*

予防接種は、インフルエンザや風疹・日本脳炎など感染性の病気の流行防止や症状の軽減などの重要な手段のひとつであり、日本においては国民の健康維持において多大なる貢献をしているものであります。
予防接種とは、主に何らかのワクチンを注射することを指します。
ワクチン開発のための薄めた病原体を体内に投入し、その病気に対する免疫をつけることで実際の病気に強くなるという仕組みです。
「一度かかると完治までに時間がかかる病気」「家族など身近な人へのへの感染リスクの高い病気」「流行しやすい、感染しやすい病気」「かかることで命に関わる感染病」に用いられます。
こちらでは予防接種やワクチンについての様々な情報をご紹介しています。
皆様の参考になれば幸いです。

「 予防接種・ワクチン 」 一覧

定期接種と任意接種とは

予防接種の種類にはおおまかにわけて「定期接種」と「任意接種」があります。 これら2つはわけられているものの、実際の感染症による危険度から見ればどちらも重要

続きを見る

予防接種(ワクチン)の種類と特徴

予防接種のワクチンにはさまざまな種類と特徴があります。 どのようなワクチンがあり、どのような特徴があるかを知っておくことは病気の予防の意味でも無駄ではあり

続きを見る

なぜ予防接種を受けるの?

予防接種はなぜ受けることが推奨されているのでしょうか。 感染症には、かかった人の年齢や体力、免疫力などが原因で症状が重くなったり、治ったあとも後遺症が続い

続きを見る

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

ウェーバー・クリスチャン病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウェーバー・クリスチャン病とは ウェーバー・クリスチャン病(うぇーばーくりすちゃんび

→もっと見る

PAGE TOP ↑