がんとは 甲状腺がん(こうじょうせんがん)とは、甲状腺ホルモンを分泌する器官である甲状腺

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑