*

吸収不良症候群の原因・症状・治療などのまとめ

公開日: : 腸の病気


吸収不良症候群(きゅうしゅうふりょうしょうこうぐん)とは、栄養の吸収が正常におこなわれなくなり、栄養障害を来す病気のことをいいます。
原発性(げんぱつせい)吸収不良症候群と、続発性(ぞくはつせい)吸収不良症候群の2種類に大きくわけられます。
なお、国内においては続発性吸収不良症候群の割合が高くなっているのが特徴です。
また、この病気で栄養状態が悪くなる場合、消化が上手く行われないために吸収も正常に行えないケース、消化は上手く行えているものの吸収が正常に行えないケースがあります。
消化が行えていないケースでは、消化液の分泌不全が引き金となっている疑いがあります。
消化は行えているものの吸収が上手くいっていないケースでは、小腸と呼ばれる消化の役割を担っている場所に異常が起きていることが引き金になっている疑いがあるでしょう。

原因

原発性吸収不良症候群の原因は、栄養の吸収がおこなわれる過程そのものに障害があり、腸上皮(ちょうじょうひ)における膜消化(まくしょうか)が正常におこなわれないために引き起こされます。
関連する病気としてはセリアック・スプルーと乳糖不耐症が挙げられます。
セリアック・スプルーでは国内では非常に稀なものであり、グルテンが関係した粘膜障害が原因となって吸収障害が起こります。
乳糖不耐症はラクターゼの先天性欠損症であり、乳糖の分解が不完全なまま腸管の中にとどまり、吸収障害を引き起こすのが特徴です。
続発性吸収不良症候群の場合ですが、腸切除術や炎症、腫瘍が原因となって腸粘膜がおかされるケース、肝臓の病気、すい臓の病気、胆道の病気が原因で胆汁(たんじゅう)や膵液(すいえき)の分泌に異常が起こるケース、門脈(もんみゃく)やリンパ管といった栄養の吸収ルートに異常が起こるケースなど、さまざまなことが原因で起こります。

症状

吸収不良症候群は発症すると、消化吸収障害が原因となって引き起こされる症状や、栄養の欠乏が原因となって引き起こされる症状が認められます。
前者の場合、お腹を下したり、脂肪便が出たり、腹部の膨満感といった症状があらわれます。
後者の場合は体重低下、むくみ、口内炎、腹水(ふくすい)、貧血、皮下出血、手足のしびれ、骨軟化症、成長障害、眼症状、末梢神経炎(まっしょうしんけいえん)、無月経といった具合にさまざまな症状が引き起こされるのが特徴です。

検査と診断

吸収不良症候群であるかどうか調べるためにはまず、血液検査、糞便検査がおこなわれます。
血液検査がおこなわれると、血液に含まれるヘモグロビン、たんぱく質、アルブミン、コレステロール、カルシウムは全て低下を示します。
そして糞便検査を実施した場合には、脂肪便があることがわかります。
それから、消化吸収機能検査もおこなわれ、これによって障害のあるところや障害の度合いが確認されます。
そのほか、原因となっている病気であったり、患部の調査をおこなうために腹部超音波、CT、小腸X線、十二指腸内視鏡、生検といった検査もおこなわれます。

治療の方法

消化不良症候群の治療方法に関してですが、患者の状態により選択される方法は異なります。
比較的状態が軽い人に対しては、食事療法が選択されるのが一般的です。
高たんぱく、低脂肪、低線維質の食事コントロールをおこなうほか、消化酵素を取り入れる形になります。
これに対し、状態が悪い場合には、口からか経鼻チューブを通じて半消化態栄養剤か成分栄養剤を取り入れる経腸栄養法が選択されることがあります。
経腸栄養法が選択されない場合には、完全静脈栄養法という治療が選択される形になり、低栄養状態を脱する方法を試みます。
そのほか、吸収不良症候群の原因疾患がある場合には、診断を確定してその病気の治療がおこなわれる運びとなります。
ただし、劇的な回復が見込める治療方法が確立されていない原因疾患もあります。

関連記事

直腸ポリープの原因・症状・治療などのまとめ

直腸ポリープ(ちょくちょうぽりーぷ)とは、直腸の粘膜上皮にこぶ状の盛り上がりが発生する病気のこと

記事を読む

クローン病を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

人間は摂取したものを消化し、栄養を吸収することによって、生命維持に欠かせないエネルギーを確保

記事を読む

過敏性腸症候群の原因・症状・治療などのまとめ

過敏性腸症候群とは 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)とは、医療機関での検査で炎

記事を読む

腸管癒着症の原因・症状・治療などのまとめ

腸管癒着症(ちょうかんゆちゃくしょう)とは、腸の癒着が原因となって複数の問題が引き起こされる病気

記事を読む

急性虫垂炎/盲腸炎の原因・症状・治療などのまとめ

急性虫垂炎(盲腸)とは 急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)は、一般には盲腸(もうちょう)と

記事を読む

腸年齢の老化防止は細菌バランスが決めて!

私達人間の腸内には、無数といえるほど多くの菌が生息しています。 この菌の状態により、腸年齢

記事を読む

直腸瘤(直腸膣壁弛緩症)の原因・症状・治療などのまとめ

直腸瘤(直腸膣壁弛緩症)【ちょくちょうりゅうちょくちょうちつへきしかんしょう】とは、直腸前壁

記事を読む

直腸粘膜脱症候群の原因・症状・治療などのまとめ

直腸粘膜脱症候群(ちょくちょうねんまくだつしょうこうぐん)とは、直腸の粘膜が外にとび出してしまう

記事を読む

たんぱく漏出性胃腸症の原因・症状・治療などのまとめ

たんぱく漏出性胃腸症(たんぱくろうしゅつせいいちょうしょう)とは、血液の中に含まれるたんぱく質の

記事を読む

ダグラス窩膿瘍の原因・症状・治療などのまとめ

ダグラス窩膿瘍(だぐらすかのうよう)とは、ダグラス窩に膿(うみ)が蓄積される病気のことをいいます

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑