*

神経痛ってどんな病気なんでしょう?

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 頭・脳・神経の病気 , ,

神経痛ってどんな病気

神経痛とは…

神経痛とは、末梢神経が刺激されることによって現れる激しい痛みです。
神経痛という病名は、漠然と用いられることが多いですが、医学的はあるいくつかの特徴的な症状が見られる場合においてだけを神経痛と定義付けています。

一般的に、発作性の激痛が繰り返し起こることが多いですが、一回の痛みが長時間継続することは少ないとされています。
また、くしゃみや咳をした時に痛みが走ったり、体を曲げたり、ある決まった姿勢をとる際に痛みが引き起こされる場合もあります。

比較的手足や関節部分に起こりやすい神経痛ですが、全身のあらゆる部位に発生することもあり、末梢神経への圧迫、あるいは炎症による刺激などが直接的な原因と考えられています。
主な神経痛には、坐骨神経痛、三叉神経痛、肋間神経痛、上腕神経痛、舌咽神経痛などがあります。

神経痛は、原因がはっきりしない特発性神経痛と、背景にある疾患が原因だと判明している症候性神経痛とに分類することができます。
特発性神経痛は、痛みはあるけれど原因が明確でなく、漠然と神経痛と呼ばれるケースで、神経学的な検査(運動系や感覚系、反射など)をしても、痛み以外の症状は認められないものです。

一方の症候性神経痛は、検査や診断によって神経痛の背景にある疾患が明確であり、その症状としての痛みが認められるケースです。
例えば、外傷や骨の変形、腫瘍など、何らかの疾患が末梢神経を圧迫したり刺激を与えることで痛みを引き起こします。

しかし、特発性神経痛と症候性神経痛は治療方法が異なるため、両者を判別するには詳しく検査を実施する必要があります。
特発性の場合は、始めから痛みを取り除く治療が行われますが、症候性の場合は、痛みの原因である疾患の根本的治療と並行して痛みを抑制する治療も行われるのが一般的です。

運動不足が原因になる?

神経痛は、日常的な運動不足から引き起こされることが考えられます。

そもそも神経痛とは、神経が何らかの損傷を受けて起こるものですが、では、なぜそれが運動と関係してくるのでしょうか。

日常的に運動が不足してくると、筋肉は次第に劣化し、筋力が低下してきてしまいます。

すると、筋肉が自身の骨格を支えることができなくなり、正常な位置に骨格を維持することが困難になってきます。

そのため、脊椎が歪んだり、関節が緩んでしまったりして、骨が神経を圧迫しやすい状態となって神経痛を引き起こしてしまうこともあるのです。

つまり、適度な運動を心がけることで多少なりとも筋力がアップすれば、骨格もある程度は正常な位置に戻るとされているので、神経痛の改善を図ることができるでしょう。

しかし、過激な運動はかえって脊椎や関節を痛め、神経に炎症を起こしかねませんので、無理をせず負担にならない程度の運動に留めておくことが大事です。

また、右・左の半身どちらかだけに負担がかかる作業や運動を続けると、その半身だけの筋肉が強くなるため、次第にそちらの方側に脊椎が歪んで胸部痛や腰痛、下肢痛はどが現れることがあります。

この際、筋肉に十分な養生を与えないでいると、慢性的な脊椎の歪みで神経痛となってしまうこともあるので気をつけましょう。

神経痛の症状が重くなってきてしまうと、動くこと自体が厳しくなってくるので、自分に合った方法や範囲内で行うようにします。

また、神経痛にはその原因となる病気が背景に隠れていることがあるので、そのような場合は、病気の治療を優先して行われないと神経痛の改善は見込めません。

運動療法を行う場合は、必ずかかりつけの医師に相談して悪化させないようにしましょう。

神経痛になる人の食事の傾向とは

神経痛が起こる原因は、一般的には筋肉の硬直や外傷などによって血管が神経に接触したり、脊椎による疾患や糖尿病などによって神経が刺激されるといったことです。

つまり、血行不良による体の冷えや栄養不足によって引き起こされるので、血液の流れを良くしたり、神経を刺激するよな病気を予防することが重要となってきます。

神経痛に悩まされている方の多くは、日頃から肉類や動物性脂肪、甘いものを好むといった傾向があります。

また、刺激の強い食べ物、飲酒や喫煙なども神経痛を引き起こしている原因と考えられているため、これらをできるだけ控えることが神経痛から開放される近道と言えるでしょう。

神経痛を予防する栄養素を含む食品や成分を紹介してみると、まず、マグロやサバ、イワシ、サンマなどの青魚が挙げられます。

これらの青魚にはDHAという栄養分が豊富に含まれており、中性脂肪や血中悪玉コレステロールの増加を防いで、善玉コレステロールを増やす作用があります。

この働きによって、血管や血液が綺麗に保たれるので、心臓病や高血圧、糖尿病などの生活習慣病を防ぐことができ、その結果として神経痛を予防することにもなるのです。

また、サプリメントとしても注目を集めているイチョウ葉には、デンコライドやフラボノイドといった有効成分が含まれており、抹消血管の血行を促し、血行不良による神経痛の痛みを緩和しくれる効果が期待できます。

さらに、意外なところではラッキョウが狭心症や肋間神経痛に効果的だと言われています。

ラッキョウには、血中の過剰なコレステロールを取り除いて血行を良くする効果があるだけでなく、硬直した筋肉をほぐしてくれる作用もあるとされています。

神経痛を改善したり、引き起こしにくくするには、動物性よりも植物性の油と摂るようにし、また、カルシウムやビタミン、ミネラルなどをしっかり補給して、体が冷えないように温かく保つようにしましょう。

お酒の飲みすぎが原因になる事も

飲酒が神経痛に大きな影響力があるのはご存知でしょうか?少量の飲酒は、心身ともにリラックスさせてくれるだけでなく、血管を緩めて血液の流れを良くしてくれる作用があります。

しかし、大量にアルコールを摂取してしまうと、交感神経の反射で一気に血行が促され、さらに、脳神経を麻痺させてしまうこともあります。

アルコールの摂取を続けることで、時間の経過とともに交感神経の緊張が増大し、血管の収縮度が高まってしまうので血行不良に陥ってしまいます。

さらに、飲酒によって中性脂肪が肝臓で合成され、血液中に流れ出しますが、少量なら問題がないにしても、大量の飲酒ですと血液はドロドロの状態となります。

この状態でアルコールが切れ、血管が緩まったリラックス状態に戻ってしまうと、血管は狭まり、ドロドロの血で血液の流れが悪化し血管への負担が大きくなってしまうのです。

これが坐骨神経にまで及んでしまうと、いわゆる坐骨神経痛として痛みが強く感じるようになります。

酔いが醒めると、その反動で体が冷えてしまい、脳神経も過度な興奮状態となってしまうので、飲酒によって麻痺していた痛みに見舞われます。

飲酒は、ストレス発散になっても、飲酒後の覚醒で激痛となって現れることもあるので、ある程度症状が落ち着くまでは自粛しておいた方が良いでしょう。

また、中毒疾患の典型的な例として、アルコール性末梢神経障害がありますが、これは過剰飲酒によって痺れを引き起こす症状です。

しかし、これはアルコールの過剰摂取による足のむくみが原因とされており、一時的に足に痺れの症状を起こしているだけである場合が多いようです。

神経痛に有効なサプリメント

神経痛の原因は、一般的に神経の圧迫と血行不良が挙げられます。

神経の圧迫は、末梢神経が骨や関節に締め付けられ神経に痛みが生じるものですが、特に多いとされているのが椎間板の歪みや変形による坐骨神経痛です。

しかし、これはサプリメントでの改善は困難であるため、専門医によって適切な診断と治療を受ける方が良いでしょう。

一方、筋肉の衰えや、体の冷えが原因で血行不良となって神経痛につながることがあります。

このような場合は、血液の流れを促したり、血管壁を丈夫にするのに有効だとされる成分のサプリメントを積極的に摂取するのもおすすめです。

まず、抗酸化作用に優れたビタミンEは、体内にできた老化の原因とも言われる活性酸素を減らすことで、神経痛に有効的に作用してくれます。

血中にコレステロールが溜まると活性酸素によって酸化してしまい、それが血管の内側の壁に付着し動脈硬化を引き起こす可能性があります。

ビタミンEは、このコレステロールの酸化を防止し、動脈硬化から血管を守って、神経痛の原因となっている血行不良を改善してくれます。

ただし、ビタミンEには血液の凝固を抑制する作用があるので、出血性の疾患がある方はビタミンEのサプリメント摂取は控えた方が良いでしょう。

また、ビタミンEと同様に、血行を改善するのに有効だと注目を集めているイチョウ葉エキスのサプリメントも神経痛への効果を期待することができます。

このイチョウ葉エキスにはフラボノイドとテルペンラクトという有効成分が含まれており、フラボノイドには高い抗酸化作用によって血管を健やかに維持する働きが、テルペンラクトンには血液が凝固するのを抑制して血液の流れを良くする働きがあります。

この2種類の有効成分によって血行が良くなり、神経痛はもちろん、記憶力の向上や認知症の防止・改善にも有効とされています。

ただし、これら2種類の有効成分のうち片方だけしか配合されていないサプリメントでは、神経痛における効果は半減してしまうので、市販のイチョウ葉エキスのサプリメントを購入する際は、両方が配合されているものを選ぶようにしましょう。

関連記事

アテローム血栓性脳梗塞とは・・・原因や症状などのまとめ

アテローム血栓性脳梗塞とは 「アテローム」とは「粉瘤」などとも呼ばれ、角質や皮脂が袋状の嚢腫に

記事を読む

脳梗塞急性期の初期診断について

脳梗塞という状態では脳の血管が細くなって血液のめぐりも悪くなっているか、血管が詰まって血液も流れ

記事を読む

ずきしらずの実の効果や特徴、使い方、体験談や口コミ情報

ずきしらずの実は、株式会社北の達人コーポレーション 北の快適工房から発売されたサプリメント商品で

記事を読む

肋間神経痛の原因

肋間神経痛の原因・症状・治療などについてのまとめ

肋間神経痛とは 肋間神経痛とは、肋骨と肋骨の間にある神経が痛み、背中や体の側面部分に激痛が

記事を読む

脳梗塞の薬物療法についてのまとめ

薬物療法について 脳卒中は脳内の血流に支障をきたすものであり、特に脳梗塞は日本人の死亡率でも高

記事を読む

脳梗塞の後遺症についてのまとめ

脳梗塞が発症したことによって現れる後遺症としてまずは、運動の障害がもっともよく見られます。 脳

記事を読む

脳腫瘍の概要・症状・治療などのまとめ

脳腫瘍とは 脳腫瘍とは、脳自体や周囲の組織に発生する腫瘍の総称です。 患者さんの数は10万人

記事を読む

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因・症状・治療などについてのまとめ

坐骨神経痛とは 坐骨神経は長く伸びた末梢神経で、人間の体のなかで1番太いものです。 その範囲

記事を読む

脳出血(脳溢血)の前兆・前触れはほとんどない

脳出血、脳溢血に関しては重い後遺症が残りがちであり、死亡率の高い病気として挙げられています。

記事を読む

もやもや病の原因・症状・検査・治療について

もやもや病とは。 もやもや病は、日本において脳の病気として最初に発見されたものです。 子ども

記事を読む

肺寄生虫症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肺寄生虫症とは 肺寄生虫症(はいきせいちゅうしょう)とは、肺に寄生虫が侵入することに

尿路結石を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

尿路結石とは 尿は腎臓で生成されており、腎臓のなかにある腎盂(じんう)と呼ばれる

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは

カンジダ性おむつ皮膚炎(乳児寄生菌性紅斑)とは 赤ちゃんが着けているおむつに覆われた

ロタウイルス下痢症を詳細に:原因,症状,検査,治療,予防など

★ロタウイルス下痢症とは ロタウイルス下痢症(ろたういるすげりしょう)とは、ロタ

肘内障を詳しく:原因・症状・検査・治療など

肘内障とは 日常生活の中で、こどもが急に肘を痛がって曲げなくなる病気のことを、肘内障

→もっと見る

PAGE TOP ↑