*

腸管癒着症の原因・症状・治療などのまとめ

公開日: : 腸の病気


腸管癒着症(ちょうかんゆちゃくしょう)とは、腸の癒着が原因となって複数の問題が引き起こされる病気のことをいいます。
癒着が起こるのは腸管同士、腸管と腹膜(ふくまく)、腸管と大網(たいもう)であり、腸の運動障害や通過障害が発生し、お腹の痛みなどが引き起こされます。
腸管癒着症は漿膜(しょうまく)と呼ばれる腸管の最も外側を包んでいるところが損傷を受け、そのあと回復していく中で引き起こされます。
この損傷は開腹手術が主な原因となり、大なり小なり癒着することは避けられません。
なお、腸管癒着症はひどいものだと腸閉塞(ちょうへいそく)を招いてしまうリスクがあります。

原因

お腹を切り開く手術をおこなうと、多少なりとも癒着が起こってしまいますが、虫垂炎(ちゅうすいえん)、胃・十二指腸潰瘍(い・じゅうにしちょうかいよう)の開腹手術で起こる割合が高いです。
また、開腹手術以外でも腸管癒着症になるケースがあり、虫垂炎を抗生物質で治療した際、虫垂のまわりに癒着が起こります。
そのほか、胆のうのまわりにも癒着が起こることがあり、この場合の原因は胆のう炎や胆石発作であるといわれています。

症状

腸管癒着症になった場合、代表的な症状としてはお腹の痛みを挙げることができます。
これ以外では吐き気がしたり、食欲がわかなくなったりもします。
さらにお腹が張っている感じや不快な感じを訴えることもあるのです。
そのほか、眠れない、不安な感覚に陥る、全身がだるいといった症状が引き起こされるケースもあります。
消化器系の症状だけでなく、精神的な症状もあるため、心療内科での治療と消化器外科での治療を並行することも少なくありません。
また、精神的な影響がある場合には、癒着がひどくないのに症状を強く感じる人がいます。
なお、急激に症状がひどくなった場合には、腸閉塞になっている疑いがあるでしょう。

検査と診断

どういった症状が引き起こされているのか、自覚しているものを基に診断がおこなわれます。
それから、どれぐらい癒着が起こっているのか、どこが癒着しているのかは、CT検査や超音波検査での確認は非常に困難です。
お腹を切り開いてみなければわからないこともありますが、基本的にそこまですることはないでしょう。
これを調べるためには、腹腔鏡(ふくくうきょう)を使っての検査方法がおこなわれます。
これにより腹腔の中を直接見ることにより、腸管癒着症が起こっているかどうかの診断をおこなうのです。
また、注腸X線検査をおこなうことにより、腸管の走行異常や折れ曲がっていることが確認された場合、診断がつくケースもあります。
そのほか、腸管癒着症で起こるお腹の痛みや不快感は、胃や大腸のがんなど深刻な病気の場合でも引き起こされます。
そのため、こうした病気と腸管癒着症を区別するための検査をしなくてはいけないケースもあるのです。

治療の方法

腸管癒着症は、腸閉塞を招いた場合は手術が優先されますが、それ以外の場合ではただちに手術がおこなわれることは基本的にありません。
なにをするのかといいますと、絶食による輸液をするか、低残渣(ざんさ)食にすることにより、腸の通過障害の解決を目指します。
そのほか、腸管癒着症では便秘に警戒しなければならず、引き起こした場合に症状がひどければ薬を使った治療が選択されます。
この場合に用いられる薬としては緩下(かんげ)薬、消化薬、漢方薬といったものが挙げられます。
また、体を適度に動かすことなども、症状を悪化させないためには大切といえるでしょう。
なお、手術に慎重になることには理由があり、腸管癒着症の癒着を解消する手術をほどこすと、再発するリスクがあるからです。
再発のたびに手術をおこない、腸管癒着症を繰り返すという悪循環に陥ることを防止するため、最初に選択しないのです。

関連記事

虚血性腸病変の原因・症状・治療などのまとめ

虚血性腸病変(きょけつせいちょうびょうへん)とは腸の病気のことであり、主なものに虚血性大腸炎(き

記事を読む

腸内細菌:善玉菌の働きと悪玉菌の嫌~な働き

腸内細菌とは 人間の腸内には数百種類の細菌が生息しており、数は数百兆個以上にのぼるといわれてい

記事を読む

腸に良い事とは?腸を健康に保つ為に。

夜12時までに寝る 人間が健康に過ごすための条件として「早寝」「早起き」「朝ご飯」を満たすこと

記事を読む

直腸粘膜脱症候群の原因・症状・治療などのまとめ

直腸粘膜脱症候群(ちょくちょうねんまくだつしょうこうぐん)とは、直腸の粘膜が外にとび出してしまう

記事を読む

過敏性腸症候群の原因・症状・治療などのまとめ

過敏性腸症候群とは 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)とは、医療機関での検査で炎

記事を読む

腹壁瘢痕ヘルニアの原因・症状・治療などのまとめ

腹壁瘢痕ヘルニア(ふくへきはんこんへるにあ)とは、腹壁に負った傷が回復したあと、その傷跡から

記事を読む

大腸ポリープの原因,症状,検査,治療などのまとめ

ポリープとは、体内にできるイボのような突起物の総称です。 大腸ポリープはその名のとおり、大

記事を読む

腸年齢の老化防止は細菌バランスが決めて!

私達人間の腸内には、無数といえるほど多くの菌が生息しています。 この菌の状態により、腸年齢

記事を読む

十二指腸潰瘍の原因・症状・検査・治療法

十二指腸潰瘍はストレスで胃酸と粘液のバランスが崩れることで起こることが多く、胃酸が胃や十二指腸の

記事を読む

直腸瘤(直腸膣壁弛緩症)の原因・症状・治療などのまとめ

直腸瘤(直腸膣壁弛緩症)【ちょくちょうりゅうちょくちょうちつへきしかんしょう】とは、直腸前壁

記事を読む

乳幼児痔瘻を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳幼児痔瘻とは お尻の穴である肛門(こうもん)の周囲に膿がたまる病気のことを、肛門周

no image
膵臓がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

膵臓がんとは 膵臓がん(すいぞうがん)とは、膵液(すいえき)という消化液を作り出す臓器で

鼻涙管閉塞を詳しく:原因・症状・検査・治療など

鼻涙管閉塞とは 上まぶたにある涙腺(るいせん)より、涙は分泌されています。 涙は眼

no image
自己免疫疾患について

『自己免疫疾患』とは、本来なら身体の外部から侵入してきた異物を排除するための免疫系

胆道閉鎖症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

胆道閉鎖症とは 肝臓(かんぞう)では、黄褐色をしたアルカリ性の液体である胆汁(たんじ

→もっと見る

PAGE TOP ↑