*

腸閉塞(イレウス)の原因・症状・治療などのまとめ

公開日: : 腸の病気


腸閉塞(イレウス)【ちょうへいそくいれうす】とは、なんらかの原因により腸管が塞がった状態に陥り、通過障害を引き起こす病気のことをいいます。
通過障害が引き起こされると食べ物や消化液といった内容物がとどこおってしまい、腸が詰まってしまいます。
腸が詰まるのに伴って腸が拡張・膨張することにより痛みが出るほか、肛門へと移動することができなくなった腸内容が逆流することで、嘔吐(おうと)することもあります。
こうした現象が起こりお腹の痛み、悪心(おしん)、嘔吐の症状があらわれるのが腸閉塞(イレウス)の主な特徴といえるでしょう。
また、腸閉塞(イレウス)になると食事を摂ることが不可能になり、水分や栄養の吸収が腸でおこなわれず、内容物を吐くことにより消化液がなくなります。
このことにより、最悪の場合は腸が壊死(えし)してしまい、腹膜炎(ふくまくえん)を招いて命を落としてしまう危険性があるのです。

原因

腸閉塞(イレウス)には機械性と機能性に大きくわけることができます。
機械性のものは、腫瘍(しゅよう)や腸管の中の異物が発生することにより閉塞が起こり、腸の通過障害になるのが特徴です。
そのほか、腸同士の癒着やねじれあうことによっても、腸内容物の通過障害が引き起こされます。
なお、機械性の腸閉塞(イレウス)は血行障害の有無により2種類にわけられます。
血行障害がないものは単純性腸閉塞といい、あるものは複雑性腸閉塞といいます。
次に機能性のものですが、これは腸を司っている神経がおかされることで、運動障害が発生してしまうことが原因です。
腸が正常に運動しなくなることで内容物がとどこおってしまい、溜め込まれてしまい腸閉塞になるのです。
なお、機械性のものと機能性のものとでは前者が圧倒的に多く、さらにその中でも単純性の腸閉塞の割合が高くなっているのが特徴です。

症状

腸閉塞(イレウス)を発症すると、お腹の痛み、腹部膨満(ぼうまん)感、嘔吐、便秘のほか、ガスが排出されなくなります。
お腹の痛みは疝痛(せんつう)といって、かなり強く出たあと若干緩和され、また強く痛むといった症状を反復するのが特徴です。
嘔吐の症状により吐き出したものは、ひどくなる前だと胃液や胆汁なのですが、悪化すると腸の内容物が逆流し、吐き出すことになります。
これは吐糞症(とふんしょう)といって色や臭いが便そのものになるのが特徴です。
そのほか、複雑性のものの場合、前述した症状のほかにも熱が上がったり、尿の量が少なくなるほか、脱水状態に陥ったり頻脈(ひんみゃく)も引き起こされます。

検査と診断

腸閉塞(イレウス)かどうかを診断するためには、腹部単純X線検査をおこないます。
この検査により拡張した状態の腸を確認し、結果として腸内ガス像、反射像がみとめられた場合、腸閉塞(イレウス)と診断が下されることになるでしょう。
なお、閉塞は大腸に起こることもあり、この場合では小腸と共に大腸まで拡張してしまうのが特徴です。
大腸が塞がってしまう原因としては、腸閉塞(イレウス)ではなく大腸がんであるケースも珍しくありませんので、この病気と区別する必要があります。
大腸がんとの区別は注腸X線検査によりはっきりとさせるのが一般的です。

治療の方法

腸閉塞(イレウス)の治療方法は、機械性の場合と機能性の場合とで異なります。
まず、機械性の場合の治療方法に関してですが、腫瘍、腸内の異物、腸の圧迫やねじれを解消するため、手術療法が選択されます。
手術は早期におこなうことが肝心で、早く適切な処置をほどこさなければ血流障害による腸の壊死を招いてしまうリスクが増大します。
次に機能性の場合の治療方法ですが、腸の運動を促す薬物の投与をおこなったり、浣腸(かんちょう)などすることで排便を促す治療方法がおこなわれます。

関連記事

難治性下痢症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

難治性下痢症とは(概要) 難治性下痢症とは「なんちせいげりしょう」と読み、主に生まれて間も

記事を読む

直腸ポリープの原因・症状・治療などのまとめ

直腸ポリープ(ちょくちょうぽりーぷ)とは、直腸の粘膜上皮にこぶ状の盛り上がりが発生する病気のこと

記事を読む

ダグラス窩膿瘍の原因・症状・治療などのまとめ

ダグラス窩膿瘍(だぐらすかのうよう)とは、ダグラス窩に膿(うみ)が蓄積される病気のことをいいます

記事を読む

大腸ポリープの原因,症状,検査,治療などのまとめ

ポリープとは、体内にできるイボのような突起物の総称です。 大腸ポリープはその名のとおり、大

記事を読む

直腸脱の原因・症状・治療などのまとめ

直腸脱とは 直腸脱(ちょくちょうだつ)とは、お尻の穴のことをさす肛門(こうもん)より、直腸

記事を読む

宿便の嘘:宿便と滞留便の違いとは

宿便とは、排出されることなく腸内に留まり続けている状態の便のことをいいます。 またの名を滞

記事を読む

腸内環境が良い、悪いというのはどんな状態?

腸内環境が良い、悪いという話がありますが、まず腸内とはどこを指しているのかと疑問に感じている人も

記事を読む

吸収不良症候群の原因・症状・治療などのまとめ

吸収不良症候群(きゅうしゅうふりょうしょうこうぐん)とは、栄養の吸収が正常におこなわれなくなり、

記事を読む

虚血性腸病変の原因・症状・治療などのまとめ

虚血性腸病変(きょけつせいちょうびょうへん)とは腸の病気のことであり、主なものに虚血性大腸炎(き

記事を読む

腸内細菌:善玉菌の働きと悪玉菌の嫌~な働き

腸内細菌とは 人間の腸内には数百種類の細菌が生息しており、数は数百兆個以上にのぼるといわれてい

記事を読む

びまん性汎細気管支炎(DPB)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

びまん性汎細気管支炎(DPB)とは びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきか

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

→もっと見る

PAGE TOP ↑