*

がん対策の基本は早期発見・早期治療

公開日: : 最終更新日:2016/08/14 がん


日本人の死因トップの病気であるがん。
いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれています。
また、国内には300万人ものがん患者がいるという厚生労働省による推計も出ています。
自分だけは大丈夫と思っている人が少なくありませんが、誰にでも起こり得る病気であり、一度発症すれば下手をすると命を落としてしまうことになりません。
がんは原因に遺伝的なものもあり、気をつけていてもなってしまう可能性がある病気ですが、命を落としてしまわないためには早期発見をすることが肝心です。

なぜ早期発見が肝心なのか、すでにご存知の人もいるでしょうが、早く発見して治療を受けることにより生存率が高くなるためです。
はじめての治療から5年後に生存している人の比率のことを5年生存率といいますが、5年後に生きていることができれば、がんはほぼ治ったといっていい状態になっています。
一方、がんの発見が遅くなってしまった場合には、遅いほどに治る確率が低下してしまいます。
つまり、がんの発見が遅いということは、命を落としてしまう可能性が高くなることを意味しているのです。

なお、早期発見といわれても、具体的にどういう状態であれば早期発見なのか、よくわからないという人もいるのではないでしょうか。
このことに関してですが、がんが基底膜を越えていない状態で発見されれば早期発見といえます。
人間の皮膚には表皮から深いところへと向かって上皮、基底膜、間質があります。
上皮内には血管やリンパ管が通っていないため、血液やリンパ液にのってがんが別の部位に移動し増殖する=転移を起こすことが少ないとされています。
これに対し、がんが基底膜を越えると転移を起こしてしまう危険性があり、一般に根治的な治療が難しくなってしまいます。

早期発見が大事な理由はご理解いただけたのではないかと思いますが、症状が出たらすぐに病院へ行こうと思っている人もいるのではないでしょうか。
実は、がんというのは症状を自覚するようになるころにはかなり進行している場合がほとんどです。
そのため、自覚症状が出た時点で病院へ行けば大丈夫、早期発見になるという認識は間違いです。
がんは初期症状がほとんどありません。
気付いたときには末期がんになっており、治療が困難になって命を落としてしまうという最悪な失敗を回避するためには、がん検診を受けて早期発見に繋げることが大切です。

関連記事

がん抑制遺伝子とは?

がんは私たち人間の体に巨大な腫瘍をつくり出したり、別の部位に転移したりして、最悪の場合は生命を奪

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは血液のがんの一種で、リンパ球か

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

喫煙のがんへの影響は?

「たばこを吸うとがんになる」というのは非常に有名な話ですが、はたして本当なのかどうか気になってい

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

上皮内新生物と悪性新生物とは

がんに関する情報をチェックしていて、上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)と悪性新生物(あくせ

記事を読む

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

がん細胞と正常細胞の違い

日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。 この病気はがん細胞が増殖する

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑