*

がんの種類と主な転移先

公開日: : 最終更新日:2016/10/01 がん


すでにご存知の方は多いでしょうが、ひとくちにがんといっても数多くの種類が存在します。
がんを発症する部位によって肺がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、乳がん、子宮がんなど、がんはありとあらゆる部位に引き起こされるものであり、最悪の場合は命を落とすことになりかねません。
なお、がんの発症でとくに命が脅かされるようになるのは、がんが浸潤や転移をした場合です。
浸潤はがん細胞が発生した部位で増殖するとともに、まわりの器官に直接広がっていくことで、転移はがん細胞が発生した部位から血液やリンパの流れにのって、別のところで広がることをいいます。

転移がどのようなことをいうのかご理解いただけたのではないかと思いますが、がんは種類別に転移しやすいといわれている部位があります。
具体的な例を出すと、肺がんは肺以外に脳、肝臓、骨、副腎に、大腸がんは大腸のほか、肺、肝臓、膀胱や膣などへの浸潤、胃がんはすい臓、脾臓、横行結腸などへの浸潤のほか、腹膜、肝臓に、スキルス胃がんは腹膜に、乳がんは肺、肝臓、脳、骨に、肝臓がんは肝臓のほか肺、胃に、すい臓がんは十二指腸、肝臓、胆管、神経、血管、腹膜に、卵巣がんは子宮、腹膜、大腸、横隔膜に、骨肉腫は肺、肝臓、脳、骨に、ほくろのがんのメラノーマはリンパ節、骨に、転移しやすいといわれています。
なお、肺がんは前述したように肺、脳、肝臓、骨、副腎にしか転移しないということではなく、ほかの部位に転移する可能性はあります。
あくまでほかの部位に比べて転移しやすい部位である、ということは頭に入れておいてください。

そのほか、がんの種類によって転移や浸潤自体が起こりやすいもの、起こりにくいものがあるといわれています。
転移が起こりやすい種類は乳がん、すい臓がん、メラノーマなど、逆に転移が起こりにくい種類は子宮頸がんや甲状腺がんなどです。
また、浸潤が起こりやすいがんの種類としては、卵巣がんやスキルス胃がんを挙げることができます。

関連記事

笑いとがんの関係

笑うことはがんを防ぐことに効果的。 このような情報を見聞きしたけれど、どうしてがん予防に良いの

記事を読む

内臓脂肪とがんの関係

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなる

記事を読む

咽頭がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

私たち人間が声を出したり、ものを飲み込んだりすることを司っている器官には「喉頭(こうとう)」

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

胆のう・胆管がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

肝臓で分泌された消化酵素の胆汁が十二指腸まで流れる経路のことを胆道といい、胆道には袋状の形をした

記事を読む

ウイルスが原因のがん

主ながんを引き起こす原因としては、生活習慣や遺伝といった具合にさまざまなものがありますが、細菌や

記事を読む

発がん性物質って・発がん性物質のがんへの影響は?

発がん性というのは正常な細胞をがんに変えてしまう性質のことであり、発がん性を示す化学物質のことを

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

脂漏性角化症(老人性疣贅)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

脂漏性角化症(老人性疣贅)とは まず、脂漏性角化症は「しろうせいかくかしょう」と読み

放射線肺臓炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

放射線肺臓炎とは 放射線肺臓炎(ほうしゃせんはいぞうえん)とは、肺・食道・乳房などの

眼球突出を詳しく:原因・症状・検査・治療など

眼球突出とは 眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)とは、眼球が前方に飛び出ているように見

白板症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

白板症とは 白板症(はくばんしょう)とは、口内の粘膜表面が白色に厚く変化する病気です

角膜びらんを詳しく:原因・症状・検査・治療など

角膜びらんとは 角膜(かくまく)は、一般に黒目とよばれているところです。 眼の外側

→もっと見る

PAGE TOP ↑