*

肺炎という病名はほとんどの人が知っていますが、どういう病気なのかまで詳しく知っているわけではないという人もいるのではないでしょうか。
ここではそのような人のため、肺炎とは何かを解説していくことにします。

肺炎とは?

肺炎とは、肺に炎症が生じた状態になる病気の総称のことをいいます。
病原微生物(びょうげんびせいぶつ)と呼ばれる細菌やウイルスなどにより肺炎が起こります。
この肺炎ですが、感染源を吸い込むことにより引き起こされる感染性肺炎が代表的です。
日本人に多くあらわれるのもこれであり、細菌性のもの、ウイルス性のもの、真菌性のものなどが存在し、感染源を吸い込むことにより発症します。
細菌やウイルスなどはたいてい、空気と共に体内へと入り込んでくるのですが、私たちの体には防御機能がいろいろと備わっており、病原微生物を追い出すことができるようになっています。
しかしながら、体力が落ち込んでいたり、免疫力がダウンしている場合には、病原微生物の感染力に敵わなくなり、肺炎を発症してしまうのです。
なお、ほかにも原因別に化学物質やアレルギーなどにより起こる肺炎もあります。

肺炎の症状

呼吸症状が多いのが肺炎の特徴です。
咳、痰(たん)が出たり、喘鳴(ぜんめい)といったゼーゼー、ヒューヒューという雑音が呼吸時に出ます。
また、炎症による高熱、食欲不振、水分補給ができなくなることによる脱水症状に見舞われることもあるのです。
肺炎がひどい状態になった場合には呼吸困難に陥り、人工呼吸をしなくてはいけなくなるケースもあります。

死に至ることも

肺炎は重症化した場合には、最悪の命を落とすことになりかねません。
これは決して珍しいことではなく、日本人の死因としてはトップクラスに入っているのです。
日本人の死因というと三大死因として括られているがん、心臓病、脳卒中を知っている人は多いですが、それより下位を知らない人が少なくありません。
実はこれらの死因に次いで肺炎がランクインしているのです。
日頃から予防を心がけ、おかしいと感じたらすぐに治療を受ける必要のある病気といえるでしょう。

「 肺炎 」 一覧

閉塞性肺炎の原因・症状・検査・治療

閉塞性肺炎(へいそくせいはいえん)とは、気道の閉塞した状態に陥ることで引き起こされる肺炎の一種です。 肺がんの患者が閉塞性肺炎を併発しやすいのが特徴で、実

続きを見る

誤嚥性(ごえんせい)肺炎の原因・症状・検査・治療

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、日本においては吸入性(きゅうにゅうせい)肺炎や誤飲(ごいん)性肺炎、吸引(きゅういん)性肺炎と呼ばれているものです。

続きを見る

ウイルス性肺炎の原因・症状・検査・治療

ウイルス性肺炎(ういるすせいはいえん)とは、ウイルス感染により発症する肺炎のことをいいます。 ウイルス自体が肺炎を引き起こすケース、ウイルスと細菌が一緒に

続きを見る

マイコプラズマ肺炎の原因・症状・治療

マイコプラズマ肺炎とは マイコプラズマ肺炎(まいこぷらずまはいえん)とは、マイコプラズマという病原微生物に感染~発症する肺炎の一種です。 マイコプラ

続きを見る

クラミジア肺炎の原因・症状・治療・検査・予防

クラミジア肺炎(くらみじあはいえん)とは、細菌の一種であるクラミジアにより発症する肺炎のことをいいます。 この病原体には性感染症のイメージが強い人もいるで

続きを見る

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑