*

肺は左右に各1つある器官で、肋骨の内部の心臓や胃の上部に納まっています。
肺の重さは、男性の平均で約1060g(右肺:約570g、左肺:約490g)、女性の平均で約930g(右肺:約500g、左肺:約430g)程で、風船のように呼吸に合わせて膨らんだり、萎んだりを人間が生きている限り、休むことなく継続しています。
肺は、上記の様に左右でサイズが異なりますが、これは左側には心臓があり、スペースが狭くなっている為です。
右肺は上葉、中葉、下葉の三つ、左肺は上葉、下葉の二つに分かれています。
肺の内部は、スポンジの様に沢山の空洞が密集した状態で、これは肺胞と呼ばれるガス交換機が密集して作り出しています。
この肺胞は毛細血管が密集しており、総面積は延べにして100平米にもなるといわれます。
肺の働きは、このガス交換機を使って行うガス交換がメインの働きになります。
ガス交換とは、呼吸により空気を肺内に送り、その空気中の酸素を血中に取り込み、逆に血中の二酸化炭素を息として吐き出します。
この取り込まれた酸素は、赤血球によって身体全体の細胞に運ばれ、エネルギーとして利用されます。その消費量は、脳が25%を占めるといわれます。

「 肺・気管支の病気 」 一覧

肺がんと原因・症状・検査・治療

肺ガンは悪性度が高く、死亡者数が最も多いガンです。 しかし、肺ガンは進行すると治りにくい反面、早期に発見・治療すれば完治させることができます。 そのため

続きを見る

COPDの症状・原因・治療

COPDとは、慢性的に気道が閉塞状態になる病気(慢性気管支炎、肺気腫、びまん性汎細気管支炎など)の総称です。 WHOが中心になってCOPDの最大の元凶であ

続きを見る

気胸の症状・種類・検査・治療

こちらでは、気胸という病気についてご紹介しています。 その名前すら、今まで聞いたことが無い方も少なくないでしょう。 簡単に説明すると、気胸は肺を包んでい

続きを見る

急性呼吸促迫症候群の原因・症状・治療

急性呼吸促迫症候群 どんな病気(概要) 急性呼吸促迫症候群(きゅうせいこきゅうそくはくしょうこうぐん)とは、ARDS(Acute Respiratory

続きを見る

肺動脈性肺高血圧症を詳細に:原因,症状,検査,治療など

肺動脈性肺高血圧症とは 人間が生命を維持するには、息をして大気中の酸素を肺から体内に取り込むことが不可欠です。 ただ、息をすることのみでは体内に酸素

続きを見る



石綿肺の原因・症状・治療

石綿肺 どんな病気(概要) 石綿肺(せきめんはい)とは、じん肺の一種のことをいいますが、じん肺とは、肺に粉じんが入り込んで起こる病気のことです。 空気中

続きを見る

特発性肺線維症の原因・症状・治療

特発性肺繊維症(とくはつせいはいせんいしょう)とは、肺胞同士の仕切りになっている肺胞壁に広範囲の炎症が生じ、結合組織が増加したために肺胞壁の繊維化が起こる病

続きを見る

肺ランゲルハンス細胞組織球症の原因・症状・治療

肺ランゲルハンス細胞組織球症(はいらんげるはんすさいぼうそしききゅうしょう)とは、肺や気管支の壁、とりわけ細気管支の壁にランゲルハンス細胞や好酸球が増殖して

続きを見る

肺結核の原因・症状・治療

結核(肺結核)とは 細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が原因で引き起こされる感染症のことを結核(けっかく)といい、この菌が肺で増殖することによって引き

続きを見る

肺真菌症の原因・症状・治療

肺真菌症(はいしんきんしょう)とは、カビである真菌が肺に感染することにより発症する病気の総称のことをいいます。 カビにより起こる病気と一口にいってもいろい

続きを見る

肺胞たんぱくの原因・症状・治療

肺胞たんぱく症(はいほうたんぱくしょう)とは、肺胞内にたんぱく様物質が溜め込まれ、正常なガス交換ができなくなる状態に陥る病気のことをいいます。 肺胞(はい

続きを見る

リンパ脈管筋腫症(肺リンパ脈管筋腫症)の原因・症状・治療

リンパ脈管筋腫症(りんぱみゃくかんきんしゅしょう)・肺リンパ脈管筋腫症(はいりんぱみゃくかんきんしゅしょう)とは、基本的に閉経前の妊娠可能な女性にしか引き起

続きを見る

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)の原因・症状・治療

エコノミークラス症候群(肺塞栓症)とは 心臓から肺へと血液を送り込む血管の肺動脈(はいどうみゃく)に塞栓子(そくせんし)が詰まることで、肺動脈の血流が

続きを見る

MRSA肺炎の原因・症状・検査・治療

メチシリンは、ペニシリン耐性黄色ブドウ球菌用の抗生物質ですが、MRSAにはMRSA用の特別な抗菌薬を除いて、メチシリンと各種抗生物質が効かない黄色ブドウ球菌

続きを見る

過敏性肺炎の原因・症状・検査・治療

肺炎は通常、ウイルスや細菌といった病原体が肺胞に感染・発症する病気なのですが、過敏性肺炎(かびんせいはいえん)は発症までの運びが異なります。 過敏性肺炎は

続きを見る

乳房肥大症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳房肥大症とは 小児乳房肥大症(しょうににゅうぼうひだいしょう) 小児乳房肥大症と

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑