*

毎日の生活で注意しているつもりでも、気づけば感染していることもあります。
飲食による経口感染、皮膚からの経皮感染、ほこりなどに混ざって吸い込む飛まつ感染、傷口からの創傷感染が主な経路です。
経口感染を防ぐためには、ペットがどれほど可愛くても餌の口移しは厳禁です。
また、動物と触れ合ったあとに手洗いやうがいが不十分なまま飲食を行うと、経口感染の可能性を高めます。
病原菌を持つ魚の飲食でも感染しますので、特に川魚を生のままで食べるのはやめましょう。
人に慣れていない動物に触れることもできる限り控えてください。
触れた動物がもし病原菌を持っていた場合それだけで経皮感染が起こる上に、咬傷により感染する恐れがあります。
ケガをしているときも動物に触れてはいけません。
傷口を媒介として体内に菌が入り込み感染し、菌によっては命を落とす危険があります。

人畜共通感染症を防ぐためには

動物と触れ合うことはさまざまなリスクが伴いますが、だからといって触れ合わずに生活することは困難です。
では人畜共通感染症を防ぐためには、どのようなことに気を付けたら良いのでしょうか。
ペットを飼っている場合、各種予防接種は必ず受けさせるようにしましょう。
気づかないうちに唾液や粘膜に触れる場合もありますので、動物と触れ合ったあとは念入りに手洗いやうがいをしてください。
ペットの糞尿はそのつど掃除を行い、マスクや手袋を身に着けておくと感染のリスクを低減させることができます。

免疫力が低下しているときは要注意

体調が悪い時や免疫力が低下しているときは、動物との触れ合いは極力避けるようにしましょう。
健康なときには何の影響もない弱い病原菌でも、風邪で寝込んだ際に発症する場合があります。
免疫力の低い幼児や高齢者、持病のある人も注意が必要です。
動物たちから感染しない、または動物たちへ感染させてしまうことのないように、責任を持って動物と触れ合っていきましょう。

「 人獣共通感染症 」 一覧

ウエストナイル熱の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

蚊を媒介にしてウイルスに感染することによって起こる、インフルエンザのような症状の出る感染症です。 ヒトのほか、トリやウマにも感染します。 アフリカ、西ア

続きを見る

Bウイルス病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

サルに噛まれることによって引き起こされる病気です。 原因となるのはウイルスで、世界で40例程度の報告があります。 1933年にポリオの研究者がアカゲザル

続きを見る

高病原性鳥インフルエンザの原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

鳥インフルエンザは鳥類がA型インフルエンザウイルスに感染することで引き起こされる病気です。 鳥類に感染するA型インフルエンザウイルスを総称して、鳥インフル

続きを見る

回虫幼虫移行症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

回虫幼虫移行症は動物に寄生する回虫によって、引き起こされる感染症です。 動物だけでなく、人間に感染することもあるので、感染症についてよく知っておくことは大

続きを見る

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症は、その名が示す通りカプノサイトファーガ・カニモルサスという細菌を原因とする感染症です。 犬や猫を通じて感染する病

続きを見る



レプトスピラ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

レプトスピラ症は、病原性レプトスピラ感染によって起こる人獣共通の細菌感染症のことを指します。 日本国内だけでなく世界各地で見られる病気ですが、特に熱帯地域

続きを見る

猫ひっかき病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

猫ひっかき病は猫や犬に引っかかれた傷、もしくは噛まれた傷が原因によっておこる感染症です。 夏から秋にかけて発生しやすくなる猫ひっかき病ですが、どういった症

続きを見る

サルモネラ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

サルモネラ腸炎とは サルモネラ腸炎(さるもねらちょうえん)とは、サルモネラ菌という名称の細菌が腸に感染することで起こる病気です。 食中毒といわれる病気の

続きを見る

リステリア症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

リステリア症はグラム陽性細菌のリステリア菌が原因となって起こる人と動物共通の感染症です。 人間のリステリア症が確認されたのは日本国内では1958年で、それ

続きを見る

カンピロバクター症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

カンピロバクターは人間や動物に害を及ぼす細菌のひとつです。 1970年代に入ってから人間への病原性が判明し、研究が進むとともにこれまで原因がわかっていなか

続きを見る

ブルセラ病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

ブルセラ病は、ブルセラ属の細菌感染によって引き起こされる動物や人の共通感染症です。 さまざまな動物に感染・発症しますが、特に犬がかかるものを犬ブルセラ症と

続きを見る

パスツレラ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

パスツレラ症は主に犬や猫を介して感染する人獣共通感染症のひとつですが、この感染症の存在はほとんど明らかになっていませんでした。 しかし、最近では日本で感染

続きを見る

狂犬病の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

狂犬病は、狂犬病ウイルスに感染することで引き起こされる重篤な病気です。 狂犬病はほ乳類全般が感染対象なので、動物と人間の境なく発症する恐れのある病気と言え

続きを見る

皮膚糸状菌症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

皮膚糸状菌症は人獣共通感染症に分類される病気で、人や犬、猫などに感染します。 動物と接することが多い人にとっては危険な感染症のひとつなので、知識をもってお

続きを見る

トキソプラズマ症の原因・症状・感染経路・治療・予防・検査など

トキソプラズマ症はトキソプラズマによる原虫感染症で、この感染症は世界各地で確認されています。 世界人口の3分の1が感染されているとも言われますが、その有病

続きを見る

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑