*

早期がんと進行がん

公開日: : 最終更新日:2016/09/15 がん


早期がんと進行がんのことを知るためには、がんのステージのことを知るとわかりやすいです。
ここでは最初にがんのステージのことを解説し、続いて早期がんとはなんなのか、進行がんとはなんなのかを説明します。

まずはがんのステージに関してですが、これはがんがどの程度進行しているのか、度合いを示すものです。
ステージ0、1、2、3、4の5種類があり、数字は大きいほどがんが進行している、悪化しているということになります。
また、各ステージでは進行度合いが異なるということで、がんがどのような状態になっているのか、この点にも違いがあります。

ステージ0はがん細胞が粘膜内(上皮細胞内)にとどまっている状態で、リンパ節への転移は起こっていません。
次のステージ1はがん細胞が筋肉細胞に少し広がってきてはいるものの、筋肉層にとどまっている状態です。
なお、ステージ0と同じくステージ1もリンパ節への転移は起こっていません。
ステージ2は、がんの腫瘍がさほど大きくなっていなくてもリンパ節に少し転移していることが認められるか、リンパ節への転移は起こっていないものの、がんが筋肉層を超えて広がっている場合に分類されます。
ステージ3はがんの腫瘍が筋肉層を超えて広がっていて、さらにリンパ節への転移も起こっている状態です。
そして最後にステージ4ですが、最初にがんが発生した臓器とは別の、離れた場所にある臓器にまで転移が起こっている場合に分類されます。

ここまでがんのステージの説明をしてきましたが、続いて早期がんと進行がんに関する解説をしていくことにします。
まずは早期がんですが、前述したステージのうち1までか2までのことを指す場合が多いです。
一方の進行がんは、ステージ3以降のことを指すことが多いです。

ステージ1の場合、たいていのがんの5年生存率は80%を超える高い数値ですが、ステージ3やステージ4はこの数値を大幅に下回ります。
なるべく早期がんの段階で発見し、治療を受けることが命を守るためには大切です。
ステージ0のようなごく早期のがんの場合には、治療も簡単に済みます。
なお、がんは初期症状がないものが多いため、自分でおかしいと思うことはまずありません。
早期発見・治療のためには定期的にがん検診を受けることが大切です。

関連記事

がんの進行状況による分類

上皮内がん 上皮内がんは上皮内新生物や上皮内腫瘍ともいいます。 このがんがいったいどういうも

記事を読む

がんの症状が出るまでの期間とは

がんはがん細胞発生と同時に症状が起こると思っている人もいるのではないでしょうか? このことに関

記事を読む

がんの種類と主な転移先

すでにご存知の方は多いでしょうが、ひとくちにがんといっても数多くの種類が存在します。 がんを発

記事を読む

no image

膀胱がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膀胱がんとは 膀胱がん(ぼうこうがん)とは、膀胱の粘膜に発生するがん、いわゆる悪性腫瘍(あくせいし

記事を読む

甲状腺髄様がんを詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺髄様がん(こうじょうせんずいようがん)とは、甲状腺がんの一種であり、この部位のがん全体

記事を読む

甲状腺がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

甲状腺がんとは 甲状腺がん(こうじょうせんがん)とは、甲状腺ホルモンを分泌する器官である甲状腺

記事を読む

胆のう・胆管がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

肝臓で分泌された消化酵素の胆汁が十二指腸まで流れる経路のことを胆道といい、胆道には袋状の形をした

記事を読む

乳がんを詳細に:原因,症状,治療,予防,術後など

乳がんとは 乳がんは女性に多い癌とされ、とくに西欧人女性は8~10人に1人の割合で乳がんになる

記事を読む

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。

記事を読む

がん(悪性腫瘍)と良性腫瘍の違いとは?

腫瘍(しゅよう)と呼ばれているものはすべてがんと思っている人は少なくありません。 しかしながら

記事を読む

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

カンジダ性食道炎(食道モリニア症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

カンジダ性食道炎(食道モリニア症)とは カンジダ性食道炎(かんじだせいしょくどうえん

→もっと見る

PAGE TOP ↑