*

宿便の嘘:宿便と滞留便の違いとは

公開日: : 最終更新日:2015/05/26 腸の病気


宿便とは、排出されることなく腸内に留まり続けている状態の便のことをいいます。

またの名を滞留便といいますが、どちらかというと滞留便のほうが正式名称といえます。

というのも、滞留便は医学用語として存在しますが、宿便は異なるからです。

健康分野や美容分野などで宿便という言葉がよく使用されていることから、こちらのほうが一般に浸透しているのでしょう。

なお、この宿便に関してはデマが出回っているということをご存知でしょうか。

たとえば腸壁に膠着し、放置すると排出されることなく血液の質を悪くし、さまざまな病気を招くという話があります。

これは真っ赤な嘘であり、腸粘膜の細胞は日々生まれ変わるため、膠着状態になるということなどあり得ません。

しかしながら、便秘が原因となり便が渋滞しているような状態になるということはあります。

宿便が排出されない状態だと、腸内に悪玉菌が増殖する原因となります。

ガスが発生し、便やおならの悪臭や、口臭のニオイも悪くなります。

また、悪玉菌は有害物質を作り出し、その中には発がん性物質など恐ろしいものも含まれています。

がんだけでなくさまざまな病気の原因になるといわれていますので、宿便をなくし悪玉菌を撃退しましょう。

具体的に何をすれば良いのかといいますと、栄養成分として十分な量の食物繊維を摂ることをおすすめします。

食物繊維には排便を促す効果を期待することができるからです。

また、善玉菌増殖に繋がるといわれていますので、宿便の排出と同時に善玉菌優位の環境づくりにも役立つでしょう。

それから、水分が足りていないと便が排出されにくくなるといわれていますので、水分補給もしっかりと行いたいところです。

なお、宿便を出すことを目的に便秘薬や下剤を使用する人がいますが、これはあまりおすすめしません。

使い続けることにより体が薬に慣れてしまい、効果が出なくなるからです。

薬に頼ることなく排便するよう、生活習慣などの見直しにより対策を行いましょう。

関連記事

腹膜偽性粘液腫の原因・症状・治療などのまとめ

腹膜偽性粘液腫(ふくまくぎせいねんえきしゅ)とは腹膜仮性粘液腫(ふくまくかせいねんえきしゅ)とも

記事を読む

腹壁瘢痕ヘルニアの原因・症状・治療などのまとめ

腹壁瘢痕ヘルニア(ふくへきはんこんへるにあ)とは、腹壁に負った傷が回復したあと、その傷跡から

記事を読む

急性虫垂炎/盲腸炎の原因・症状・治療などのまとめ

急性虫垂炎(盲腸)とは 急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)は、一般には盲腸(もうちょう)と

記事を読む

潰瘍性大腸炎の原因・症状・治療などを詳しく

潰瘍性大腸炎は、国から難病指定されている病気です。 原因もわからず、根本的な治療法もわからない

記事を読む

腸内細菌:善玉菌の働きと悪玉菌の嫌~な働き

腸内細菌とは 人間の腸内には数百種類の細菌が生息しており、数は数百兆個以上にのぼるといわれてい

記事を読む

過敏性腸症候群の原因・症状・治療などのまとめ

過敏性腸症候群とは 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)とは、医療機関での検査で炎

記事を読む

腸年齢の老化防止は細菌バランスが決めて!

私達人間の腸内には、無数といえるほど多くの菌が生息しています。 この菌の状態により、腸年齢

記事を読む

腸に良い事とは?腸を健康に保つ為に。

夜12時までに寝る 人間が健康に過ごすための条件として「早寝」「早起き」「朝ご飯」を満たすこと

記事を読む

直腸ポリープの原因・症状・治療などのまとめ

直腸ポリープ(ちょくちょうぽりーぷ)とは、直腸の粘膜上皮にこぶ状の盛り上がりが発生する病気のこと

記事を読む

腸管癒着症の原因・症状・治療などのまとめ

腸管癒着症(ちょうかんゆちゃくしょう)とは、腸の癒着が原因となって複数の問題が引き起こされる病気

記事を読む

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

かぜ(急性上気道炎)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

かぜ(急性上気道炎)とは かぜと急性上気道炎(きゅうせいじょうきどうえん)は同じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑