*

肺は左右に各1つある器官で、肋骨の内部の心臓や胃の上部に納まっています。
肺の重さは、男性の平均で約1060g(右肺:約570g、左肺:約490g)、女性の平均で約930g(右肺:約500g、左肺:約430g)程で、風船のように呼吸に合わせて膨らんだり、萎んだりを人間が生きている限り、休むことなく継続しています。
肺は、上記の様に左右でサイズが異なりますが、これは左側には心臓があり、スペースが狭くなっている為です。
右肺は上葉、中葉、下葉の三つ、左肺は上葉、下葉の二つに分かれています。
肺の内部は、スポンジの様に沢山の空洞が密集した状態で、これは肺胞と呼ばれるガス交換機が密集して作り出しています。
この肺胞は毛細血管が密集しており、総面積は延べにして100平米にもなるといわれます。
肺の働きは、このガス交換機を使って行うガス交換がメインの働きになります。
ガス交換とは、呼吸により空気を肺内に送り、その空気中の酸素を血中に取り込み、逆に血中の二酸化炭素を息として吐き出します。
この取り込まれた酸素は、赤血球によって身体全体の細胞に運ばれ、エネルギーとして利用されます。その消費量は、脳が25%を占めるといわれます。

「 肺・気管支の病気 」 一覧

肺うっ血/肺水腫の原因・症状・治療

肺うっ血とは、肺をめぐっている血管内の血液量が増加している状態のことをいいます。 血液量が多くなったことにより流れが滞っているのが特徴で、血液の中に含まれ

続きを見る

肺胞微石症の原因・症状・治療

肺胞微石症(はいほうびせきしょう)とは、肺に存在する肺胞の中にリン酸カルシウムが層状に沈着し、発症する病気のことをいいます。 遺伝性のある病気であり、劣性

続きを見る

非結核性抗酸菌症(NTM感染症)の原因・症状・治療

非結核性抗酸菌症(NTM感染症)とは まず、非結核性抗酸菌症は「ひけっかくせいこうさんきんしょう」と読み、NTM感染症は「エヌティーエムかんせんしょう」と読み

続きを見る

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑