*

検査は、身体全体に対応した様々な検査があります。また、医学の発展と共に新たな検査も加わってまいります。
こちらでは定番の検査から最新の検査まで色々な検査についてご紹介しています。
合わせて、健康診断や人間ドッグについての情報もご紹介しています。
早期発見が病気が軽く済むカギになると思います。ぜひ皆様の健康ライフのお役に立てて頂ければ幸いです。

「 検査・健康診断・人間ドッグ 」 一覧

臨床検査>生理機能検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる必要があります。 症状の原因を探すために臨床検査は行われま

続きを見る

臨床検査>検体検査でわかる事

臨床検査とは身体の状態を調べる検査のことで、例えばお腹が痛い場合、何故お腹が痛いのかどうか調べる必要があります。 症状の原因を探すために臨床検査は行われま

続きを見る

血液一般検査でわかる事

赤血球沈降速度(赤沈)検査の基準値とわかる事 赤血球沈降速度とは、赤血球が試験管の中を沈んでいく速度を見る検査です。 まず、試験管に採取した血液を入れ、

続きを見る

血液生化学検査でわかる事

不飽和鉄結合能(UIBC)検査の基準値やわかる事 『不飽和鉄結合能(UIBC)』というのは、鉄代謝に異常がないかどうかを調べるための検査項目のひとつで、主

続きを見る

腫瘍マーカー検査でわかる事

「PSA」検査の基準値やわかる事 PSA検査とは、前立腺がんを早期発見するためのスクリーニング検査のひとつで、血液を採取して測定されます。 PSAは、“

続きを見る



尿酸値の検査の方法や判定基準

尿酸の測定検査の基準値やわかる事 尿酸値の測定検査とは 尿酸とは、プリン体という物質が分解してできる老廃物のこと。 尿という文字が入っていますが、尿中

続きを見る

糖尿病の検査の方法や基準値

尿中ケトン体の測定検査の基準値やわかる事 尿中ケトン体の測定検査とは 尿中ケトン体検査は、主に血糖コントロール状態を調べる際に行われます。 ケトン体と

続きを見る

心電図検査でわかる事

家庭用心電図記憶装置でわかる事 家庭用心電図記憶装置は、自分で心電図検査を行うことができる、家庭用の心電図記録機器となります。 とくに心臓の機能が衰え始

続きを見る

ホルモン検査でわかる事

成長ホルモン検査の基準値とわかる事 子どもの成長にとって欠かすことのできない成長ホルモンですが、時には異常な数値をもたらすこともあります。成長ホルモンは、

続きを見る

尿検査でわかる事

尿沈渣検査の基準値やわかる事 『尿沈渣(にょうちんさ)』というのは、尿を遠心分離機にかけた後で沈殿してくる「赤血球」や「白血球」、「細胞」、それに「結晶成

続きを見る

腎臓と泌尿器の検査でわかる事

腎盂造影検査でわかる事 腎盂(じんう)とは、腎臓と尿管の接続部に当たり、腎臓からの尿が集まる場所で、漏斗状に広がっています。 腎盂造影検査とは、造影剤を

続きを見る

消化器の検査でわかる事

上部消化管X線造影検査(胃透視)でわかる事 上部消化管X線造影検査とは 上部消化管X線造影検査とは、液状の造影剤(硫酸バリウム)を服用して上部消化管をX

続きを見る

呼吸器の検査でわかる事

アプノモニター検査の内容やわかる事 アプノモニター検査とは アプノモニターとは、「睡眠時無呼吸症候群」の診断を目的とした検査です。 睡眠時無呼吸症候群

続きを見る

耳の検査でわかる事

聴力検査でわかる事 『聴力検査』というのは、その名の通り「音がどの程度まで聞こえているのか」という聴力を調べるもので、通常は薄暗い部屋の中でヘッドホンを付

続きを見る

目の検査でわかる事

視力検査でわかる事 眼の検査の中でも、もっともよく知られていて、誰もが受けた経験があるのが、この『視力検査』でしょう。 円の一部に切れ目を入れた「ランド

続きを見る

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑