*

がんの成長速度とダブリングタイム

公開日: : 最終更新日:2016/07/11 がん


がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。
がんの早期発見といわれているのは1cmの大きさに成長するまでといわれていますが、どのぐらいの期間をかけてがん細胞が増殖し、大きくなると思いますか?

はじめに、がん細胞というのは発生したばかりのころはわずか0.01mmの大きさしかありません。
それが時間をかけて成長していって、1mm、1cmと大きくなっていきます。
前述したように、早期発見といわれているのは1cmに成長するまでですが、このときすでにがん細胞の数は約10億個に達しています。
そしてこれもまたすでに述べたことですが、がんの成長速度は発生した部位、発生した人の状態により異なりますが、1cmにまで成長するには10年以上の期間を要することが多いです。
意外とゆっくりで驚いた方もいるのではないでしょうか。

そのほか、がんの成長速度に関する言葉として、ダブリングタイムというものがあります。
腫瘍倍増時間のことであり、がん細胞が2倍の体積になるまでに要する時間を意味する言葉です。
がん細胞は細胞分裂を繰り返し、倍々に増殖して巨大化するのですが、ダブリングタイムが短いほどがんが増殖するスピードは速く、大きく成長しやすいということになります。

すべてのがんのダブリングタイムをここで紹介することはできませんが、女性に起こる乳がんは多くの場合、100日前後でがん細胞の体積が2倍になるといわれています。
そしてがんの早期発見であるといわれている約1cmまで成長するには、約30回はがん細胞の体積を倍増させていかなければなりません。
この乳がんのダブリングタイムとダブリングの回数をかけ算すると、1cm程度のサイズにまで成長するには約8年の期間を要することになります。

がんの成長速度とダブリングタイムに関しては以上ですが、がんは症状が出てからでは遅いといわれている病気であり、最悪の場合には命を落としてしまいます。
症状が出てくるのは2〜3cmほど、命を落とす恐れがあるのは10cmほどといわれていますが、極力症状が出てくる前に早期発見できるようにしたいところです。

関連記事

活性酸素のがんへの影響は?

活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。 私たち人間の体の

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは血液のがんの一種で、リンパ球か

記事を読む

遺伝子突然変異とは?

がんの遺伝子突然変異とは、いったいどのような現象のことをいうのでしょうか? 自分なりに調べては

記事を読む

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。 しかしながら

記事を読む

転移と再発の違い

がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。 転移と再発は似たような

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

発がん性物質って・発がん性物質のがんへの影響は?

発がん性というのは正常な細胞をがんに変えてしまう性質のことであり、発がん性を示す化学物質のことを

記事を読む

喉頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

喉頭(こうとう)は咽頭(いんとう)と同じく、一般的にノドといわれているところです。 喉頭と

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

胆のう・胆管がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

肝臓で分泌された消化酵素の胆汁が十二指腸まで流れる経路のことを胆道といい、胆道には袋状の形をした

記事を読む

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

がん性ニューロパチー(傍腫瘍性末梢神経障害)とは がん性ニューロパチー(がんせい

サルコペニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

サルコペニアとは サルコペニア(さるこぺにあ)のサルコは日本語で筋肉を意味しており、

急性喉頭蓋炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)とは、喉頭蓋に生じる

神経因性膀胱を詳しく:原因・症状・検査・治療など

神経因性膀胱とは 神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)とは、脳や脊髄といった膀胱

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)とは 大動脈弁(だいどうみゃくべん)は、心臓の左

→もっと見る

PAGE TOP ↑