*

がんの成長速度とダブリングタイム

公開日: : 最終更新日:2016/07/11 がん


がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。
がんの早期発見といわれているのは1cmの大きさに成長するまでといわれていますが、どのぐらいの期間をかけてがん細胞が増殖し、大きくなると思いますか?

はじめに、がん細胞というのは発生したばかりのころはわずか0.01mmの大きさしかありません。
それが時間をかけて成長していって、1mm、1cmと大きくなっていきます。
前述したように、早期発見といわれているのは1cmに成長するまでですが、このときすでにがん細胞の数は約10億個に達しています。
そしてこれもまたすでに述べたことですが、がんの成長速度は発生した部位、発生した人の状態により異なりますが、1cmにまで成長するには10年以上の期間を要することが多いです。
意外とゆっくりで驚いた方もいるのではないでしょうか。

そのほか、がんの成長速度に関する言葉として、ダブリングタイムというものがあります。
腫瘍倍増時間のことであり、がん細胞が2倍の体積になるまでに要する時間を意味する言葉です。
がん細胞は細胞分裂を繰り返し、倍々に増殖して巨大化するのですが、ダブリングタイムが短いほどがんが増殖するスピードは速く、大きく成長しやすいということになります。

すべてのがんのダブリングタイムをここで紹介することはできませんが、女性に起こる乳がんは多くの場合、100日前後でがん細胞の体積が2倍になるといわれています。
そしてがんの早期発見であるといわれている約1cmまで成長するには、約30回はがん細胞の体積を倍増させていかなければなりません。
この乳がんのダブリングタイムとダブリングの回数をかけ算すると、1cm程度のサイズにまで成長するには約8年の期間を要することになります。

がんの成長速度とダブリングタイムに関しては以上ですが、がんは症状が出てからでは遅いといわれている病気であり、最悪の場合には命を落としてしまいます。
症状が出てくるのは2〜3cmほど、命を落とす恐れがあるのは10cmほどといわれていますが、極力症状が出てくる前に早期発見できるようにしたいところです。

関連記事

no image

膀胱がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膀胱がんとは 膀胱がん(ぼうこうがん)とは、膀胱の粘膜に発生するがん、いわゆる悪性腫瘍(あくせいし

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

ホルムアルデヒドって・ホルムアルデヒドのがんへの影響は?

ホルムアルデヒドとは強力な毒性のある物質であり、有機化合物の一種です。 有害な物質でありながら

記事を読む

がん細胞と正常細胞の違い

日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。 この病気はがん細胞が増殖する

記事を読む

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

活性酸素のがんへの影響は?

活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。 私たち人間の体の

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは血液のがんの一種で、リンパ球か

記事を読む

環境ホルモンって・環境ホルモンのがんへの影響は?

環境ホルモンの正式名称は外因性内分泌かく乱化学物質です。 環境中に存在しており、ホルモンと似た

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

虚血性心疾患を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

虚血性心疾患とは 心臓は1日に約10万回の収縮・拡張を繰り返しており、体全体へと

脂漏性角化症(老人性疣贅)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

脂漏性角化症(老人性疣贅)とは まず、脂漏性角化症は「しろうせいかくかしょう」と読み

放射線肺臓炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

放射線肺臓炎とは 放射線肺臓炎(ほうしゃせんはいぞうえん)とは、肺・食道・乳房などの

眼球突出を詳しく:原因・症状・検査・治療など

眼球突出とは 眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)とは、眼球が前方に飛び出ているように見

白板症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

白板症とは 白板症(はくばんしょう)とは、口内の粘膜表面が白色に厚く変化する病気です

→もっと見る

PAGE TOP ↑