*

こちらでは癌(がん)についての様々な情報を解説しています。
がんは悪性腫瘍とも呼ばれ、皮膚や血管、骨や筋肉など人間のあらゆる細胞に発生します。
がんは日本人の2人に1人が発病し、3人に1人が亡くなってると言われます、ただし、早期発見、早期治療でがんは治る病気になりつつあるとも言われます。
癌と聞くと、とても恐ろしい病気で、考えるのも避けたいという方も多い事と思いますが、逆に癌を深く知ることで早期発見につながる可能性もあると思います。
ぜひ、少し時間を取って頂き目を通して頂ければ幸いです。

「 がん 」 一覧

がん抑制遺伝子とは?

2016/08/16 | がん

がんは私たち人間の体に巨大な腫瘍をつくり出したり、別の部位に転移したりして、最悪の場合は生命を奪う恐ろしい病気です。 そしてこうした腫瘍の形成や転移を起こ

続きを見る

がん対策の基本は早期発見・早期治療

2016/08/14 | がん

日本人の死因トップの病気であるがん。 いまは日本人の3人に1人はがんで命を落としているといわれています。 また、国内には300万人ものがん患者がいるとい

続きを見る

遺伝子のエピジェネティックな変異とは?

2016/08/11 | がん

どうしてがんが引き起こされてしまうのかが気になり、いろいろと調べているという人は多いでしょう。 まず、がんは人間の体に存在する正常な細胞から生み出された、

続きを見る

活性酸素のがんへの影響は?

2016/08/09 | がん

活性酸素(かっせいさんそ)というのは、言葉のとおり活性化した酸素のことです。 私たち人間の体のなかで生み出されており、強力な酸化作用があります。 活

続きを見る

喫煙のがんへの影響は?

2016/08/06 | がん

「たばこを吸うとがんになる」というのは非常に有名な話ですが、はたして本当なのかどうか気になっている人もいるのではないでしょうか。 ヘビースモーカーやチェー

続きを見る



内臓脂肪とがんの関係

2016/08/05 | がん

内臓脂肪というのは、体脂肪のうち内臓の周囲につくもののことをいいます。 この内臓脂肪が多くなると、生活習慣病である高血圧や脂質異常症(高脂血症)になるリス

続きを見る

がんの進行状況による分類

2016/08/01 | がん

上皮内がん 上皮内がんは上皮内新生物や上皮内腫瘍ともいいます。 このがんがいったいどういうものなのか、疑問に思っている人もいるのではないでしょうか?

続きを見る

アスベストって・アスベストのがんへの影響は?

2016/07/27 | がん

アスベストは石綿(せきめん、いしわた)ともいい、天然鉱石の一種です。 現代人には天然という文字を見るだけで、また天然という言葉を聞くだけで安全なものと思う

続きを見る

ホルムアルデヒドって・ホルムアルデヒドのがんへの影響は?

2016/07/24 | がん

ホルムアルデヒドとは強力な毒性のある物質であり、有機化合物の一種です。 有害な物質でありながら私たちの生活では身近な存在であり、塗料、接着剤、防腐剤、建材

続きを見る

癌細胞が生まれてもがんを発症しない理由とは?

2016/07/21 | がん

がん細胞は日々、生み出されています。 1,000〜2,000個、3,000〜6,000個と複数の説はありますが、毎日たくさんのがん細胞が発生していることに

続きを見る

睡眠とがんの関係

2016/07/18 | がん

眠っているあいだは、自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わり、免疫細胞のNK細胞やヘルパーT細胞が活性化します。 免疫細胞はがんの原因になるコピーミスの

続きを見る

がんの成長速度とダブリングタイム

2016/07/11 | がん

がんが成長するスピードはがんが発生した部位により異なり、またその人の状態によっても違いが出ます。 がんの早期発見といわれているのは1cmの大きさに成長する

続きを見る

発がん性物質って・発がん性物質のがんへの影響は?

2016/07/07 | がん

発がん性というのは正常な細胞をがんに変えてしまう性質のことであり、発がん性を示す化学物質のことを発がん性物質といいます。 発がん性物質にはWHO(世界保健

続きを見る

がん治療の詳細についてのまとめ

2016/07/03 | がん

標準治療と先進医療の違い がんの治療において「標準治療」と「先進医療」というものがあります。 先進医療のほうが素晴らしい治療を受けられるのではというイメ

続きを見る

がん治療の様々な療法を詳しくご紹介!

2016/06/30 | がん

手術の方法や詳細の説明 ひとくちにがんの治療方法といっても、実にさまざまなものがあります。 なかでも代表的なのはがんの「三大療法」と呼ばれるものであり、

続きを見る

びまん性汎細気管支炎(DPB)を詳細に:原因,症状,検査,治療など

びまん性汎細気管支炎(DPB)とは びまん性汎細気管支炎(びまんせいはんさいきか

ぶどう膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ぶどう膜炎とは 眼球はその内側に存在する虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈

サイトメガロウイルス網膜炎を詳しく:原因・症状・検査・治療など

サイトメガロウイルス網膜炎とは 眼球のいちばん奥に存在し、光を感じる神経の膜のことを

粉瘤を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

粉瘤とは(概要) 粉瘤は「ふんりゅう」と読み、皮膚の下に形成された袋状の良性腫瘍

心室細動を詳細に:原因,症状,検査,治療など

心室細動とは 心室細動(しんしつさいどう)はVF(Ventricular fib

→もっと見る

PAGE TOP ↑