*

脳出血(脳溢血)の薬物療法について


脳の病気はいくつもありますが、その中で高齢となるにつれて気をつけなければならないものが脳卒中です。

そのひとつが脳出血、または脳溢血とも呼ばれるものであり、誰にでも発症する可能性はあるものながら、高齢ですと特に心配される疾患です。

脳出血の治療法としては、手術と薬物療法があります。

出血の範囲が少ないか、または手術をすることができない場合について、薬物療法での治療が行われます。

患者さんの年齢や症状などを見た上で、どのようにするかは医師が判断することとなります。

薬によって出血の広がりを抑え、脳が損傷しないようにすることが目的です。

脳出血が起こる最大の要因は高血圧ですから、まずは血圧をコントロールする薬が使用されます。

β遮断薬やカルシウム拮抗薬などを使用して、降圧剤が使われる前の血圧と比較して80%というところを目的にします。

また、発作が起こって2週間以内は痙攣が起こることもありますから、その場合には抗てんかん薬で痙攣を抑えます。

さらに、1箇所で血液が溜まって血腫を作っている場合には、脳がむくむことで頭蓋骨の圧力が高くなる危険もあります。

そのむくみを解消するために、脳圧降下剤としてグリセロールなどが処方されます。

そして出血が起こると、脳だけでなくそのほかの器官にも影響が及ぶ場合があります。

食道、胃、十二指腸などから出血することもあるのです。

その場合についても、薬によって出血が起こらないように予防します。

関連記事

脳腫瘍の概要・症状・治療などのまとめ

脳腫瘍とは 脳腫瘍とは、脳自体や周囲の組織に発生する腫瘍の総称です。 患者さんの数は10万人

記事を読む

脳出血(脳溢血)の初期診断について

問診 脳卒中の中でも脳出血は、早期の対応が迫られる深刻なものです。 生命にかかわるケースも多

記事を読む

アテローム血栓性脳梗塞とは・・・原因や症状などのまとめ

アテローム血栓性脳梗塞とは 「アテローム」とは「粉瘤」などとも呼ばれ、角質や皮脂が袋状の嚢腫に

記事を読む

脳梗塞の治療法は急性期なのか慢性期なのかで判断

脳梗塞の治療について 脳梗塞の治療法は、急性期であるか慢性期であるかによって大きく異なります。

記事を読む

物忘れ改善対策の基礎知識

物忘れ改善対策の基礎知識

物忘れとは… ある程度の年齢を過ぎると、「最近、物忘れがひどくって・・・」と感じることは多くの

記事を読む

もやもや病の原因・症状・検査・治療について

もやもや病とは。 もやもや病は、日本において脳の病気として最初に発見されたものです。 子ども

記事を読む

てんかんの原因・症状・検査・治療などについて

てんかんとは てんかんは、痙攣や意識障害が突然起こるという病気です。 発症率は100人に1人

記事を読む

脳梗塞の前兆・前触れ。一過性脳虚血発作(TIA)とは・・・

脳梗塞の前兆・前触れ:一過性脳虚血発作(TIA) 脳梗塞の前触れとして手足のしびれやめまい、ろ

記事を読む

脳梗塞には脳塞栓と脳血栓の2種類があります

脳梗塞は脳塞栓、脳血栓というふたつの種類に分けられます。 脳塞栓は心臓で血の塊ができ、血流

記事を読む

三叉神経痛の原因

三叉神経痛の原因・症状・治療などについてのまとめ

三叉神経痛とは 三叉神経痛(さんさしんけいつう)とは、人間が感じる痛みのうち、とくに激し

記事を読む

胆道閉鎖症を詳しく:原因・症状・検査・治療など

胆道閉鎖症とは 肝臓(かんぞう)では、黄褐色をしたアルカリ性の液体である胆汁(たんじ

頚椎椎間板ヘルニアを詳しく:原因・症状・検査・治療など

頚椎椎間板ヘルニアとは 頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)とは、首の

シンスプリントを詳しく:原因・症状・検査・治療など

シンスプリントとは シンスプリント(しんすぷりんと)とは、運動をした際や運動をした後

ぺルテス病を詳細に:原因,症状,検査,治療など

ペルテス病とは ぺルテス病(ぺるてすびょう)とは、大腿骨(だいたいこつ)の付け根

血清病を詳しく:原因・症状・検査・治療など

血清病とは 感染症法上では2類感染症、ジフテリア菌の飛沫(ひまつ)感染によって起こり

→もっと見る

PAGE TOP ↑