*

がんの種類と主な転移先

公開日: : 最終更新日:2016/10/01 がん


すでにご存知の方は多いでしょうが、ひとくちにがんといっても数多くの種類が存在します。
がんを発症する部位によって肺がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、乳がん、子宮がんなど、がんはありとあらゆる部位に引き起こされるものであり、最悪の場合は命を落とすことになりかねません。
なお、がんの発症でとくに命が脅かされるようになるのは、がんが浸潤や転移をした場合です。
浸潤はがん細胞が発生した部位で増殖するとともに、まわりの器官に直接広がっていくことで、転移はがん細胞が発生した部位から血液やリンパの流れにのって、別のところで広がることをいいます。

転移がどのようなことをいうのかご理解いただけたのではないかと思いますが、がんは種類別に転移しやすいといわれている部位があります。
具体的な例を出すと、肺がんは肺以外に脳、肝臓、骨、副腎に、大腸がんは大腸のほか、肺、肝臓、膀胱や膣などへの浸潤、胃がんはすい臓、脾臓、横行結腸などへの浸潤のほか、腹膜、肝臓に、スキルス胃がんは腹膜に、乳がんは肺、肝臓、脳、骨に、肝臓がんは肝臓のほか肺、胃に、すい臓がんは十二指腸、肝臓、胆管、神経、血管、腹膜に、卵巣がんは子宮、腹膜、大腸、横隔膜に、骨肉腫は肺、肝臓、脳、骨に、ほくろのがんのメラノーマはリンパ節、骨に、転移しやすいといわれています。
なお、肺がんは前述したように肺、脳、肝臓、骨、副腎にしか転移しないということではなく、ほかの部位に転移する可能性はあります。
あくまでほかの部位に比べて転移しやすい部位である、ということは頭に入れておいてください。

そのほか、がんの種類によって転移や浸潤自体が起こりやすいもの、起こりにくいものがあるといわれています。
転移が起こりやすい種類は乳がん、すい臓がん、メラノーマなど、逆に転移が起こりにくい種類は子宮頸がんや甲状腺がんなどです。
また、浸潤が起こりやすいがんの種類としては、卵巣がんやスキルス胃がんを挙げることができます。

関連記事

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

歌とがんの関係

がんに良いといわれていること、悪いといわれていることはさまざまですが、歌を歌うことはがんに良いの

記事を読む

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。

記事を読む

上皮内新生物と悪性新生物とは

がんに関する情報をチェックしていて、上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)と悪性新生物(あくせ

記事を読む

骨腫瘍・骨肉腫を詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

骨腫瘍・骨肉腫とは(概要) 骨に発生するがんの総称が悪性骨腫瘍であり、骨肉腫は悪性骨腫瘍の一種

記事を読む

PM2.5って・PM2.5のがんへの影響は?

PM2.5は微小粒子状物質とも呼び、PM2.5のPMはParticulateのPとMatterの

記事を読む

がんの成長速度とダブリングタイム

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。

記事を読む

がん遺伝子とは?

がんで体に巨大な腫瘍が形成されたり、別のところに転移したりして、最悪の場合には死亡してしまいます

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)とは、甲状腺の働きが悪くなるこ

精巣炎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

精巣炎とは 精巣(せいそう)とは、精子を形成し男性ホルモンを分泌する役割を担

甲状腺ホルモン不応症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺ホルモン不応症(こうじょうせんほるもんふおうしょう)とは、先天性(生まれつき

網膜剥離を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

網膜剥離(もうまくはくり)とは、目のなかの網膜という組織が剥がれ落ちる病気のことで

腸チフス、パラチフスを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

腸チフス(ちょうちふす)、パラチフス(ぱらちふす)とは、サルモネラという細菌の一種

→もっと見る

PAGE TOP ↑