*

転移と再発の違い

公開日: : 最終更新日:2016/08/24 がん


がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。
転移と再発は似たようなものと思っている人は少なくないでしょうが、同じではありません。
以下にがんの再発とはいったいなんなのか、がんの転移とはなんなのかをわかりやすくまとめていますので、がんの転移と再発の違いを知りたい人は内容をぜひご覧になってください。

まずはがんの再発とはなにか説明しますが、最初にがんが発生した部位で取りきれなかったがん細胞が、同じ部位で再び増殖することをいいます。
また、抗がん剤治療や放射線治療で一度は小さくなったがんが、再び成長した場合にも再発したといいます。
これに対し転移というのは、最初にがんが発生した部位から血液からリンパの流れに乗って離れた別の部位に移動し、そこでがん細胞が増殖することをいいます。
また、最初にがんが発生した部位ががんの浸潤により破裂するなどした場合、まわりの臓器などに腫瘍がばらまかれてくっつき、そこでがん細胞が増殖、大きくなってしまうこともありますが、この場合にも転移したという表現が使用されます。

転移と再発の違いをご理解いただけたと思いますが、がんには転移再発というものがあります。
がんはいったん治っても再発する場合がありますが、絶対に前回発生した部位で再発するとは限りません。
最初に発生した部位とは別の、離れた部位に再発してしまった場合に転移再発という言葉が使用されます。

そのほか、がんには転移しやすいものやしにくいもの、再発しやすいものがあります。
転移が起こりやすいのはすい臓がん、乳がん、メラノーマ(悪性黒色腫)などとされており、スキルス胃がんや卵巣がんは周囲に浸潤しやすいのが特徴です。
これに対し、転移が起こりにくいものは子宮頸がんや甲状腺がんなどです。
再発しやすいものは転移や浸潤しやすいものも含まれますが、まだ名前が出ていないものとしては肝臓がん、食道がん、膀胱がん、直腸がんといったものが挙げられます。

関連記事

咽頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

私たち人間が声を出したり、ものを飲み込んだりすることを司っている器官には「喉頭(こうとう)」

記事を読む

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

遺伝子突然変異とは?

がんの遺伝子突然変異とは、いったいどのような現象のことをいうのでしょうか? 自分なりに調べては

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。 しかしながら

記事を読む

がん抑制遺伝子とは?

がんは私たち人間の体に巨大な腫瘍をつくり出したり、別の部位に転移したりして、最悪の場合は生命を奪

記事を読む

子宮がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

子宮がんとは(概要) 子宮は袋状の臓器であり、赤ちゃんを宿して保護し、育てる役割を担ってい

記事を読む

no image

子宮頸がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

子宮頸がんとは 子宮頸がん(しきゅうけいがん)とは、子宮の入り口部分である子宮頸部(しきゅうけいぶ

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑