*

「 頭・脳・神経の病気 」 一覧

脳出血の予防の為の心がけ

脳出血の予防について考える上では、大前提として症状を引き起こす大きな要因となる高血圧にならないよう管理することが必須となります。 食生活の中で塩分を多量に

続きを見る

脳出血の原因となる様々な要因について

脳出血の原因となる様々な要因について 脳出血は脳溢血ともいい、脳内において血管が破れてしまうことから引き起こされる脳の病気です。 脳の血管が破れてしまう

続きを見る

脳出血(脳溢血)の初期診断について

問診 脳卒中の中でも脳出血は、早期の対応が迫られる深刻なものです。 生命にかかわるケースも多いため、誤診があることは許されません。 医療機関では、受診

続きを見る

脳出血(脳溢血)の薬物療法について

脳の病気はいくつもありますが、その中で高齢となるにつれて気をつけなければならないものが脳卒中です。 そのひとつが脳出血、または脳溢血とも呼ばれるもので

続きを見る

脳出血(脳溢血)の外科手術とは・・・

開頭手術 脳出血、脳溢血には、治療法のひとつとして開頭手術が行われています。 脳出血では脳の血管が切れて、血腫ができています。 その血腫を取り除くため

続きを見る



脳出血(脳溢血)の後遺症に注意しましょう

脳出血、脳溢血は症状そのものだけでなく、後遺症に対する心配もあります。 障害を受けた脳の部分に応じて、発症する後遺症の詳細も異なっているのです。 脳

続きを見る

脳腫瘍の概要・症状・治療などのまとめ

脳腫瘍とは 脳腫瘍とは、脳自体や周囲の組織に発生する腫瘍の総称です。 患者さんの数は10万人につき10人程度という割合であり、乳幼児から高齢者に至るまで

続きを見る

くも膜下出血の症状、原因、治療、後遺症、予防について

こちらではくも膜下出血という病気について詳しくご説明いたします。 脳は、外側から硬膜,クモ膜,軟膜の3層の膜で覆われています。 くも膜下出血は、そのクモ

続きを見る

脳動脈瘤の診断

脳の病気としてよく聞かれる病気には、脳卒中として総称されている脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが挙げられます。 くも膜下出血などは突然に発症する疾患で

続きを見る

治療の目的は「再発予防」が最優先!

くも膜下出血は、脳の病気としてもっとも症例が多いものです。 検査を受け、しっかり治療が行われた上で幸い退院することができるほどに回復したとしても、その

続きを見る

てんかんの原因・症状・検査・治療などについて

てんかんとは てんかんは、痙攣や意識障害が突然起こるという病気です。 発症率は100人に1人という割合であり、十分に起こり得るものです。 てんかん

続きを見る

低髄圧症候群の原因・症状・検査・治療について

低髄圧症候群とは 低髄圧症候群は、脳の病気です。 脳にある脊髄液が少なくなることで、低髄圧症候群の症状は引き起こされます。 症状としては頭痛や倦怠感、

続きを見る

アテローム血栓性脳梗塞とは・・・原因や症状などのまとめ

アテローム血栓性脳梗塞とは 「アテローム」とは「粉瘤」などとも呼ばれ、角質や皮脂が袋状の嚢腫に溜まっている腫瘍のことをいいます。 アテロームは血管の内部

続きを見る

ラクナ梗塞の原因や症状・発作のまとめ

ラクナ梗塞とは ラクナ梗塞とは脳卒中のうち脳梗塞の中で、症例の半分に近い割合を占めている脳の病気です。 日本人に限っていえば、脳梗塞の患者さんでもっとも

続きを見る

心原性脳塞栓症とは・・・心臓病が原因となる脳梗塞。

心原性脳塞栓症とは 心原性脳塞栓症は、何かしらの原因によって心臓の中で血の塊ができてしまい、頸動脈を経由して脳で太い動脈に詰まることで引き起こされる脳の病

続きを見る

機能性子宮出血を詳しく:原因・症状・検査・治療など

機能性子宮出血とは 生理時以外に性器から出血することを不正出血(ふせいしゅっけつ)と

腸結核を詳しく:原因・症状・検査・治療など

腸結核とは 腸結核(ちょうけっかく)とは、細菌の一種である結核菌(けっかくきん)が腸

腎臓の役割

腎臓について 腎臓(じんぞう)は腰のあたりの背中側に、左右に1個ずつある臓器です。

加齢黄斑変性を詳しく:原因・症状・検査・治療など

加齢黄斑変性とは 年齢が高まると、体のさまざまな部位に病気が起こってくることがありま

血胸を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血胸とは 血胸(けっきょう)とは、胸腔(きょうくう)の中に出血した血液が貯留した状態

→もっと見る

PAGE TOP ↑