*

耳はどういった働きをしているのでしょうか。1つは、人間の五感と言われる視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の中の聴覚の役目を果たしています。
これは、外から耳に入ってきた空気の振動により外耳の奥の鼓膜が振動する事で、音を感じる仕組みになっています。
また、「音が右の後ろの方から聞こえた」とか「左の前方から聞こえた」という事を判断できるのは、左右の耳に振動が伝わったわずかな
時間差によってです。さらに、とても大な役目である平衡感覚を保ってくれてるのも、耳の役目になります。耳の中耳の部分にある三半規管と前庭器官の働きによって維持してくれています。
このように耳は、人間が生きていく中でとても重要な役目を果たしてくれています。何か、異常があった時には、早目の対応が肝心です。

耳の仕組みと「聞こえる」仕組みについて

耳は、音を聞き取る聴覚と、体のバランスを保つ平衡感覚を司る感覚器官。
目に見えている耳の入り口部分から鼓膜へと続く外耳、鼓膜の奥にある中耳、さらにその奥にある内耳の3つで構成されています。

外耳

音を集めて耳の中へと送る部分。
一般的に耳たぶと呼ばれる耳介と、くの字に曲がった外耳道を指します。

中耳

音を強める部分。
鼓膜のすぐ内側にある空気で満たされた空間を中耳腔(鼓室)、その奥に続く関節でつながれた槌骨・砧骨・鐙骨の3つの骨を総称して耳小骨、中耳腔の下から鼻の奥の咽頭部分に通じる管で中耳内の気圧の変化を調整するところを耳管と言います。

内耳

音を脳へと送る部分。
音の感覚器官である蝸牛、体の平衡感覚器官である三半規管と前庭から成っています。
人間の蝸牛管は巻貝のように渦巻き状になっていることから別名うずまき管とも呼ばれています。

音が聞こえる仕組み

音というのは空気の圧力変化による振動であり、その振動が耳の各器官を震わせることで音として脳に伝わります。
①耳介が空気の振動を集めます。
②集めた振動を外耳道が共鳴させ、鼓膜へと届けます。
③鼓膜を震わせた振動は中耳腔に入って耳小骨へと伝わります。
④続いて耳管を通り、リンパ液で満たされた蝸牛へと伝わります。
⑤振動がリンパ液に波を作り、その波を感じ取る有毛細胞を刺激します。
⑥波は有毛細胞によって電気信号に変わり、ラセン神経節細胞(聴神経)へと伝わります。
⑦電気信号は内耳神経を通って大脳へと伝わります。
⑧大脳の中の聴覚皮質が電気信号を解析し、音として認識されます。

「 耳の病気 」 一覧

滲出性中耳炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

2018/05/13 | 耳の病気

滲出性中耳炎とは 耳の鼓膜(こまく)の奥には骨で囲まれたスペースがあります。 このスペースのことを中耳腔(ちゅうじくう)といい、ここには普通、空気が入っ

続きを見る

耳鳴りの種類・原因・治療についてのまとめ

2015/09/03 | 耳の病気, 耳鳴り

耳鳴りの原因としてはメニエール病や中耳炎、外耳道炎、突発性難聴、更年期障害などといったさまざまなものが考えられます。 耳鳴りを治療するためには原因を突

続きを見る

美聴泉の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

耳鳴り、めまいでお悩みを応援【美聴泉】とは 美聴泉(びちょうせん)は、耳鳴りなどの聞こえのトラブルやそれに伴うめまいなどの症状でお悩みの方にオススメの健康

続きを見る

耳の病気の原因・症状・治療についてのまとめ

2015/04/02 | 耳の病気

外耳炎 外耳炎・・・どんな病気? 原因ってなに? 炎症を起こす原因は、耳掻きなどで外耳道の皮膚を傷つけてしまい、そこからカビや細菌が感染し、炎症を起こす

続きを見る

難聴の種類、原因、症状、治療などを詳細に

2015/04/02 | 耳の病気, 難聴

難聴の症状 難聴の症状は聴力レベルや種類によって異なり、聴力レベルは純音聴力検査で判定される平均聴力値によって三段階に分けられます。 種類別で見ると

続きを見る

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑