*

くも膜下出血とは脳を保護している硬膜、くも膜、軟膜という3層の膜のうち、くも膜の下で出血している状態です。
脳血管のふくらみである脳動脈瘤が破裂することを、おもな要因としています。
くも膜と脳の間にあたるくも膜下には動脈が通っていて、そこには脳脊髄液が流れています。
血管は張り巡らされていて、それが切れてくも膜下に出血してしまうと、脳脊髄液と血液が混ざってしまうのです。
脳を保護している膜は、痛みを感じやすい性質になっています。
そこで出血すると保護膜が血液によって刺激され、たとえるならばバットで殴られたような激しい頭痛になるのです。
くも膜下出血が激しい場合には激しい嘔吐、意識の喪失といった症状にもつながります。
出血が原因となって死に至る場合も、少なくはありません。
くも膜下出血の検査については、CTスキャン検査で脳脊髄液に血液が混ざっていると確認されます。
発症したならば、治療する上で何よりも脳動脈瘤へ向かう血流を止めなければなりません。
術式としては開頭してクリップで動脈瘤を閉じるクリッピング術、カテーテルを大腿動脈から挿入して行われるコイル塞栓術が選択されます。
止血が成功した上で、本格的にくも膜下出血の治療がスタートします。
出血は脳に大きなダメージを及ぼすほか、血管が細くなる「脳血管攣縮」(れんしゅく)と呼ばれる変化も起こります。
これは脳梗塞の原因にもなるためくも膜下出血は発症して4日目以降、14日目までには集中的に治療しなければなりません。

「 くも膜下出血 」 一覧

くも膜下出血の症状、原因、治療、後遺症、予防について

こちらではくも膜下出血という病気について詳しくご説明いたします。 脳は、外側から硬膜,クモ膜,軟膜の3層の膜で覆われています。 くも膜下出血は、そのクモ

続きを見る

脳動脈瘤の診断

脳の病気としてよく聞かれる病気には、脳卒中として総称されている脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが挙げられます。 くも膜下出血などは突然に発症する疾患で

続きを見る

治療の目的は「再発予防」が最優先!

くも膜下出血は、脳の病気としてもっとも症例が多いものです。 検査を受け、しっかり治療が行われた上で幸い退院することができるほどに回復したとしても、その

続きを見る

網膜芽細胞腫を詳しく:原因・症状・検査・治療など

網膜芽細胞腫とは 網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)とは、眼球(がんきゅう)の内

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)を詳しく:原因・症状・検査・治療など

ウィルソン病(先天性銅代謝異常症)とは ウィルソン病(うぃるそんびょう)とは、先天的

線維筋痛症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

線維筋痛症とは 線維筋痛症(せんいきんつうしょう)とは、全身の激しい痛みとこわばりが

乳児ビタミンK欠乏性出血症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

乳児ビタミンK欠乏性出血症とは 乳児ビタミンK欠乏性出血症(にゅうじびたみんけーけつ

肛門狭窄を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肛門狭窄とは 肛門狭窄(こうもんきょうさく)とは、種々の原因によって肛門が狭まる病気

→もっと見る

PAGE TOP ↑