*

虚血性腸病変の原因・症状・治療などのまとめ

公開日: : 腸の病気


虚血性腸病変(きょけつせいちょうびょうへん)とは腸の病気のことであり、主なものに虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん)、急性腸間膜動脈閉塞症(きゅうせいちょうかんまくどうみゃくへいそくしょう)、慢性腸間膜動脈閉塞症(まんせいちょうかんまくどうみゃくへいそくしょう)があります。
これらの病気は、原因となるものが引き金となって小腸や大腸に存在する血管に流れる血液量が減少し、腸管壁へと酸素が届けられることが阻害された結果、いろいろな症状が引き起こされてしまうのが特徴です。
虚血性大腸炎とは、大腸への血流が悪化し酵素や栄養素が吸収されなくなり、大腸粘膜が血液不足状態に陥り、炎症を生じて潰瘍ができる病気です。
急性腸間膜動脈閉塞症とは、腸間膜動脈が血栓などにより塞がれてしまう病気であり、腹膜炎(ふくまくえん)による腸管の壊死が起こり、早急に適切な処置を施さなければ命を落とす危険性があります。
慢性腸間膜動脈閉塞症とは、徐々に腸の血液の流れが悪くなっていき、腸周辺にさまざまな症状が引き起こされる病気のことをいいます。

原因

虚血性腸病変は病気の種類により原因が異なります。
虚血性大腸炎の原因は動脈硬化症に便秘などが加わり、腸管の内圧が上昇するなどして大腸へと栄養などを供給する血管の血流が悪くなることです。
糖尿病などの病気があると引き起こされるリスクが増大します。
急性腸間膜動脈閉塞症の原因に関しては、血栓症や塞栓(そくせん)症を挙げることができます。
慢性腸間膜動脈閉塞症の原因ですが、病気や薬剤によって引き起こされます。
病気としては糖尿病、高血圧、動脈硬化症、心疾患、心不全などがあり、薬剤としては心不全薬、血圧降下剤、経口避妊薬などがあります。

症状

原因と同様に、虚血性腸病変は病気の種類によって違った症状が引き起こされるのが特徴です。
虚血性大腸炎の場合には、突如として起こるお腹の痛み、下痢、鮮血便といった症状が引き起こされます。
急性腸間膜動脈閉塞症の症状としては、まずは強烈なお腹の痛みが起こり、時間が経過するとお腹に触れた際の痛みを感じます。
さらに時間が過ぎると腹部膨満感、嘔吐、発熱、脱水、血便といった症状が引き起こされます。
急性腸間膜動脈閉塞症の病状はどんどん悪化し、何時間か経過するとショック状態になります。
慢性腸間膜動脈閉塞症で引き起こされる症状ですが、下腹部に痛みを感じますが、痛みによって下痢や便秘の症状もあらわれます。
そのほかにも血便の症状が引き起こされることもあり、ひどくなるとお腹の痛みが増すほか、悪心や嘔吐、発熱の症状もあらわれるようになり、ショック状態に陥る危険性もあります。

検査と診断

虚血性大腸炎の検査方法としては、血液検査、超音波検査、CT検査、注腸レントゲン検査がおこなわれるほか、診断のために内視鏡検査がおこなわれます。
急性腸間膜動脈閉塞症を調べる場合には、血液造影検査やCT検査、超音波検査がおこなわれ、診断をすることになるでしょう。
慢性腸間膜動脈閉塞症の検査は注腸造影検査が主におこなわれ、診断をする形になります。

治療の方法

虚血性腸病変のうち、虚血性大腸炎の場合には安静、絶食、輸液をおこないながら抗生物質を使った治療がおこなわれます。
また、お腹の痛みの症状に対しては鎮痛剤や鎮痙薬(ちんけいやく)が使われることになります。
もしも大腸炎による大腸の狭窄がひどくなるようであれば、手術療法が選択されることになるでしょう。
急性腸間膜動脈閉塞症の治療方法としては、発症して間もない場合には血栓の中に線溶剤の注入をおこない、血液の流れを改善します。
発症後時間が経っている場合には、開腹手術により閉塞や壊死が起こっているところの切除をおこなうと共に、血栓や塞栓を取り除く治療やバイパス術による治療がおこなわれます。
慢性腸間膜動脈閉塞症の治療については、血行再建術と呼ばれる方法が優先的におこなわれます。

関連記事

腸内細菌:善玉菌の働きと悪玉菌の嫌~な働き

腸内細菌とは 人間の腸内には数百種類の細菌が生息しており、数は数百兆個以上にのぼるといわれてい

記事を読む

慢性・感染性・非感染性腸炎の原因・症状・治療などのまとめ

慢性・感染性・非感染性腸炎(まんせい・かんせんせい・ひかんせんせいちょうえん)とは腸の病気のこと

記事を読む

過敏性腸症候群の原因・症状・治療などのまとめ

過敏性腸症候群とは 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)とは、医療機関での検査で炎

記事を読む

腹膜偽性粘液腫の原因・症状・治療などのまとめ

腹膜偽性粘液腫(ふくまくぎせいねんえきしゅ)とは腹膜仮性粘液腫(ふくまくかせいねんえきしゅ)とも

記事を読む

腸年齢の老化防止は細菌バランスが決めて!

私達人間の腸内には、無数といえるほど多くの菌が生息しています。 この菌の状態により、腸年齢

記事を読む

直腸瘤(直腸膣壁弛緩症)の原因・症状・治療などのまとめ

直腸瘤(直腸膣壁弛緩症)【ちょくちょうりゅうちょくちょうちつへきしかんしょう】とは、直腸前壁

記事を読む

直腸ポリープの原因・症状・治療などのまとめ

直腸ポリープ(ちょくちょうぽりーぷ)とは、直腸の粘膜上皮にこぶ状の盛り上がりが発生する病気のこと

記事を読む

腸に良い事とは?腸を健康に保つ為に。

夜12時までに寝る 人間が健康に過ごすための条件として「早寝」「早起き」「朝ご飯」を満たすこと

記事を読む

吸収不良症候群の原因・症状・治療などのまとめ

吸収不良症候群(きゅうしゅうふりょうしょうこうぐん)とは、栄養の吸収が正常におこなわれなくなり、

記事を読む

大腸憩室症の原因・症状・治療などのまとめ

大腸憩室症(だいちょうけいしつしょう)とは、大腸粘膜の一部が腸壁の外側へと突出し、袋状になった大

記事を読む

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑