*

肺は左右に各1つある器官で、肋骨の内部の心臓や胃の上部に納まっています。
肺の重さは、男性の平均で約1060g(右肺:約570g、左肺:約490g)、女性の平均で約930g(右肺:約500g、左肺:約430g)程で、風船のように呼吸に合わせて膨らんだり、萎んだりを人間が生きている限り、休むことなく継続しています。
肺は、上記の様に左右でサイズが異なりますが、これは左側には心臓があり、スペースが狭くなっている為です。
右肺は上葉、中葉、下葉の三つ、左肺は上葉、下葉の二つに分かれています。
肺の内部は、スポンジの様に沢山の空洞が密集した状態で、これは肺胞と呼ばれるガス交換機が密集して作り出しています。
この肺胞は毛細血管が密集しており、総面積は延べにして100平米にもなるといわれます。
肺の働きは、このガス交換機を使って行うガス交換がメインの働きになります。
ガス交換とは、呼吸により空気を肺内に送り、その空気中の酸素を血中に取り込み、逆に血中の二酸化炭素を息として吐き出します。
この取り込まれた酸素は、赤血球によって身体全体の細胞に運ばれ、エネルギーとして利用されます。その消費量は、脳が25%を占めるといわれます。

「 肺・気管支の病気 」 一覧

誤嚥性(ごえんせい)肺炎の原因・症状・検査・治療

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは、日本においては吸入性(きゅうにゅうせい)肺炎や誤飲(ごいん)性肺炎、吸引(きゅういん)性肺炎と呼ばれているものです。

続きを見る

ウイルス性肺炎の原因・症状・検査・治療

ウイルス性肺炎(ういるすせいはいえん)とは、ウイルス感染により発症する肺炎のことをいいます。 ウイルス自体が肺炎を引き起こすケース、ウイルスと細菌が一緒に

続きを見る

マイコプラズマ肺炎の原因・症状・治療

マイコプラズマ肺炎とは マイコプラズマ肺炎(まいこぷらずまはいえん)とは、マイコプラズマという病原微生物に感染~発症する肺炎の一種です。 マイコプラ

続きを見る

クラミジア肺炎の原因・症状・治療・検査・予防

クラミジア肺炎(くらみじあはいえん)とは、細菌の一種であるクラミジアにより発症する肺炎のことをいいます。 この病原体には性感染症のイメージが強い人もいるで

続きを見る

過換気症候の原因・症状・治療

過換気症候群とは 過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)は過呼吸(かこきゅう)と呼ばれることもあり、おそらく耳にしたことがあるのはこちらの呼び名のほうが多

続きを見る



膠原病肺の原因・症状・治療

膠原病肺 どんな病気(概要) 膠原病と合併して引き起こされた肺の病気を総称して、膠原病肺(こうげんびょうはい)といいます。 代表的なものとしては、間質性

続きを見る

肺アミロイドーシスの原因・症状・治療

まず、アミロイドーシスとは、アミロイドたんぱくという特殊なたんぱく質が体のさまざまな臓器に沈着し、全身に機能障害を引き起こす病気のことをいいます。 なお、

続きを見る

肺うっ血/肺水腫の原因・症状・治療

肺うっ血とは、肺をめぐっている血管内の血液量が増加している状態のことをいいます。 血液量が多くなったことにより流れが滞っているのが特徴で、血液の中に含まれ

続きを見る

肺胞微石症の原因・症状・治療

肺胞微石症(はいほうびせきしょう)とは、肺に存在する肺胞の中にリン酸カルシウムが層状に沈着し、発症する病気のことをいいます。 遺伝性のある病気であり、劣性

続きを見る

非結核性(非定型)抗酸菌の原因・症状・治療

非結核性(非定型)抗酸菌症(ひけっかくせい(ひていけい)こうさんきんしょう)とは、結核菌の仲間である抗酸菌(こうさんきん)により引き起こされる感染症の中で、

続きを見る

糸状虫症(フィラリア症)を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

一般的にはバンクロフロト糸状虫(しじょうちゅう)によって引き起こされる病気です。

亜急性甲状腺炎を詳細に:原因,症状,検査,治療など

甲状腺(こうじょうせん)とは、体の新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器

二分脊椎を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

二分脊椎とは 二分脊椎症(にぶんせきついしょう)は、先天的に脊椎が形成不全を

高カルシウム血症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

高カルシウム血症(こうかるしうむけっしょう)とは、血液中に含まれるカルシウムの濃度

鉤虫症(十二指腸虫症)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

鉤虫症(十二指腸虫症)とは 鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、回虫の一種である

→もっと見る

PAGE TOP ↑