*

腎臓

腎臓は、おへそのあたりの背中側に位置しており、左右対称に各1つあります。 形は、そらまめのような形をして、成人の握りこぶしくらいの大きさの臓器で、サイズは縦が10~12㎝、横が5~6㎝、重さは120~150g程になります。
ちなみに「肝心要」(かんじんかなめ)という言葉がありますが、現在は(じん)の部分は心を充てますが、本来は「肝腎要」が正しい書き方だったようす。昔から人の健康維持にとって、肝臓と腎臓はとても重要だと解っていたのはすごい事ですね。
腎臓の働きのポピュラーなものは、やはり身体全体から老廃物を運んできた血液をろ過して老廃物や余分な水分を尿として膀胱へ送る働きでしょうか。
このろ過機能が、働かないと体内に老廃物がたまり、生死にかかわる状態になってしまいます。その他にも、
◆ 血圧の調整機能:血圧上昇ホルモンのアンジオテンシンや血圧降下ホルモンのプロスタグランジンを分泌して血圧を調整します。
◆ 造血の指示機能:造血ホルモンであるエリスロポエチンを分泌して造血の指示をします。
◆ 水分の調整:体内の水分量に合わせて尿として排出する水分を調整しています。
◆ 電解質の調整:カリウムやカルシウムなどの電解質の量を調整することで、体内の環境を整えています。
◆ 活性型のビタミンDを生産:骨を丈夫に保つホルモン活性型ビタミンDが作られます。
など人間が生きるうえで重要な働きを多く担っています。

「 腎臓の病気・人工透析 」 一覧

人工透析とシャント。シャントの合併症や注意点

人工透析とシャント(ブラッドアクセス) 人工透析の血液透析を受ける場合には腕の血管から器械へ血を送りだし再び身体の中に戻すことになります。 血液透析をす

続きを見る

●腎結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腎結核とは 腎結核(じんけっかく)とは、腎臓に細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が感染し、発症する病気です。 この病気は腎実質(じんじっしつ)が

続きを見る

脂漏性角化症(老人性疣贅)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

脂漏性角化症(老人性疣贅)とは まず、脂漏性角化症は「しろうせいかくかしょう」と読み

放射線肺臓炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

放射線肺臓炎とは 放射線肺臓炎(ほうしゃせんはいぞうえん)とは、肺・食道・乳房などの

眼球突出を詳しく:原因・症状・検査・治療など

眼球突出とは 眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)とは、眼球が前方に飛び出ているように見

白板症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

白板症とは 白板症(はくばんしょう)とは、口内の粘膜表面が白色に厚く変化する病気です

角膜びらんを詳しく:原因・症状・検査・治療など

角膜びらんとは 角膜(かくまく)は、一般に黒目とよばれているところです。 眼の外側

→もっと見る

PAGE TOP ↑