*

大腸憩室症の原因・症状・治療などのまとめ

公開日: : 腸の病気


大腸憩室症(だいちょうけいしつしょう)とは、大腸粘膜の一部が腸壁の外側へと突出し、袋状になった大腸憩室が多く発生する病気のことをいいます。
過去には国内での患者は多くありませんでしたが、いまはかなり多くの人に引き起こされるようになっています。
また、この大腸憩室症には先天性のものと後天性のものとがあり、患者の割合として高いのは後天性の大腸憩室症です。
後天性のものは仮性憩室と呼ばれますが、これは高齢者に多いというのが特徴です。

原因

大腸憩室症の原因としては、大腸の内圧が高まることが挙げられます。
食事で脂質や動物性たんぱく質を摂り過ぎ、食物繊維が不足するといういわゆる欧米化した食事が仇となり、内圧が高まりやすくなっています。
内圧が上昇すると、大腸壁の筋層の脆弱なところから粘膜が逸脱し、憩室が形成されることにつながるといわれています。
大腸の内圧上昇以外の原因としては、腸管壁が弱くなることが挙げられます。
年齢の高まりにより脆弱化してしまいますが、これが憩室形成の原因になってしまうというわけです。

症状

大腸憩室症は、これといった症状が引き起こされないまま進行していくことが少なくありません。
ですが、人によってはお腹を下したり、お通じが悪くなったり、お腹が痛い、張っているといった過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)に類似した症状があらわれるケースがあります。
また、大腸憩室症は、合併症を引き起こすことがあります。
主なものとしては憩室炎(けいしつえん)や憩室出血(けいしつしゅっけつ)を挙げることができます。
これにより引き起こされる症状は、お腹の激しい痛みや下痢、血便、熱が上がるといったものがあります。
なお、憩室炎に関しては憩室の中に便が蓄積されることが原因で引き起こされる大腸憩室症の合併症ですが、ひどくなると孔(あな)があく穿孔(せんこう)や狭窄(きょうさく)が起こります。
そうなると穿孔による腹膜炎(ふくまくえん)を発症したり、狭窄による腸閉塞へと発展するリスクが増大してしまうのです。
また、憩室炎の悪化により周りの内臓との瘻孔(ろうこう)ができてしまうケースもあります。

検査と診断

大腸憩室症であるかどうか調べるためには、注腸造影X線検査がおこなわれます。
これは造影剤の大腸への注入をおこない、X線撮影をするという検査方法です。
この検査により以上が認められれば、大腸憩室症と診断されることになります。
なお、合併症の憩室炎が引き起こされている場合には、診断をする前に合併症の回復を先に済ませます。
その上で内視鏡検査をしたり、X線検査をすることによって、大腸憩室症と診断を下すことになるのです。

治療の方法

大腸憩室症になっていたとしても、これといった症状が引き起こされていない場合には、特別な治療はおこなわれません。
症状がある場合、腸運動異常によるものが引き起こされている場合には、薬により改善を目指します。
また、憩室炎や憩室出血といった合併症が引き起こされているケースでは、入院をしなくてはいけません。
そうして絶食や輸液をおこないながら、抗生物質や止血剤、鎮痛剤を使った治療がおこなわれます。
出血量が多くなかなか止まらない場合には、血管造影検査や内視鏡検査がおこなわれた際に止血術がほどこされる形になるでしょう。
また、憩室炎が何度も再発する場合には、大腸が縮小して便などの通りが上手くいきにくくなるケースがありますが、お腹の張りやお通じが悪くなるといった症状に悩まされないようにするため、外科的療法により切除する手段が選択されるケースがあります。
それから、穿孔による腹膜炎や狭窄による腸閉塞が引き起こされている場合にも、手術による治療方法が選択されることになるでしょう。
前述した薬物療法などで効果がなかった場合にも、外科的な治療方法で回復させる手段がとられます。

関連記事

十二指腸潰瘍の原因・症状・検査・治療法

十二指腸潰瘍はストレスで胃酸と粘液のバランスが崩れることで起こることが多く、胃酸が胃や十二指腸の

記事を読む

たんぱく漏出性胃腸症の原因・症状・治療などのまとめ

たんぱく漏出性胃腸症(たんぱくろうしゅつせいいちょうしょう)とは、血液の中に含まれるたんぱく質の

記事を読む

クローン病を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

人間は摂取したものを消化し、栄養を吸収することによって、生命維持に欠かせないエネルギーを確保

記事を読む

腸閉塞(イレウス)の原因・症状・治療などのまとめ

腸閉塞(イレウス)【ちょうへいそくいれうす】とは、なんらかの原因により腸管が塞がった状態に陥り、

記事を読む

腸内細菌:善玉菌の働きと悪玉菌の嫌~な働き

腸内細菌とは 人間の腸内には数百種類の細菌が生息しており、数は数百兆個以上にのぼるといわれてい

記事を読む

腹膜偽性粘液腫の原因・症状・治療などのまとめ

腹膜偽性粘液腫(ふくまくぎせいねんえきしゅ)とは腹膜仮性粘液腫(ふくまくかせいねんえきしゅ)とも

記事を読む

過敏性腸症候群の原因・症状・治療などのまとめ

過敏性腸症候群とは 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)とは、医療機関での検査で炎

記事を読む

腸に良い事とは?腸を健康に保つ為に。

夜12時までに寝る 人間が健康に過ごすための条件として「早寝」「早起き」「朝ご飯」を満たすこと

記事を読む

吸収不良症候群の原因・症状・治療などのまとめ

吸収不良症候群(きゅうしゅうふりょうしょうこうぐん)とは、栄養の吸収が正常におこなわれなくなり、

記事を読む

直腸瘤(直腸膣壁弛緩症)の原因・症状・治療などのまとめ

直腸瘤(直腸膣壁弛緩症)【ちょくちょうりゅうちょくちょうちつへきしかんしょう】とは、直腸前壁

記事を読む

no image
食道がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

食道がん(しょくどうがん)とは、消化器官の一種である食道に形成される悪性腫瘍のこと

no image
期外収縮を詳細に:原因,症状,検査,治療など

期外収縮とは 期外収縮(きがいしゅうしゅく)は不整脈(ふせいみゃく)の一種

no image
副腎がんを詳細に:原因,症状,検査,治療,予後など

副腎(ふくじん)がんとは、副腎に発生する悪性腫瘍(しゅよう)のことです。 そ

薬疹を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

薬疹とは(概要) 薬疹(やくしん)とは皮膚の病気の一種であり、薬剤によって症状が

no image
副甲状腺機能低下症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

副甲状腺機能低下症とは 副甲状腺機能低下症(ふくこうじょうせんきのうていかし

→もっと見る

PAGE TOP ↑