*

上皮内新生物と悪性新生物とは

公開日: : 最終更新日:2016/10/05 がん


がんに関する情報をチェックしていて、上皮内新生物(じょうひないしんせいぶつ)と悪性新生物(あくせいしんせいぶつ)という言葉が出てきて、いったい何なのかと疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。
まず、上皮内新生物と悪性新生物の共通点ですが、上皮内新生物も悪性新生物もがんであることに変わりはありません。
よく悪性新生物は悪性腫瘍=がんで、上皮内新生物は良性腫瘍=がんではないと思っている人がいますが、上皮内新生物も悪性新生物と同じがんであるため、これは間違いです。
上皮内新生物と悪性新生物の違いは、がんがどこまで達しているのかという点です。

まずは上皮内新生物の解説をしますが、上皮内新生物は基底膜以降の組織までがんが達していない、上皮内にとどまっている状態です。
この段階で適切な治療を受けたことによりがんが取り除かれると、転移や再発が起こる確率はほぼないといわれています。
なお、転移しない理由ですが、上皮内には血管やリンパ管が通っていません。
そのため、上皮内にがんが発生したとしても、血液やリンパ液にのって別の臓器に移動し、がん細胞が増殖するという現象=転移が起こらないのです。
また、がんの進行度はがんの大きさ、広がり具合、転移が起こっているか起こっていないかなどにより、0〜Ⅳ期までの病期(ステージ)があります。
上皮内新生物は進行度がもっとも低い0期のがんです。

次に悪性新生物ですが、がんが基底膜を超えて別の組織にまで達してしまっている状態です。
血管やリンパ管の血液やリンパ液にのってがん細胞が移動し、別の臓器で増殖する転移を起こしてしまっている疑いがあります。
なお、がんはステージがあるということを前述しましたが、悪性新生物はⅠ期以上のがんです。

そのほか、上皮内新生物と悪性新生物は、保険での保障に違いがあります。
上皮内新生物は悪性新生物に比べ保障が薄いことが多く、保障の範囲に含まれていないこともあるため、がんのための保険に加入する際には必ずチェックしたいポイントです。

関連記事

癌細胞は常に生まれているらしい

がん細胞はがんを発症する人の体内でしか発生しない。 このように思っている人は少なくありません。

記事を読む

皮膚がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

人体の表面を覆う皮膚は、物理的に体の内部を外部刺激から保護する外皮としての役割のほかに、体温

記事を読む

転移と再発の違い

がんが再発した、転移したというのは、がんの話ではよく出てくるものです。 転移と再発は似たような

記事を読む

遺伝子突然変異とは?

がんの遺伝子突然変異とは、いったいどのような現象のことをいうのでしょうか? 自分なりに調べては

記事を読む

がん細胞と正常細胞の違い

日本人の死因トップであり、2人に1人が発症している国民病のがん。 この病気はがん細胞が増殖する

記事を読む

排気ガスのがんへの影響は?

排気ガスはガソリンや軽油といった燃料がエンジンで燃焼した際や、ガソリンや軽油などの燃料が化学反応

記事を読む

胆のう・胆管がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

肝臓で分泌された消化酵素の胆汁が十二指腸まで流れる経路のことを胆道といい、胆道には袋状の形をした

記事を読む

多発性骨髄腫を詳細に:原因,症状,治療,予防など

多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)とは血液のがんの一種で、リンパ球か

記事を読む

早期がんと進行がん

早期がんと進行がんのことを知るためには、がんのステージのことを知るとわかりやすいです。 ここで

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

脂漏性角化症(老人性疣贅)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

脂漏性角化症(老人性疣贅)とは まず、脂漏性角化症は「しろうせいかくかしょう」と読み

放射線肺臓炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

放射線肺臓炎とは 放射線肺臓炎(ほうしゃせんはいぞうえん)とは、肺・食道・乳房などの

眼球突出を詳しく:原因・症状・検査・治療など

眼球突出とは 眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)とは、眼球が前方に飛び出ているように見

白板症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

白板症とは 白板症(はくばんしょう)とは、口内の粘膜表面が白色に厚く変化する病気です

角膜びらんを詳しく:原因・症状・検査・治療など

角膜びらんとは 角膜(かくまく)は、一般に黒目とよばれているところです。 眼の外側

→もっと見る

PAGE TOP ↑