*

腸管癒着症の原因・症状・治療などのまとめ

公開日: : 腸の病気


腸管癒着症(ちょうかんゆちゃくしょう)とは、腸の癒着が原因となって複数の問題が引き起こされる病気のことをいいます。
癒着が起こるのは腸管同士、腸管と腹膜(ふくまく)、腸管と大網(たいもう)であり、腸の運動障害や通過障害が発生し、お腹の痛みなどが引き起こされます。
腸管癒着症は漿膜(しょうまく)と呼ばれる腸管の最も外側を包んでいるところが損傷を受け、そのあと回復していく中で引き起こされます。
この損傷は開腹手術が主な原因となり、大なり小なり癒着することは避けられません。
なお、腸管癒着症はひどいものだと腸閉塞(ちょうへいそく)を招いてしまうリスクがあります。

原因

お腹を切り開く手術をおこなうと、多少なりとも癒着が起こってしまいますが、虫垂炎(ちゅうすいえん)、胃・十二指腸潰瘍(い・じゅうにしちょうかいよう)の開腹手術で起こる割合が高いです。
また、開腹手術以外でも腸管癒着症になるケースがあり、虫垂炎を抗生物質で治療した際、虫垂のまわりに癒着が起こります。
そのほか、胆のうのまわりにも癒着が起こることがあり、この場合の原因は胆のう炎や胆石発作であるといわれています。

症状

腸管癒着症になった場合、代表的な症状としてはお腹の痛みを挙げることができます。
これ以外では吐き気がしたり、食欲がわかなくなったりもします。
さらにお腹が張っている感じや不快な感じを訴えることもあるのです。
そのほか、眠れない、不安な感覚に陥る、全身がだるいといった症状が引き起こされるケースもあります。
消化器系の症状だけでなく、精神的な症状もあるため、心療内科での治療と消化器外科での治療を並行することも少なくありません。
また、精神的な影響がある場合には、癒着がひどくないのに症状を強く感じる人がいます。
なお、急激に症状がひどくなった場合には、腸閉塞になっている疑いがあるでしょう。

検査と診断

どういった症状が引き起こされているのか、自覚しているものを基に診断がおこなわれます。
それから、どれぐらい癒着が起こっているのか、どこが癒着しているのかは、CT検査や超音波検査での確認は非常に困難です。
お腹を切り開いてみなければわからないこともありますが、基本的にそこまですることはないでしょう。
これを調べるためには、腹腔鏡(ふくくうきょう)を使っての検査方法がおこなわれます。
これにより腹腔の中を直接見ることにより、腸管癒着症が起こっているかどうかの診断をおこなうのです。
また、注腸X線検査をおこなうことにより、腸管の走行異常や折れ曲がっていることが確認された場合、診断がつくケースもあります。
そのほか、腸管癒着症で起こるお腹の痛みや不快感は、胃や大腸のがんなど深刻な病気の場合でも引き起こされます。
そのため、こうした病気と腸管癒着症を区別するための検査をしなくてはいけないケースもあるのです。

治療の方法

腸管癒着症は、腸閉塞を招いた場合は手術が優先されますが、それ以外の場合ではただちに手術がおこなわれることは基本的にありません。
なにをするのかといいますと、絶食による輸液をするか、低残渣(ざんさ)食にすることにより、腸の通過障害の解決を目指します。
そのほか、腸管癒着症では便秘に警戒しなければならず、引き起こした場合に症状がひどければ薬を使った治療が選択されます。
この場合に用いられる薬としては緩下(かんげ)薬、消化薬、漢方薬といったものが挙げられます。
また、体を適度に動かすことなども、症状を悪化させないためには大切といえるでしょう。
なお、手術に慎重になることには理由があり、腸管癒着症の癒着を解消する手術をほどこすと、再発するリスクがあるからです。
再発のたびに手術をおこない、腸管癒着症を繰り返すという悪循環に陥ることを防止するため、最初に選択しないのです。

関連記事

急性虫垂炎/盲腸炎の原因・症状・治療などのまとめ

急性虫垂炎(盲腸)とは 急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)は、一般には盲腸(もうちょう)と

記事を読む

潰瘍性大腸炎の原因・症状・治療などを詳しく

潰瘍性大腸炎は、国から難病指定されている病気です。 原因もわからず、根本的な治療法もわからない

記事を読む

腹壁瘢痕ヘルニアの原因・症状・治療などのまとめ

腹壁瘢痕ヘルニア(ふくへきはんこんへるにあ)とは、腹壁に負った傷が回復したあと、その傷跡から

記事を読む

クローン病を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

人間は摂取したものを消化し、栄養を吸収することによって、生命維持に欠かせないエネルギーを確保

記事を読む

慢性・感染性・非感染性腸炎の原因・症状・治療などのまとめ

慢性・感染性・非感染性腸炎(まんせい・かんせんせい・ひかんせんせいちょうえん)とは腸の病気のこと

記事を読む

大腸憩室症の原因・症状・治療などのまとめ

大腸憩室症(だいちょうけいしつしょう)とは、大腸粘膜の一部が腸壁の外側へと突出し、袋状になった大

記事を読む

たんぱく漏出性胃腸症の原因・症状・治療などのまとめ

たんぱく漏出性胃腸症(たんぱくろうしゅつせいいちょうしょう)とは、血液の中に含まれるたんぱく質の

記事を読む

直腸ポリープの原因・症状・治療などのまとめ

直腸ポリープ(ちょくちょうぽりーぷ)とは、直腸の粘膜上皮にこぶ状の盛り上がりが発生する病気のこと

記事を読む

腹膜偽性粘液腫の原因・症状・治療などのまとめ

腹膜偽性粘液腫(ふくまくぎせいねんえきしゅ)とは腹膜仮性粘液腫(ふくまくかせいねんえきしゅ)とも

記事を読む

腸閉塞(イレウス)の原因・症状・治療などのまとめ

腸閉塞(イレウス)【ちょうへいそくいれうす】とは、なんらかの原因により腸管が塞がった状態に陥り、

記事を読む

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

咽後膿瘍を詳しく:原因・症状・検査・治療など

咽後膿瘍とは 咽後膿瘍(いんごのうよう)とは、ノドのつきあたり部分のリンパ節に細菌な

→もっと見る

PAGE TOP ↑